全農連Pのブロマガ

IKZOLOGIC制作裏話

2014/12/01 04:59 投稿

コメント:10

  • タグ:
  • 音楽
  • マッシュアップ
  • 裏話
  • IKZO
  • 吉幾三
  • Perfume
  • CAPSULE



組曲『吉幾三』という動画、良く出来てますね。
イントロからアウトロまで構成が緻密に組み立てられてて、何度も見ても飽きない。
ラストの曲でIKZOLOGICが流れた時、思わず「うおぉ、マジか」とPCの前で声を出してしまいました。すげー嬉しかったです。
作者冥利に尽きます。

で、どうしても昔を懐かしんでしまいまして、表題に至ってしまいました。

IKZOブームから6年
ニコ動のIKZOブームってのは2008年4月、この記事書いた時から6年以上前ですね。
そんなに経ってるのか……(絶望)

吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」という曲を、宇多田ヒカルやPefumeなど様々な楽曲と混ぜ合わせたマッシュアップ動画が突如大量にニコ動に投稿された……というのがググって出てくる情報です。
そう言われてるけど当時は同時多発的に凄い件数の動画上がってたし、今となってはよく分かんないですね。


ポリ幾三。ニコ動では権利者削除され、YouTubeに転載されてます。


はりーさん作のおらTravellingさ行ぐだ。
いま見てもキャッチーで心地良い合いの手具合です。

きっかけは「インターン3日でクビ
ブームの1週間前、当時大学2年だった僕はちょうど「インターンを3日でクビ」になり、暇を持て余していました。

まあ、サークルで紹介された某投資顧問会社でのバイトだったんですけど。
前任者実績では半年以上の長期インターン的なものだったんですね。
当時意識の高い学生だった僕はこれをキャリアのスタートして輝ける未来への一歩としよう、と考えていたら、一週間後会議室に呼び出され……

採用担当「まぁ…入れる日数的にちょっとね…今もう一人バイト君居るしね(ゴニョゴニョ)…」
ぼく「あっ…(察し)」

こうして僕の輝けるキャリアは"3営業日"で終わりを迎えました。

当時一気にスターダムへと駆け上がっていっていたPerfumeの勢い、
Novoiskiさん作のStarrySky YEAH! Remixのニコ動でのスマッシュヒット、
ブームの兆し見えてたIKZO、
3日でクビ、

材料は全て揃っていました。

僕はStarrySkyとIKZOを混ぜたショートVerのマッシュアップを上げて様子を見ました。
1日で1000再生、これはキテる。
だったら今度はPerfumeだ。
ポリ幾三は2時間足らずで作り、上げました。
すぐにランクインし、十数万再生回りました。
この勢いを逃さぬように幾三Cruising Loveを投稿、これも同じく伸びました。

しかし、「細かいところが気になる病」によりIKZOLOGICの制作は遅々として進まず、
シンプルな構成のはずなのに製作開始から3週間くらい経っていました。

「このままではブームが終わる…まずい…!」


貧弱な編集環境&スキル
当時の編集環境は「TrakAXPC」というフリーの動画編集ソフトと、
同じくフリーの画像編集「GIMP」の2本のみ。

動画冒頭の"NOZOKI"とかそのいうテキストがババっと変わっていくところ、
どうやって映像にテキスト入れていいのか分からなくてGIMPで一枚一枚png形式の画像作って並べてたり、映像はテンポ合わせられずリップシンク出来なくてタイミングガバガバだったり、(今でも知識無いけど)まぁ〜だいぶお粗末ですね。

音だって、当時ミックスやマスタリングなんて言葉すら知らなかったし、
DAWという「概念」自体が頭になかったので、
動画ソフト内の音声タイムライン上に素材切り貼りして作ってます。
結果、酷い音割れしてようとそもそも「これは割れてんのか…?」という事にも気づけないという。
構成はニコ動黎明期のMADからある「元ネタの構成を踏襲しつつ、1ネタ加える」王道パターンのままです。特に「これだ!」という発想はなく、順列組み合わせでよさげな組み合わせを試して合わせただけ、というのが実際のところです。

そんな無知による鈍感力と、ブーム終焉の兆しによる焦燥感から投稿したのが、IKZOLOGICです。




それでも日に300人が見てくれる
……そんなクオリティで、今だに日に300〜500人くらいは見てくれているっていうのは今だに不思議な感じです。
お陰様で何だか色んなところに取り上げて頂き、再生数も170万超えました。
YouTubeに転載された方も、100万弱の再生あります。

何がウケるかって今だに全然分かんないけど、
「ハイクオリティ」なものだけ追求しても仕方ないんでしょうね。
雑でも何か引っかかるものがあれば、それだけでもいいんだろうな、と。


当時「インターンを3日でクビ」になった僕も社会人3年目だったりするので、
雑でも何か引っかかったんだろうと思い、何とかやってます。


社畜と化して久しいですが、4年ぶりに新作上げたんで良かったら見てください。
お願いします、何でもしますから。


コメント

全農連P (著者)
No.9 (2015/02/11 22:47)
>>8
ありがとうございます!
昔話でも興味持って頂けたなら良かったです!
___
No.11 (2015/07/01 15:07)
ダブルミリオンおめでとう御座います~めでてえ!
Basic off-line
No.12 (2016/09/12 20:40)
製作秘話、すごく興味深かったです
まさに知りたかったようなことが書かれていたので一文一句楽しくみてました
 
実は自分はつい最近「IKZOLOGIC」を知ったのですが、見た直後に「この組み合わせ、発想、絶妙なリズムマッチ、なんてハイセンスなんだ...」と驚いておりました。
作者はどんなセンスの塊の持ち主なんだろう、と想像していたところちょうどこの記事をみつけ、しかもそれが本文中で

>特に「これだ!」という発想はなく、順列組み合わせでよさげな組み合わせを試して合わせただけ

などと謙虚なことを書かれていたのだからより一層驚きました。
もちろん突き詰めると精密さは大事だとおもいますが、編集ソフトなどに縛られない「チョイスのセンス」をお持ちなのだと確信しています。
ここまで広くウケたわけですからね
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事