Crackerbox Palaceへようこそ!

2018年第158回天皇賞(秋) 予想

2018/10/28 12:23 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 天皇賞(秋)
  • 天皇賞

ただいま、SSAに向けて新幹線移動中DEATH!

逃げ馬不在の少頭数、01年以来の13頭立て。
各馬、牽制の構えでのスタートとなりそう。
序盤の入り、千米通過時計はどれ程か。
勝ち時計が遅くなれば、あるいは……。


これを踏まえ、本命はアルアイン。
二週続けて栗東坂路で51秒台とハードに追い、ここがピーク。
「速い馬が勝つ」皐月賞のレースレコードホルダー。

マイネルミラノが大逃げを打ったオールカマーで実質的にレースを引っ張ったのがこの馬。
北村友がハナへ行き、スピードを出し切る形なら、逃げ切りも可能では無いかと。


相手はスワーヴリチャード。
今年の内容は文句無し。
休み明けでも勝ち負けになるかと。


三番手にはステファノス。
16年、スローペースとなったこのレース。
府中二千鬼門の大外枠、思ったよりも後方の位置になりながら、一生懸命追い込んだものの3着。
1着はモーリス、2着にリアルスティールの海外G1馬に次ぐ結果に。
走破時計は1.59.7でした。

昨年のこのレースは台風接近による超絶極悪馬場で完全に度外視。
前走毎日王冠が素晴らしい競馬。
結果はアエロリットの逃げ切りも、直線入口からゴールまでビッシリとキセキとの競り合い。
最後はキセキにハナ差及ばなかったものの、7歳の休み明け初戦で1.44.7の高速時計を凌いだのは立派。

二走前の宝塚記念7着も、そうは離されていない内容。
3、4着のノーブルマーズ、ヴィブロスから0.3差なら展開一つでしょう。

春よりも秋でこその馬。
最内枠は絶好なだけに、立ち回り一つで複勝圏内もあり得そうです。


前走オールカマーを勝ったレイデオロ。
やはりエンジンの掛かりがやや遅くなっている点は気掛かり。
スローで前有利となれば、捕まえ切れない可能性もあるかと。


札幌記念2着のマカヒキ。
前走札幌記念は上手く抜け出したものの、内からサングレーザーに交わされ2着。
やはり後ろから行く馬だけに、差し損ねはあるかも知れません。


前走札幌記念勝ちのサングレーザー。
スロー濃厚だけに、折り合いがどうか。
札幌記念はかなり流れただけに、ペースが遅くなった時の対応には疑問があります。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事