実況の感想とか載せるよ!怪文書ブロマガ

moon実況を終えて -扉を開けて-

2014/08/24 13:09 投稿

  • タグ:
  • moon(PS)

みなさん やっ!初ブログです。

投稿する場所に困り てきとーにブログをやっつけでつくりました。

考察かくために立ち上げた割には雑考察だなっさすが国語も苦手かもだっただけある駄文だな
とかいう突っ込みせずみてくれると有難いです。
それでは挨拶もそこそこにして 考察いきます



考察
最後ドラゴンや夢の中で会う人が言ってた基盤というのは げーむ内のデータのことではないかとおもう。
ようは勇者が倒すことでゲームの中の登場人物ではなくただのゲームの中の登場人物の入ったデータという存在に主人公の中でなってしまったのではないかという予想
その後 おかあさんが、J( '-`)しいつまでゲームやってんの さっさと寝なさいっと言いに来て現実にもどります。
その後コンティニューの画面になります。故意としてやったわけではないのに最初にあげた
1げーむめのサムネと同じ構図になってることに 最終ゲームのサムネ決めまよってる
あいだに気づいて 驚きました。
ここでYESを選ぶと画面の中に入り みんなの声がきこえてEDになります。
たぶん主人公は四角い箱の中に入り データ(ゲームの中の勇者)になることを望み 入っていったそれを選んだ主人公への悲しみって感じなんじゃないかと…
まあ 最初はそんなの良く考えずにふつーにイエスえらんじゃいました。まあそうゆう理由ではないかもしれませんが

NOを選ぶと主人公自ら 扉を開け自分の部屋から出て外の世界にでます。
それと共に moonの世界の住人たちが開き外の世界 EDロールでは現実の世界にやってきています。
ゲームの世界から解放されたといことですね。そして最後にチラシにゲームステーションから発売予定のmoon 発売中止になりました。というチラシ
これみたとき どういうこっちゃっとおもったのですが もしかしたら 主人公が
こういうゲームあったらいいなっとおもって作り出したのが フェイクmoon(1げーむめのげーむ)だったのかななんておもっています。
もともと ゲームばかりしていた主人公は モンスターを理不尽におそったり住民に横柄な態度をゲームの中でとること愉悦感に浸ることでしか 楽しみがなかった主人公が
愛を知ることで外にでて一歩を踏み出すことで住人たちも幸せになれたのかなっとおもっています。
まあ 主人公が作り出したとかはちょっと深読みしすぎかもだけど 販売停止ではなく発売停止なとこみるともしかしたらあるかもしんないよ!


とまあ 長い考察してみました。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事