うちのムスメを紹介します

【趣味の再生栽培】コンセプト崩れの植え替え【ロマネスコ・一言主、倭大国魂】

2019/02/16 19:06 投稿

  • タグ:
  • 再生栽培
  • 園芸
  • ロマネスコ
私の植物栽培には、コンセプト(というほど固く定まったものではありませんが)があります。
それはずばり、「キッチンで手に入る品を用いて植物を育てる」というもの。
育てる植物自体もロマネスコの花蕾…冷蔵庫の中に入っているものとか、セリの根やアケビの種…生ゴミとして捨てられるものとか、そういうものばかりです。
また土の代わりに砕いた卵の殻を、鉢には食器を用いています。
とはいえこのコンセプトは絶対のものではありません。麻紐や小石を使っていますし、育て始めは100円ショップで買った小物入れなどを使っています。
そもそも最初からそのつもりで始めたわけではなく、最初に育て始めた時、たまたますぐに手に入るのが100円ショップの食器だったというのがきっかけにすぎませんから、そのコンセプトに従わなくては私の中の何かが崩れてしまうという事もありません。
しかしなるべく守ろうと心に決めて、ホームセンターの食器コーナーなどを器の選定の場にしていました。

ところが今回、そのコンセプトを崩す事になってしまいました。
理由は簡単で、お店で探せる食器では大きさの限界があったためです。
後述しますが、今回から食器ではなく花器に植え替える事になって行きそうです。


ということで植え替え先が花器になった一言主。
前が内寸で長辺27cmの食器だったのに対し、この器は長辺の内寸が39cmもあります。
一気に10cm以上の余裕が生まれました。
その分一気に土台を大きくする、という事はせず、これまで通りちょっとずつ大きくしてなるべく同じ器を使い続けられるようにしたいと思います。


横幅も1cm以上広くなったため、前は器の縁にほぼ接するような形で土台がせり出していたのが、器と土台の間に十分な隙間を設ける事が出来るようになりました。
苔が器の縁にも生えるようになってしまって結構困っていた為、この余裕は大変ありがたい。
また前方にも余裕が10cm分くらい出来ました。小さめの鉢ならそっくりそのまま入る大きさです。
鉢植えの玉ねぎでも置いてやろうかと思ったのですが、玉ねぎはちょくちょく前後の向きを入れ替えるため、同じ器に置くべきでないと判断。ただただ巨大な溜め池が広がるばかりになってしまいました。
せっかくですし有効活用したいのですが。

今回の植え替えは器を入れ替えただけで、一言主自体にはまったく手を入れていません。
なので地上部の様子については今回話をしません。あしからず。


一言主を植え替えた事で空いた器は、倭大国魂に与える事にしました。
これは一言主とも倭大国魂とも関係ない事情によるもので、有り体にいってしまえば最近育て始めた今期のロマネスコ達のためです。
育て始めの勢いの良い生長のため頻繁に器の更新を行っているのですが、そのせいで台の上に置き場の余裕がなくなってきてしまいました。
円形で外径29cmの器に入っていた倭大国魂は、正直邪魔でした。29cmの幅のうち使っているのは2/3程度。
土台の形状の都合、四角くて深い器があれば、無駄になっている部分の多いその器は使わずに済むと以前から考えていました。しかしちょうどいい大きさの器が調達できなかった上、新規のロマネスコを育て始めるまでは急ぎ移し替える必要性を感じなかったために後回しにしていました。
それが今回の事でちょうど移し替えの必要性とそのための器が出てきたので、ついでに移し替えることにしました。


移し替えのために持ち上げたところ、実は根詰まり起こしそうなほど根がびっしり生えている事が判明したため、ついでに土台を拡張しました。
最近倭大国魂をどのように扱うのか、私の中で悩みが湧いてきてしまった為、適当に新しい器の空きスペースを埋めるだけの簡潔な拡張工事だけに済ませました。
倭大国魂は他の2株とは置かれている状況が大きく異なるため、今後の方針を定めないといつか危ない事になってしまう日が来てしまう気がします。
その事についてはまた今度。


これまで私が探してきた中で最も大きかったのは、イオンで売っていたラザニア皿L。持ち手つきのやつで、長辺28cmのビッグサイズ。倭大国魂の29cmの丸皿は、幅があるだけで容積はあまりなかったので最大級ではありますが最大ではありません。
ちなみに私が買ったラザニア皿Lは現在取り扱い終了の商品のようです。ネットショップにも陳列されていません。
で、そのラザニア皿に一言主を収めて育てていたのですが、一言主の無制限な生長の前にはその器でも大きさの不足を感じるようになってきました。
かっぱ橋にも行ってみたのですが、大きいものはいくつかあれど、どれもパーティ用の超々ビッグサイズ。私のところでは置き場に困るほどで、しかもお値段不明か5桁くらいの、ちょっとためらってしまうものばかり。
途方にくれていたところ、家の者が昔華道に使っていたものの、今は使わなくなって物置の隙間埋めと化していた花器を譲ると言ってくれました。
値段が10倍以上違う器を、自分でいうのものなんですがしょうもない趣味の道具に使っていいのかと何度も問うてみたのですが、もうずっと使っていないから使いたいなら使ってくれとの事だったので言葉に甘える事にしました。
今回の黒くて四角い器のほかに何個かあったので、今度植え替える時にはそれらを使いたいと思います。

器のつくりに負けないような、いかにも立派に見える姿勢に仕立ててやらなくては。
まあ、冗談ですが。
これまで通りこうすれば面白くなりそうと思える形に仕立てていくつもりです。


といったところで今回はこの辺で。
ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事