天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

米国が911テロにサウジ政府が関わっていることを示唆 自作自演テロのなすりつけ合い

2016/04/22 23:59 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • 911
  • サウジアラビア
  • 米国
  • 自作自演
  • アルカイダ
  • ビンラディン

講演会の予定

<リンク>5月29日 天野統康×孫崎享氏 ~世界を騙し続けた「詐欺経済学」「洗脳政治学」を超えて~


HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


==============


911テロが自作自演であることは、もはや世界の常識と化している。

しかし国際銀行権力に牛耳られている学問やメディアの世界ではそうではなく、
未だにビンラディン率いるアルカイダが単独で起こしたテロ行為であると
いうフィクションに基づき、対テロ戦争なる茶番が続いている。

この911テロに関して、新たなる情報錯乱が行われているようだ。

それは、サウジアラビア政府が実は関わっていた、という事実を
米国政府が指摘し始めた、ということだ。


(以下スプートニクから転載)

事件の陰にサウジ? 米国が9・11テロの機密を公開へ
sputnikから

9・11同時多発テロのレポート作成者の一人、
ボブ・グレム民主党元議員は先に一連のマスコミに対し、
レポートには旅客機のハイジャックし、ニューヨークの
世界貿易センタービルと米国防総省本庁舎に差し向けた
犯人らをサウジアラビアが支援していた証拠が含まれている
可能性を指摘していた。

続きを読む
http://jp.sputniknews.com/us/20160419/1990805.html#ixzz46Z67G08l

(転載終了)


上記記事にあるように、サウジアラビアが911テロに関わっているのは事実である。

ビンラディンを含めて、実行犯とされるほとんどがサウジ出身である。

しかし、911テロが米国の中心都市であるニューヨークで起こり、
その3つのビルが普通にビルの爆破工事と同じように崩れ落ち、
しかもワシントンのペンタゴンにありえない角度で曲がり、超低空飛行で
突っ込んだ事実を見ても、米国政府が関わっていないというのは
ありえないことである。

今回の米国の指摘に対して、サウジ政府はご立腹のようだ。

オバマ大統領が訪問しても、国王が出迎えにこなかった。

・オバマ大統領 サウジアラビアで「冷遇」される―米マスコミ
 http://jp.sputniknews.com/politics/20160421/2001928.html


犯罪者同士の罪のなすりつけ合い、内ゲバというところが真相だろう。



==============

(当ブロマガ記事は情報の提供を目的としており、投資の勧誘や個別の金融商品を
推奨するものではありません。
投資についてはご自身の判断で行っていただきますようお願い致します。)

================

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細