ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

風林火残念

100名城のスタンプを押しに広島に行った話 後編 帰宅に伴い台風直撃編

2019/10/01 23:25 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • 岡崎城
  • 浜松
  • 浦安
  • 本陣
  • 台風
  • 仙台
  • 太平洋フェリー
全編はこちらです。
https://ch.nicovideo.jp/zannnennda/blomaga/ar1816949

前日、岡山の二つの山城に行くのを暑さから断念し津山城のみスタンプを押した所で勢いで香川県高松へ、夕方にも空いているうどん屋を2件梯子して岡山に戻って一泊してからの翌日、久しぶりにゆったりとした朝を過ごしていました、広島では基本5時起きだったので体が楽です。

時間が進む事数時間
愛知県岡崎城にて

さっきまで岡山に居ましたが混雑する新快速に乗って外の景色が見えないうちに気が付いたら関西を超えて名古屋を超えて岡崎まで来ていました、勿論予定通りです。

今回は上記の通り二か所を断念していたので代わりと言っては何ですが一か所位行ってない所に寄ろうと思い今回犬山城と岡崎城で迷った結果岡崎城に。

丁度土曜日で人も多く、自販機の横で飲み物を飲んでいたら横の建物から「それでは参ろうか」と言いながら武将の恰好をした人が出てきたので脳が理解するまで時間を要しました。
後で調べたら本田忠勝でした、何より暑そうな恰好でした。

城内にて、一瞬やばい人かと思ったらオカザえもんでした。



城入口ではこれま土曜日で人が多かった為か、どこからきたかの調査をしていました。
過去一度だけ新潟県の新発田城でもどこからきたかと尋ねられ、県か市かの指定がなかったのでとりあえず札幌と言った覚えがあります。(多分本籍は札幌だから嘘ではないと思いたい)

今回は都道府県単位で聞かれたので北海道と答えたら思った以上に驚かれ歓迎されてしまい、予定のついでに訪れただけなので逆に申し訳ない感じでした。

暑さで頭が煮えていたのか写真も少なく乗せれるのがあまりないですが岡崎城はまさしく城を見に行ってる感が出たので良い城でした、帰りに記念コインも買いました。

この中に猫がいるけど見つからないと思います。
中級飛ばして上級の問題!




答えはこちら
わかるわけないだろいい加減にしろ!


その後は岡崎駅まで戻り再び電車で移動。

上記にも書きましたか暑さで頭が煮えていた為か岡崎駅に戻り乗る方向を確認、電車に乗り込んで岡崎城は良かったな、と思い岡崎の街を眺めようと窓の見える位置で立っていると一瞬違和感を感じました。

あれ、これ逆じゃね。

電車に乗るときにもちゃんと行先確認して米原行きと書いてあったよな、と思い返した所で米原行き?逆だわ、となりました。

電車を逆に乗るなんて凡そ7年振りに東京でやった以来久しぶりで若干がっくりしましたが、次で降りて戻ればいいや、大丈夫大丈夫と自らを落ち着かせます。

悲報:踏切確認の為電車止まる

駄目な時は何をやっても駄目です。


暫くして動き出し、逆方面に乗り換えることができた上に座れたのでしばし涼しい車内でゆったり。
蒲郡を通過する頃にはすっかりリラックスして音楽を聞きながらな感じでした。

蒲郡での選曲はこちら!



移動の多い日でしたがこの日は浜松泊まりに決めました。
そろそろ、栄養が足りてない気がしたので朝食バイキング付きのお宿に決めました、しかもここ、鰻まぶしご飯が出るの!

枕が過剰に置いてあるホテル



ホテルですがフリードリンクだったためとりあえず持ってきたリアルゴールドがテレビの横に。



一応自販機もありましたが暑さで頭が煮えたぎるようだった一日の終わりにフリードリンクはとても嬉しいものでした。

部屋が一番奥でフリードリンクの機械にたどり着くまでにエレベーター込で片道3,4分かかりましたが最早贅沢な悩みでした。


駅で買った浜松ミリひとつ関係ない香港焼麺
味が気になったので。

自分の過去の傾向から行くと、気になって手に届きそうなものなのに食べない選択をしたものほど気になってその後一年位事あるごとに思い出すのですが、実際気になって食べたものに関しては満足したのかそのまま忘れる傾向にあります、なので食べたほうが精神衛生上は良いです。

ご当地感を出したくて買った牛乳
(いなさは組合名です)

