天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

西側の秘密政府の立法機関である300人委員会の新たなメンバーリストが公表された、という情報

2016/12/20 22:40 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • 300人委員会
  • 国際銀行権力

■最新刊

98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

■絶賛発売中の本

8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
1990円(税込) 5月24日発売

<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』


■講演会


 f20aa9a908c3e6fc77b0c2b65c94d969b8928fe9


増山れな×天野統康の民主主義緊急事態宣言 公開収録
12月23日(金)
午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
900円(軽食付き) ドリンク代別
カメラ、音声
コント出演者 スタッフ募集!
renaart1225@yahoo.co.jp
その後交流会あり

■勉強会

<リンク>【勉強会】12/28(水)『金融の世界史』を国際銀行権力と絡めて読む 真の民主社会を創る会


HP

<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

 

・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

(本文)




国際銀行権力の立法機関と言われている300人委員会の
新たなメンバーリストが公表されたということで、以下のHPでアップされている。

 
 
300人委員会を調査分析してきた研究家のジョン・コールマンによると
300人委員会はその起源をイギリス東インド会社の経営委員会に持ち、
それが発展して現在にまで至っているという。

8d5b6664a36c948bed5fbd16799a07db994a956f

メンバーを見ると、

ロスチャイルド、ロックフェラーなどの歴代の超大富豪財閥、
ブッシュ、クリントン、ブレアなどの歴代大統領、
クルーグマン、スティグリッツなどのノベール経済学賞受賞者、
ハプスブルグやオランダやスペインの欧州の王侯貴族
グリーンスパン、ドラギなどの中央銀行家
ビルゲイツ、バフェット、ソロスなどの経営者、投資家

など保守、革新、右翼、左翼、宗教など関係なく
欧米のパワーエリートの結集した名簿になっている。

この名簿が事実かどうかは確認できないが、さもありなん、という名簿で
あることは確かだ。

そして幸か不幸か日本人はこの名簿にはゼロである。
(以前の名簿には、一人くらいは載っていたが・・・)

つまり日本のエリートはこの欧米の戦略会議には参加させて
もらえない、ということらしい。

国際銀行権力は欧米が主体の組織であるので、この名簿が真実かどうかに
関わらず、実態はそれに近いものだろう。

以下のように日本の権力は欧米の権力の下位にあるのである。



日本が真の主権国家となり、真の民主社会を創るには、

この欧米の銀行権力から独立しなければならない。


この図の状態では、主権は国民にはなく、欧米の銀行権力にあるのだ。


国民は銀行権力が決めた政策を容認するように、マスコミとアカデミズムを

総動員して洗脳していくだけの対象になる。


自由民主制の下で銀行と軍事力に基づいた

巧みな被操縦体制が敷かれているのである。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細