天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

【図の修正・追加 9/22】フリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力の議会制民主政治の操作

2018/09/22 06:10 投稿

  • タグ:
  • 国際銀行家
  • 民主主義
  • 人格
  • 個人の尊厳
  • 人間の尊厳
  • 自由
  • 平等
  • 友愛
  • フリーメーソン
  • 幸福追求権
※この記事は無料ブログ「天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論」
からの転載です。

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12406439040.html


(記事開始)
 

 

下のページに記載している

「操作される民主政治のまとめの図解」の一部を変更しました。

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12396147950.html

 

 

 

以下に転載する大きなサイズの図解と赤文字の説明は今回、修正および追加をしたものです。

 

 

 

 

■操作される民主政治の全体像のモデル








1 民主主義が人類の普遍的な価値観になっている理由と、人格と民主主義の全体像 


60b8ac7c1bd1823ed1ad4bae3a095af4ef141161

上記図を修正 人類愛に基づき生命の尊重と幸福の追求を肯定する「人間の尊厳」の意味と、

普遍的な道徳から善悪を判断し行動する人格を万人に保障するための「個人の尊厳」の意味を明確にした。

人間の尊厳は友愛の原理に属し、個人の尊厳はその友愛の原理から自由と平等の原理を作りだしている。ここから、民主主義の根本規範としての「人は自由で平等である」という自由、平等、友愛の原理が形成されていることを記載した。

人間の尊厳が認める「快・不快の選択に基づく幸福の原理」はベンサムやミルの功利主義に属し、

個人の尊厳が認める「善悪を判断する人格の原理」はカントの人格に基づく道徳法則の理論に属し、

民主主義が認める「自由、平等、友愛の民主の原理」はルソーやロックの述べた自然権の理論に属する。

民主主義とは、功利主義と人格に基づく道徳法則と自然権が融合したモデルである。











2 善と幸福の関係から作られている民主主義の道徳法則の全体像 

 

 



1447c57fab71544135f0e1ea03ef65dccce6de21

上記図を修正 人間の尊厳の項目に「憲法の根本価値」を記載した。人類愛が憲法の根本的な価値であり、そこから最高価値としての人格が導かれている。根本価値と最高価値の違いを明確にした。また右側に「思想、政治制度としての立憲民主主義」を記載した。個人の尊厳に立脚し権力の制限を行う民主主義は立憲民主主義と呼ばれているためである。

7568427e7dbb35bb2b0ca751d9169b9ed45593d6

上記図を追加した。 立憲民主主義を構成する各項目の意味の説明を記載した。特に人間の尊厳の定義が人類愛に立脚しており、その愛の意味から「幸福追求権」が肯定されているという今回記した考えは重要である。これにより漠然としていた人間の尊厳のもたらす領域と、個人の尊厳のもたらす領域が明確になるためだ。人間の尊厳は友愛の感情から発生する幸福の領域であり、善の領域は曖昧である。一方、個人の尊厳は人格の自由と平等の権利から発生する領域であり、善悪の領域は明確である。その関係は下図を参考。

 

 

 

 

c657e0fcf2f2ab49d4bcf79a17f603ee2ca97920

上記図を修正した。左上の「人間の尊厳と個人の尊厳から許容される幸福の領域(赤い円)」を追加した。民主社会で許容されている幸福の領域を明確にした。

 

 

 

3 無意識化されてきた人格の原理の形成過程

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 無意識化されてきた民主主義の自由、平等、友愛の諸権利の形成過程

 

 

 

 

 

 

 

 

5 無意識化されてきた民主主義の真理の権利の形成過程

 

 

 

 

 

 

 

6 無意識化されてきた民主主義の諸権利の発展の方向性と手段としての民主政治の形成過程

 

 

 



50e5c9ce9553525e36c12678c31630b5fb82ffd5

上記図を修正した。右上の「(例)奴隷制、身分制、性差別、人種差別などの廃止。自由権、平等権、社会権などの基本的人権の拡大の実現など」を記載した。自由、平等、友愛、真理の民主の原理に基づいて現実の歴史が進展してきたことを表した。

 

 

 

 

7 目的となる「人格の原理」を無意識化することにより操作する民主主義を構築

 



e4772cbde54a67f3c9d0f9cfff5ad4f0af02e552

上記図を修正。変更部分は上で紹介した修正と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8 民主主義の改善方法 人格と民主の原理の意識化による民主的自律型個人の意識の創造

 

fe9c6726a858ac521c7cfa1754f9555ed5aafef3

上記図を修正。上の図で説明した変更箇所と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fb2aa05cd5a84756822f090c1743c714a1edd3ba

上記図を修正。下の文字に「支配者の存在しない政治モデル」と記載した。万人の人格が保障され、支配者が存在しないことが真の民主社会の目指す目的だからである。今までの自由民主制は支配者が存在しないことを装う国際銀行マフィアに支配される社会だった。

 

 

 

今回修正した9月22日版のPDFはこちら

https://1drv.ms/b/s!Am6yoORUmDYOjCbSTbEwxva1aOj1



上記図の詳しい説明はこちらの本をお読みください。

o0220032213602313086.jpg?caw=800

購入はこちらから→https://amzn.to/2QOZncc

 

 

(記事終了)

 

■勉強会のご案内 真の民主社会を創る会

<リンク>10/6(土)中銀の金融緩和が作りだした新興国通貨危機 大災害と環境改変兵器など

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

 

 

 

 

■操作される資本主義経済のモデル

 

 

 

 

・上記の資本主義経済システムの説明動画はこちら 第1部~5部まで作成


1部 https://youtu.be/pbQTj67jAPk
2部 https://youtu.be/aPjq9tvq7w8
3部 
https://youtu.be/-liFClcMMq4

4部 https://youtu.be/CVkkRfgu6fQ
5部 https://youtu.be/U42n1HRSwho

  

■日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800

 

 

 


<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』
 

<リンク>天野統康の本 amazon

 

■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■真の民主社会を創る会

毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。

 

<リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会

 

<リンク>【会報2号と動画】「国際銀行家に管理される通貨システムの全体像」を解説した会報と動画

 

<リンク>【会報3号と動画解説】「民間銀行がお金を無から作り、消滅させる信用創造の仕組み」をビジュアル解説

 

 

真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。

 

<リンク>真の民主社会を創る会HP

 

 

■ブログトップページ

 

<リンク>ブログページのトップ(本、twitter、無料メールサービス、HPなどの紹介)


 

 

■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。


・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




■最新刊


98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


HP

<リンク>天野統康事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細