天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

読者の方からの質問「聖書を作ったのは、国際銀行財閥・金融軍事権力なのか?」についての回答

2014/10/22 13:40 投稿

  • タグ:
  • キリスト教
  • ユダヤ教
  • タルムード
  • カバラ
  • 新約聖書
  • キリスト教原理主義
  • 福音派
  • ハルマゲドン
  • ロックフェラー財団
  • 有料記事

=======================

■セミナー・勉強会情報

<リンク>10月25日 ワールドフォーラムで講演「人類解放の手引き 人類を自在に操作したマネー権力の魔術」

e48387a5453b391b5a079952f586ae3cd0700da1





■無料セブンステップ

<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本→
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Twitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ


■ブログ<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
  


===========================

読者の方から以下のような質問を受けましたので回答します。

(以下質問文)

10/9のノーベル賞関係のブロマガの記事にて、
「中世のヨーロッパでは、ローマ教皇と王侯貴族の権力を維持するために
キリスト教が利用された。」
とのことですが、 世界で一番読まれている
「聖書」自体も、国際金融軍事勢力
によって作られたり、手が加えられていて、

洗脳を受けてしまうので、よろしくないという認識でよいのでしょうか?

何故、こういう質問をしたかというと、世界で一番読まれている聖書こそ、
人としての真理・生き方が書かれていると思い、以前にかなり教会に通ったり
勉強もしたのですが、なにかこう、しっくりこないところがありまして、
今は聖書や教会から離れてしまったのですが、10/9のブロマガを読んで
気になったもので。

(転載終了)

聖書の件に関してはかなり専門外のことであるが、私の持っている
政治経済宗教思想歴史理論の総合的な知識をもとに回答します。

(以下有料)

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細