兼業農家おじさんの日記

そろそろ春に植える野菜とか用意しようか 基本三種

2016/03/17 01:47 投稿

  • タグ:
  • 農業
  • 農家
  • トマト
  • キュウリ
  • 唐辛子
こんにちは。出張でご無沙汰していましたおっさんでございます。

今回は春に植えるのを決定しているものをちょっとだけ紹介。
うちでは基本三種としてトマト・キュウリ・唐辛子を植えています。簡単だから・・・

・トマト


加工用トマトは契約分「らくゆたか」を露地栽培、「シシリアンルージュ」をレストランに。
生食トマトは「ポンテローザ」「世界一トマト」を直販・直売所、「ステラミニ」をレストランへ。
シシリアンルージュ以外は非常に作りやすくて、雨よけと支柱だけは使っているけど、ビニールマルチも使わないで十分栽培できてる。
世界一トマトは昔の味って直売所に出したら結構売れるんだよね。

・キュウリ


煮物加工用に「加賀太」、漬物用に「神田四葉」。キュウリの漬物はなんでもめっちゃ売れる。
生食は家庭用分だけ地這系の自家種。

ネットは使わず竹垣風の支柱を横に設置。摘心がクソめんどくさいので加賀太以外は基本放置。それでも嫌と言うほど出る。
漬物めっちゃ儲かる。添加物・化学調味料無しと言うだけでも怖いくらい売れる。


・唐辛子


伝統料理用「神楽南蛮」、「ひも唐辛子」、「万願寺唐辛子」、七味用原種、赤・紫唐辛子。
加工用「ハバネロ」、「ジョロキア」、「ハラペーニョ」

これがまたダークホース。形の良いものは枝ごと縁起物のようにするとめっちゃ売れる。他は加工しないと全然売れないけど、伝統料理としたり味噌に入れたりすると直売所でヤバい。
激辛加工用のはコーレーグースのように油漬けとか、ハーブと合わせて新調味料として売る。地味に単価が高い。
乾燥させて切ったり粉にするだけでなんでこんな売れるのか解らん。作るのもマジで適当。ある程度は苗も作るけど、原野みたいな農地にポイポイするだけで全然出来る。もちろん交配しないように気をつけて。


これから農業は稼ぎ(忙しい)の時期ですね。頑張っていきましょう!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事