天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

(有料)新興国債券の発行額が3年ぶりに減少 相次ぐ債務不履行の原因について解説

2018/10/21 22:30 投稿

  • タグ:
  • 国際銀行マフィア
  • 物価
  • 金利
  • 債券
  • 新興国
  • 量的緩和
  • FRB
  • 日銀
  • 欧州中央銀行
  • 信用収縮
45b3c60f5760b8354b49fcc585f9dc78063f2dac

トルコやアルゼンチンなどの新興国市場の債券発行額が3年ぶりに減少している。

米国の金利上昇やFRBの資産縮小に伴うマネー縮小
が原因である。

既に新興国社債のデフォルト件数は昨年の3倍に昇っている。

新興国の債券発行が減少している理由を解説する。

<参考リンク>新興国市場 動揺一段と 債券発行3年ぶり減、デフォルトも増加 日本経済新聞 2018年10月21日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36739400Q8A021C1EA2000/

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細