天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

トランプ大統領が就任と同時に、TPPを破棄しNAFTAを修正 国際銀行権力にとって打撃

2017/01/21 18:50 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • トランプ
  • 民主主義
  • TPP
  • グローバリズム
 

■講演会

fa2874092f37f8a0a30cd091bcdb58c7cec4e061
05bade58b8e8353e9c99b97d037e09f57d01eab99288bcaa2e083e1766a378c7818041e4c32f2509
作家の安部芳裕氏と佐々木重人氏が参加します!

「増山れな&天野統康の民主主義緊急事態宣言」

1月28日(土)
午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
900円(軽食付き) ドリンク代別
カメラ、音声
コント出演者 スタッフ募集!
renaart1225@yahoo.co.jp
その後交流会あり

過去の講演会の様子はこちら

https://youtu.be/onkvo1TN7m4

■最新刊

98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

■絶賛発売中の本

8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
1990円(税込) 5月24日発売

<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』



HP

<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

 

・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

(本文)


テロや暴動が心配されていたトランプ大統領の就任式が無事に済んだ。

演説では、腐敗したワシントンの支配層から国民へと権力を移行させると宣言。
更に、イスラム過激派のテロリズム(ブッシュ、オバマ・ヒラリー政権が支援し創りだした)
の撲滅を宣言した。

そして、いきなりTPPの離脱を表明し、メキシコやカナダとの自由貿易協定である

NAFTAの見直しを明らかにした。

・米国はTPPを離脱、NAFTAも離脱の可能性、米新政権が明らかに: https://t.co/LtGPiW1y8f @sputnik_jp



TPPもNAFTAも国家主権を著しく制限する危険な条約である。


国家主権がなぜ、大切かと言えば、市民主権のもとで民主主義を

成立させる機関が今のところ、国家以外に存在しないからである。


今のところ市民が平等に一人一票を与えられ、生殺与奪権を行使する

政治権力の代表を公正に選べるシステムは、国家以外に存在しない。


その国家の主権が、TPPなどの自由貿易協定では侵害され、

事実上の主権は国際銀行権力・多国籍企業連合体に移行する。


つまり現在進められてきたTPPなどの自由貿易協定は、市民の主権を奪い、

国際銀行権力に民主政治の主権を移譲するための段階的な条約だったのである。


国家主権の崩壊→民主主義の崩壊→国際銀行権力の独裁体制の確立


今回のトランプの決定は、この悪質なグローバリズム帝国主義の動きにまったをかけた。


法人税減税に賛成し、ウォール街の規制緩和に反対のトランプ大統領には

富の格差の是正は期待できないが、国際銀行権力の暴走を抑える点では

期待できる。


TPPを誰よりも熱心に推進すると明言している安倍自民公明政権とは真逆である。


民主主義の観点から、TPPも国家主権も考えていくべきなのだ。


今回のトランプの決定は、就任演説で述べたように、ワシントンの支配層から、

国民へと移行させるものだったのである。


この民主主義の反撃の流れは、今後、欧州へと飛び火し、同じような悪質な

グローバリズムを推進してきたユーロ・EUの国際銀行帝国を崩壊

させるだろう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細