Crackerbox Palaceへようこそ!

2018年第15回レディスプレリュード(大井) 予想

2018/10/10 20:00 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • レディスプレリュード

ここは流石にクイーンマンボ。
前走、門別のブリーダーズGCはあまりにも特殊過ぎる馬場での競馬。
この3着は度外視でいいでしょう。

二走前の京都 平安Sはサンライズソアの2着。
グレイトパールやテイエムジンソクらに先着と、牡馬相手にも引けを取らない走りは見事なものでした。

三走前の船橋 マリーンCは単純に距離不足。
昨年のJBCレディスクラシック前の挫石による休養明けもあり、状態面も本物ではなかったもので、この2着も度外視です。

昨年のレディスプレリュードは圧巻の内容。
当時の女王 ホワイトフーガ相手に1.6秒、8馬身差と圧勝した舞台。
大外枠ですが、昨年も大外枠だっただけに、全く問題ありません。

ここはクイーンマンボの勝ちっぷりを見るレース。
相手探しでしょう。


相手はアンジュデジール。
前走は牡馬相手の札幌 エルムSで掲示板確保の5着。
勝ったハイランドピークから0.8差と、先行してしぶとく踏ん張っており、強豪牡馬相手に好走したのはなかなかのもの。
今年はエンプレス杯、マリーンCと、牝馬ダートグレードを2勝。
昨年もスパーキングレディCを勝つ等、牝馬同士では明らかに格上の存在。

昨年のレディスプレリュードでは、勝ったクイーンマンボに突き放されたものの、ホワイトフーガのハナ差2着。
マイラー色が強い印象がありましたが、エンプレス杯を快勝した様にこの距離でも問題は無いはず。
クイーンマンボ相手に何処まで食らい付く事が出来るかとなりそうです。


三番手にはプリンシアコメータ。
昨年のJBCレディスクラシックで2着。
真島@ララベルが執拗に寄らなければ勝ちもあった内容。
次の船橋 クイーン賞では見事に快勝と、JBCレディスクラシックがフロックでは無い処を見せました。

今年はエンプレス杯2着、前走ブリーダーズGCでも2着とまずまずの内容。
今回、鞍上にモレイラを配しての一戦となる事も大きくプラスとなりそう。
ここはモレイラの手綱捌きに期待します。


前走スパーキングレディCで見事に復活したリエノテソーロ。
ただ、今回は大井外回り千八。
直線の長い外回りコースでは厳しい印象も。

本質的に、この距離も長い印象もあり、ここは消しです。


ダートグレード2勝のワンミリオンス。
テスタマッタの近親という血統背景にTCK女王盃、エンプレス杯とダートグレード連勝した時は新女王誕生の予感がしましたが、船橋 マリーンCで惨敗以降、六走連続複勝圏内を外す内容。

あまりテンの反応も良くは無く、そこに今回の最内枠。
内々で揉まれる形となるのが確実なのは疑問があり、ここは消しです。


今回、中央勢が強烈なメンツが揃っており、南関勢、他地区勢には非常に厳しい競馬になりそう。
ここは消しです。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事