Crackerbox Palaceへようこそ!

2018年第52回ステイヤーズステークス(中山) 予想

2018/12/01 10:38 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • ステイヤーズステークス

前人未到の同一重賞四連覇を目指したアルバートが跛行により無念の取り消し。
看板馬のサトノクラウンも引退となり、今年の重賞勝ちが難しくなった堀厩舎。
ここ数年、関東で我が世の春を謳歌してきた堀師ですが、勝負に於ける流れの悪さには逆らえなかったか。


レースは一本被りとなっていた大本命馬の取り消しにより、俄に混戦模様に拍車が掛かったステイヤーズS。
馬券的に面白くなって参りました。
しかし、ここは別定G2戦。
実力拮抗であるはずの重賞が、OP馬が少ない構成。
現時点の一番人気であるリッジマンですが、OP勝ちこそあるものの、これはハンデ52kg。
今年のダイヤモンドSと万葉Sではハンデ52kgで2着となっており、別定56kgの斤量での好走となると著しく疑問があります。
リッジマンは消しです。


本命は重賞実績十分、モンドインテロ。
一昨年のステイヤーズSを3着。
昨年はチャレンジCに挑んでの4着でした。

京都大賞典9着以来ですが、アルバート不在となったこのメンツでは大威張り。
二走前の札幌日経OPではヴォージュ相手に惨敗ですが、これは別定58kgの影響が顕著。
今回は同斤の別定56kg、この斤量ならばOPに毛の生えた程度のメンツなら顔で勝てると見ました。


相手はヴォージュ。
前走アルゼンチン共和国杯7着、今年の目黒記念も7着。
タイム差はアル共0.5、目黒0.4と僅かに纏めており、札幌日経OP快勝のステイヤー。
実績上位だけに、ここで別定56kgならば当然勝ち負けを見込めていいはず。


三番手にはアドマイヤエイカン。
15年札幌二歳Sの覇者も故障の影響により長期休養を余儀無くされた実力馬。
漸くコンスタントに使える様になり、前走準OP快勝で、今回、久々の重賞挑戦。
秘める能力は当然、重賞級だけに、別定戦ならば勝ち負けになるでしょう。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事