Crackerbox Palaceへようこそ!

2018年第29回オーバルスプリント(浦和) 予想

2018/09/23 10:33 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • オーバルスプリント


ここはプロキオンS3着のウインムート、クラスターCを制したオウケンビリーヴの二頭が抜けている印象。
この二頭による争いと見ます。


本命はオウケンビリーヴ。
前走盛岡千二のクラスターCは外から楽に番手につけ、最後にネロを捩じ伏せる内容は強いの一言です。
時計も1.09.1(良)と悪く無く、テン乗りの北村友による相手をネロ一頭に絞った騎乗ぶりも素晴らしかったです。

今回、浦和千四の大外枠と不利がありますが、前走で見せたテンのスピードなら不満なく追走出来るはず。
テンの争いが非常に激しくなりそうなだけに、外から揉まれず先団を追走出来れば、息も持ちますし、勝負処から勝ちに行く競馬が出来るでしょう。


相手はウインムート。
前走はレコードとなったプロキオンS。
マテラスカイが飛ばすレースを番手から追走し、3着に粘った内容は高く評価して良いはず。

ドリームバレンチノの全弟で、昨年の佐賀 サマーチャンピオンでの3着、中央OP3勝のスピードはここでは上。
勝ち負けは当然でしょう。


三番手にはアンサンブルライフ。
今年のさきたま杯3着がある様に、この舞台ならば折り合い一つ。
さきたま杯でペースを作ったノブワイルドとネロがいるのであれば、ハイペースは確定。
こうなると、この馬の折り合いは十分となるはず。

17年のさきたま杯でも4着となっている様に、地元浦和で中央馬相手となれば、一変の楽しみがあります。


中央のネロ。
今年のさきたま杯でノブワイルド相手に先手が取れずに惨敗。
ここもノブワイルドの方が速そうで、先手を取れずのツーターン浦和千四は、直線競馬が得意のネロには厳しい条件かと。
ここも惨敗濃厚と見て、消しです。


ドライヴナイト。
これは単純に力が足りないでしょう。
スピード負け濃厚、消しです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事