兼業農家おじさんの日記

はぇ~すっごい大きい アスパラガスの作り方

2016/03/03 01:32 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 農業
  • 農家
  • アスパラ
こんにちは。

今回はアスパラの栽培を紹介するゾ。

https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/asupara/asupara.htm
こ↑こ↓を参考に見て、どうぞ。

アスパラの基本はせっかちはNG。ゆっくり伸び伸び育てると大きくて美味しいアスパラになる。



まずアスパラって種撒くの?苗植えるの?
基本的に四種類あります。

 種。育成するのに三年掛かるけど安いゾ。

 セル苗。自分で育苗しない農家が良く買うゾ。

 ポット苗。重いしあんまり一般的ではない。自分で作って、どうぞ。

 冒涜的な株苗。アスパラって3年立たないと収穫できないんすよ~もう辞めたくなりますよ~って言うせっかちにお勧め。高いけど来年から取れます取れます。

私は余程の事が無い限り、種から育成して苗を畑に定植するタイプだゾ。
地下茎(株)を大きくするのにはかなりの栄養が必要だけど、栄養が多すぎるとエグくて不味いアスパラになることが多いから、ハウスに栄養多めで二年育成してから、肥料を入れていない畑に定植してるゾ。
 冬になって地上部が枯れたら切り取っておこう。来年また出るから。


じゃあ次は畝の作り方を教えてくれるかな?
アスパラはそんなに場所に拘らなくてもokだけど、できれば表面の水はけ良くて1m下くらいに水が溜まるような土質にしとくと良いかな。畝は南北、畝間の幅を調整(私は2m取る)して風通しが良くなるように工夫したい。ペーハーも調整して6くらいにしておこう。肥料分も計算して。雨が多いところはちょっとアルカリ寄りで良いかも。
水はけ悪いところは畝を高くして調整したりするけど、面倒なんだよなぁ。
苗植え付け型ならマルチ敷くとすげぇ楽なんだけど、後々変なとこから出てきたりして面倒になるからしなくてもいいと思う。



植え付け前に苗の下に肥料入れたりするけど、量だけ取れれば良いんだよ!って人は牛糞堆肥をジャカスカ入れて、どうぞ。サワヤカ~なアスパラが食べたい人は最初のパワー分くらい入れれば良いんじゃないかな。
私は腐葉土と田んぼの発酵泥を混ぜたものをかなり下のところに入れてるゾ。畝間(歩くところ)に廃菌床撒いたりもするけど、ニオイが最初キツい。キノコ踏んじゃったりして微妙な気分になるので苦手な人は化成肥料の方が良いんじゃないやろか。

株間は通常3,40cm。あんまり過疎植えすると風に弱くなったりするから40cmくらいで良いと思う。アタリを決めたら、株とか苗を水にどぶ付けして丁寧に植えていこう。置いたら軽く土を掛けて固定してから後でまとめて土を掛けて行こう。表面に肥料入れたいなら軽くね。

埋め終えたら根腐れしない程度に窒素肥料を入れたり入れなかったりしろ。
私は基本的には入れません。終わったら土をかけて、籾殻を厚めに撒いて水をたっぷり掛けておこう。籾殻なんてねぇんだよって人は土が固くなり過ぎないようにだけ注意。
専用肥料は高すぎる。重課金ユーザー専用。

後は地上茎がにょきにょきするまで放置。
でかくなってきたら倒伏しないようにマイカ線(高さ7,80cmくらいのところ)とか巻いておくんじゃぞ。風に意外と弱い。ビニール紐とか弱い紐はNG。しっかり固定しよう。
後は高くなりすぎた所は切っておこう。私は自分の首より下くらいのところで刈ります刈ります。

 

後は秋になったら抉るように根元からバッサリしましょう。めんどくせーからと適当に刈り取ると、アスパラ収穫するときに枯れた茎が邪魔でハゲるからしっかり根元から取ろうな。あんまりやりすぎると株をいためるから無理しない程度に。
雪が降らないところなら枯れてからゆっくりやってもいいんじゃないかな。
刈り取ったら株とか茎に掛からないように注意しながら、回りに肥料を撒くと良いと思うよ。
私は廃菌床を畝間にいれて、籾殻でカバー。畝には藁とか余ってたら畝と平行に被せていくよ。

そんで待ちに待った春・・・

 やったぜ。

生え始めたら肥料入れるとか余計なことをしないほうが病気にならないんじゃないかな。
出荷用は28cmサイズを狙ってカット。(箱詰めするときはさらに25cmくらいにカット)細いのもベーコン巻きとかで需要あるから捨てるなよー
ホワイトアスパラが食べたいんだよって人は、半円の支柱と、黒いビニールとか銀の高級ビニールとかでトンネルを作れ。光を遮るだけでホワイトになる。
3年目は一ヶ月弱くらい、4年目は一ヶ月ちょっと、5年目から二ヶ月採るとか加減すると株の成長が安定する。