普段見ない地域の天気予報なので一瞬自分が今どこにいるかわからなくなる。
そんな天気予報が良い

テレビでオンデマンド見放題でしたが特に見ず、普通にBSでやっていた暴走特急を見てこの日は終了です。


この日の移動地図

殆ど移動だけだったのでかなり控えめな歩数




一夜明けた翌朝、栄養を取りに来ました。
この後おかわりもした。

3年前に浜松で別のホテルに泊まったことがあり、その時も朝食で鰻まぶしご飯が出ました、けしてひつまぶしとは表記せず鰻まぶしご飯と書かれていましたがとても良いものを朝から食べました。

朝食を食べながら柱の向こう側にあって丁度見えないテレビから台風情報が流れてきました。
割と身近な所に居るみたいですが現状まだ影響は出てません。

この日の目的地は浦安、自身が旅行に来るとセーブポイントの如く毎回寄る場所です。
浜松駅で少し土産物を買った後電車で移動です。

多分富士山
過去5回中綺麗な姿が見えたのは多分1回だけです。

中々絵葉書みたいな富士山を見れないまま、電車は熱海へ。
熱海では乗り換えをしたことは旅行の数だけありますが降りたことがなかったのでわずかな時間だけでもと思い降りてみました。

日曜の為か土産物売り場が混雑していて少し見た所で外に出たら雨が降ってきました。

これはさっさと移動した方が良いかもしれないと思い駅へ、今回は熱海から東京までグリーン車に乗ってみるという試みをしてみました。

旅行感を演出したくてしょうがないので買ったご当地サイダー


そしてよく見るとリポビタンD
旅行先で頭が痛くなったらとりあえずリポD

グリーン車も混みあい、珍しく隣に人が座りました。
走行中海をぼんやり眺めてると周囲で波の高さ、白波が立ってる、などと言った言葉が飛び交っていました。

多分白波
台風があまり来ない地の民なのでとりあえずこれが白波か!と思う。

東京までの道中、この日は浦安に行く度に泊まるネットカフェに行こうと思っているものの時間がまだ早く、台風の進路予報を見る限り自分の真上を通るような気がしていたので財布の中身に若干の不安を感じるもホテルを取る事にしました、つくづく無理をしないようになったなと思いました。(良い事)


あっという間に東京
快晴

いつも行く水門を電車の中から見てご満悦


ホテルに入れるのが15時から、少し時間があったので浦安駅付近にあるゲーム屋でも見て時間を潰そうとしたらお店が潰れてました。(この時点ではまだ改装して近日再オープンみたいな事が書いてあったような気がしますが9月末に閉店されたそうです。)

なので遅めの昼食として今年できた富士そばへ
店内から街を見れる良い店でした。


食後、チェックイン

過去延べ10泊位している勝手知ったるホテル


窓からの景色
こちら側は2回目

暫く休憩、シャワーを浴びてすっきりし、充電もできたのでホテル内の自販機を見に行って以前との変化を楽しんだ後は毎度の如く川を見に行きました。


まだ快晴
拡大してみると電車内も空いてる

水門辺りにて
お休み中の所失礼しました。


前回の旅行と同じ写真ではございません
毎回撮ってる


浦安駅から舞浜駅までの道のりを川沿いに歩いてずいぶんきましたが
ちょっと怪しい空模様になってきました。


その後イクスピアリまで、過去記事にも恐らく何度か出てきたであろう自分が本陣と呼んでいるベンチまで行き休憩。

本陣近影
冬暖かく夏涼しい理想郷、それが本陣(ベンチ)

携帯充電器で充電しつつ休憩、休憩中に台風の影響が徐々にこの辺りにも浸透してきたみたいで、イクスピアリも19時閉店が決まりました。

ディズニーランド、シーに至っても時短営業になったみたいです。
帰ってきてからディズニーランド、シーが時短になったのは過去に2回しかないのではないか、と言っていたユーチューブの人を見ましたが多分その時もこの辺に居たなぁと思いました。(男性、雨男からの投稿)

時短営業になったのを聞き、雨が降る前に予定の消化をこなそうと思いバスで浦安駅へ、バス車内から見える景色が割と楽しみなところです。
混み合う中を縫うように走るバスにうっとりしたところで到着、まだ雨は降ってないので駅周辺のゲーム屋を眺めてから夕食を調達しホテルへ。

