うちのムスメを紹介します

【趣味の再生栽培】生姜育て始めた【ショウガ・新規】

2019/07/16 00:22 投稿

  • タグ:
  • 再生栽培
  • 園芸
  • ショウガ
台所の隅で葉の出た生姜を発見しました。
理由はまったくわかりませんが、家の者が店で買った後に台所にずっと置いていたようです。
使うわけでもなく放置し続けていたようなので、私が貰い受けて部屋で育てる事にしました。
少し前から台所に謎の葉が伸びている事には気づいていたのですが、隅っこの方だったので根元がよく分からず、食材か何かだと思ってずっと気にしないようにしていました。
が、いつまでも消えずどんどん伸びていく様を見ているうちに何かがおかしいと気づき、今のような自己主張の激しい大きさになって始めて本体を確認、ずっと放置された生姜であったことを知りました。


ご覧のように、立派に芽吹いて葉が伸びています。
中央を縦に走るもの、その右側でまだ芽吹きかけのふたつ、あわせて三つの新芽がついています。


遠めの像はこんな感じ。
出ている葉はすでに結構な長さになっています。
何でこんなになるまで放置されていたんですかね。
話を聞く気も起きなかったので理由は不明なままです。

重さを計ってみたところ65グラムでした。
植えるにはちょうどいい重さでしたが、私の手元にある器ではちょっと大きすぎたので、葉が出ている方の塊とふたつの芽が出てきたばかりの塊、2個に分離してそれぞれを別のところに植える事にしました。


大きい方はこちら。
ちょっと大きめの器に目いっぱい卵の殻を入れて、その中に埋めました。
まあ、いつも他の植物を育てる時にやってるのと同じやり方です。
だいたいうまく行くか大失敗するかの2択なので、どうにかなるでしょう。


小さい方は一言主の器に植えました。
溜め池の無駄スペースを埋めるための何かが欲しいとずっと思っていたので、ちょうどいいと思いこの場所で育てる事を決めました。
最初は大きい方をこちらに植えて小さい方は相応の小さい器を用意しようと思っていたのですが、どうがんばっても葉っぱが一言主の枝にぶつかってしまって良い位置が取れなかったため、諦めて小さい方をここに植える事に。
まあ、小さい方も葉っぱが出てきたら結局一言主とぶつかる事必至なので、その時にはもっとマシな場所に植え替えてあげましょう。
空いたここにはまた何か適当な植物を埋めてやればいいでしょう。

さて、生姜達は何ヶ月生き延びますかね。
生姜の収穫期は9月らしいので、とりあえずその頃までは生きていて欲しいところです。


といったところで今回はこの辺で。
ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事