 それなりの量作るなら絶対買おう、アスパラ用鎌。ノコギリ状で切り易いし、収穫目安の線も付いてるから取るかちょっと迷う時間も短縮できる。自分で線つけてもいいんだけどさ・・・
伸びすぎちゃったんだけどって人は下に合わせて切って良い。食べる前にまたカットした方が鮮度が保てる。出荷用なら下で切った後長さ合わせて切りなおして箱詰め。下の部分は肥料として畑にポイorコンポストにポイーするか、乾燥させてパウダーにして売るのも良いぞ。
保存するときは絶対に立てて保存するんだぞ。横に寝かせて保存するとすぐ味が薄くなる。

アスパラは成長早いから、朝一回、夕方一回は採ろう。大きくなりすぎると硬くなるよ。

 もうこれ食いきれねぇなぁ(歓喜)って人は生のままジップロックにぶち込んで冷凍しよう。
美味しい料理レシピとか無いから。採れたてをマヨネーズかけたり、網焼きしたり、軽く茹でてそのまま食べて、どうぞ。

2ヶ月くらい採ったら勢いなくなってくるから、採るのを辞めて立茎(そのまま伸ばす)させよう。茂ってきたらまたマイカ線で倒伏防止しておこう。明らかに曲がってるのとか、細すぎるのは切っちゃってok。
夏も採りたいんじゃ~ってよくばりな人は健康的に茂ってきたら(二ヶ月くらいは間を置く)肥料を軽く回りに撒いたりしながら、出てきたのを採っていこう。5年目くらいからは結構採れる。採りすぎると株が痛んで来年出なくなったりするから加減しろ~(体感的にちょっと涼しくなったなと思ったら辞めるくらいがいいかもね) 収穫のとき絶対に立茎させた茎を傷つけないように。また夏場水が足りないから適度に水撒こうね。

秋になったら枯れるからまた茎を切って一年終わり。成し遂げたぜ。
達成感を味わう前に肥料入れてよく混ぜ込んでおかないと来年泣くから注意。枯れる前に撒いてもNGだし、雪が降ったりすると作業で死ぬので気をつけて。

そんな感じでまた来年立派に生えてきます。大体5~8年目くらいはガンガン採れて、9~12年目くらいはちょっと落ち込む。13年目くらいになったらそろそろ株を新しくしようか。連作障害あるかもしれないから、10年目くらいから違うところで育成を始めよう。10年って・・・長いよなぁ。


 ・・・・・ひ(ry


さいごに・・・

アスパラを大きくするコツはやっぱり肥料コントロール。苗をしっかり作って、冬の休眠時にしっかり休ませること。ドンドン出るからと言って採りすぎて株を疲れさせないように。
あとは・・・病気かなと思ったらすぐ切り取って離れたところで燃やそう。秋に刈った残滓も健康なら良いけど、なんか違和感あったら違う畑にポイするか、燃して灰にしてから撒こう。捨てるのはもったいない。

そんな畑ねぇんだよって人もプランターとかでも作れるから、アスパラ巨大株とか書いてある冒涜的な根っこみたいのを買ってきて植えてみようぜ。スーパーでくっそ高いアスパラがベランダでも取れる。ああ~いいっすね~

(※土地によって時期が変わったりしますので、資料を見ながら調整してください)

余談だけど、私はコンパニオンプランツ(違う野菜を近くに植えると互いに良い効果が生まれる)信者なので、ミニトマトを回りに植えたり、ニンニクと交互畝にしたりしました。
ミニトマトは確かに虫が減ってるような気がするようなしないような・・・

そんな感じでみなさんもアスパラを作ってみませんか。

コメント

変態糞農家 (著者)
No.2 (2016/03/03 21:34)
>>1 Deraさん
ここ数年はまったく見ないですね。うちのアスパラ畑は独立した丘のような場所になってまして、ここまで来ないのかもしれません。
ジャガイモを植えている畑に一時期居たことがあったのですが、回りを板で囲んだらそれから見ていませんね。
場所によってはモグラが多いので注意したいですね。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E2%80%95%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E7%94%9F%E6%85%8B%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%93%E3%81%84%E9%98%B2%E3%81%8E%E6%96%B9-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E9%9B%85%E5%A4%AE/dp/454009274X
この本とかに書いてありますが、基本は捕獲するのが一番だそうで。畑が小さいなら板を埋め込んでも良いのではないでしょうか。
Dera
No.3 (2016/03/05 00:27)
ご丁寧に書籍のリンクまでありがとうございます。これからアスパラ作ろうかと思っていたので色々勉強させていただきますね。ありがとうございます。
変態糞農家 (著者)
No.4 (2016/03/05 00:51)
>>3 Deraさん
おっ、頑張ってください。
私もまだまだ修行中ですので、何かあったら教えてくださいね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事