BENCH

東京都葛飾区水元公園のベンチ

2019/02/12 21:39 投稿

  • タグ:
  • 写真
  • ベンチ
  • 東京
1.行き先の概要
名前:水元公園(Wikipedia
住所:東京都葛飾区水元公園
広さ:963,013㎡


備考:
 準用河川小合溜井(こあいためい)に沿う形に作られた都内最大級の水郷公園です。見慣れない言葉が続きましたね。準用河川というのは一級河川や二級河川とならなかった川で市町村が指定して管理してる川のことです。溜井というのは川を堰き止めて作られた用水池のこと。あいだの小合は地名ですね。江戸時代に近くを流れる中川の一部を堰き止めて用水池とし、河川敷は農地として使用していましたが、戦後に公園として整備したのがこの水元公園です。ちなみに川の向こうは埼玉県三郷市のみさと公園です。
 最寄り駅はJR金町駅からバスが出ていますが、足腰に自信があるなら駅からでも歩いて行けます(2km程度)。その先にあるすべての敷地を巡った結果5時間歩きっぱなし、歩数計は2万5千歩を超えた広い広い水元公園を歩き回る足腰と体力に自信があるならば。
 私はグーグルマップで事前に公園の広さを見ているので、だいたい緑色の面積で広さを予測(説明書は読まないスタイル)しているのですが今回は予測が大きくずれました。とにかく広い。そして園内での移動距離が長い。要因は骨付き肉(スペアリブ)の如く川沿いに広がる敷地。たくさんの橋や道路が間を通り、東の端は江戸川の河川敷と接続しています。陸地だけ見ると長細い土地が、さらに区画整理されているのでベンチを探して地図を塗るように歩き回りました。(脳内BGMは世界樹の迷宮)
 園内地図では西側の中央広場を中心としたエリア、中央の水元大橋などがあるエリア、東側の野球場やサッカー場がある江戸川河川敷と繋がったエリアの三つのエリアに分かれていますが、目的の施設と違うエリアから入ってしまうのと悲惨なので駐車場などには注意が必要です。散策やキャンプなどは西、イベントなら中央、スポーツの試合なら東と考えられますが、自由広場や野外コンサート会場が西側エリアにあったりするため一概には言えないので事前によく調べましょう。

↓小合溜井。


↓東側エリアの一枚。この時は晴れてましたが巡っているうちに曇りました。


↓中央広場の一枚。広大な草原は戦国時代の戦場のロケとかできそう。



2.ベンチステータス
ベンチの数:845

ベンチの傾向:
 
公園の外枠に沿って設置するのは勘弁してください。(愚痴)
 数が多くみえますが、広さを考えれば順当。エリアが明確に分かれているため、ベンチの必要性が薄いエリアには少なく設置されています。中央広場のエリアはとにかく広いのですがベンチが少なく、植物園やバードサンクチュアリ(要は森)などに入り込むとベンチ難民になりかねません。地べたに座りたくないなら床几を持っていきましょう。
 なお、水辺いきもの園など一部施設が休園日だったためカウントできていません。

今日のベンチオブベンチ:
【鷲鼻】



3.その他今回撮影したベンチ


























4.雑感
 その昔、私はホラー小説(短編)をよく書いていました。どれくらいよく書いていたかというと2010年末から2011年初頭にかけて毎日書いていました。震災で書くのをいったん休止して、それからはたまに書くこともありましたが、今とても書きたい気分です。ただ書きたいからと言ってすぐネタが浮かぶものでもないんですよね。私の場合は自分が怖いと思ったものを文章にしてただけですから。というわけで怖いもの捜しのために都市伝説とか怪談の本を読み始めてます。思えば前も怪談を読みまくってインプットしてました。

 クリアしましたドラクエビルダーズ2。プレイしているときに不便に感じる点はいくつかありますが、恥ずかしい話最近はゲームをプレイしてクリアするだけで稀なので、それだけで総評としては最高点つけていいと思います。システム的なところでは住民の人数制限が厳しいところが残念。モンスターだけの町とか作ってみたいけど、うーん。シナリオは、はなはだ二次創作的な話ではありますがそれだけあってドラクエ2をプレイしたくなりましたね。
 これから適当に残ったミッションをこなして飽きたら次のゲームでしょうか。ここで何がやりたい、と書いても有言不実行になりそうなので書きませんが。

以上です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事