まだ荒れてないお外



近所のスーパーで買った割とどこにでもありそうなやつ
でも一際おいしかった。



食事もとったし、改めて風呂にも入ってさっぱりしたし、千葉テレビで視聴者参加のカラオケ番組も見たのでこの日は就寝。

この日の歩数

いつもの地図


深夜、サイレンの音で目覚め外を見ましたが何がなんだかよくわからない感じに窓が曇ってたので再び就寝

翌朝、台風も通り過ぎすっかり雨も上がった浦安市のホテルで朝食のパンを食べてます。



卵サラダという名のサンドイッチの中身のやつ




サンドイッチと言えば



朝食会場
飾ってる絵がいい感じ

天気は悪いけど雨は降っていない外


ご承知の方もいらっしゃるかと思いますがこの日、関東の交通は混乱しており、ネットで調べてみたら人が多すぎて駅に入れない、とか電車がいつくるかわからない、逆に電車が詰まって動かない、等、色々ありましたね。

とりあえず9時から動くところが幾つかあるのを見かけてまずは舞浜駅へ向かう事にしました。

この日の目的地は一応仙台でしたが何分こういう状況なので向かってみるか辞めるか、18きっぷも最後の1回分しかないですし。

遠巻きに眺める電車の中が満員



昨日もお会いしましたね



ちょっとごみが浮いてる感



昨日とは違う川の方へと向かい、緑地を抜けて本陣へ

この日の本陣は空いていた

本陣で電車の事を色々調べてみると舞浜から東京へは行けるが上野に行くのが困難、と書かれているのを多数見かけたのでまず今日仙台に向かうか辞めるかはJRではなく東京メトロで上野駅方面に向かってみて上野駅を実際に見てから考えることにしようと思い立ち本陣に別れを告げ、バスで東京メトロ浦安駅へ

ここ最近は東京駅から浦安駅へ来ることがあっても浦安から東京方面に向かうことがなかったのでちょっと新鮮

混んでいたので一本遅らせて乗り込みます、案外立ってる分には困らない程度の混雑でした。

この時点ではこの日に仙台に向かうのはやめて浅草辺りに安いカプセルホテルでお昼にはチェックインできるところがあったのでそこに行こうかなと考えていました。

混んでいるという情報を受けておりましたが途中乗り換えて銀座線から上野へ向かうと車内はガラガラ、これは案外上野駅入れるんじゃないか、と考え上野で下車。

上野駅はネット上では混雑しすぎて入れない、と書いてあることが多数でしたが入る分には問題なく入れました。

改札の上の電光掲示板はほぼ真っ暗で行先は書いてありませんでしたがアナウンスで宇都宮行きが出る、と聞き、たまには多少ダメ元で行動してみようと思い最後の18切符にハンコを貰い電車を待ちます。

隣のホームは道民が引くほどの込み具合



ホームで暫く待ってると電車がやってきました。

どれだけ混むものかと思っていましたがあっさり座れてしまいそのまま宇都宮まで座ったまま到着。

宇都宮の先、少なくとも2か所の不通区間がまだあるみたいでしたが乗ってるうちに開通するといいなぁと思いながら時間があったので立ち食い蕎麦を座って食べました。

かき揚げはとても良い


次の電車が30分後に一本、1時間後に一本、どちらに乗っても次の黒磯駅で同じ電車に乗って福島県に入る事になる為ゆっくり蕎麦を食べようと思ってましたがあっさり食べてしまい早い方の電車で黒磯駅に向かいます。

この電車もどれだけ混んでいるかと思いましたが座れる程度の混み具合でした。

1時間程で黒磯駅に到着、以前ここで電車が止まってしまい帰りの船に乗り遅れそうになった経験から帰りの船は前日入りを徹底するようになりました。

黒磯駅では既に次の電車が来ており、既に夕方ですがまだまだ暑さが残ってる為さっさと乗車。
宇都宮からもう一台電車が来るはずなのでそれがきてからの発車だったなぁと思いながら涼しい車内で寝そうになります、勿論座ってます。

30分程経った頃、黒磯駅から新白河駅に向かう電車が出ましたが何か忘れてるような気がしていました。

車内は空いてて涼しくて快適、あれ、宇都宮から来るはずの電車がきてないのかしら、と思い検索をかけると混雑しすぎて遅延、混み過ぎて乗れない人が居たという事を呟いてる方が複数名いらっしゃいました。
蕎麦をゆっくり食べてたら混雑しすぎた電車に乗るか乗らないか迷う羽目になっていたみたいです。

電車は新白河に着き次は郡山へ向かいます。

殆ど同じ人が同じように乗り換えて電車は順調に進み、自分としては最悪福島まで行ければよいや、と考えていましたがなんとかなりそうです、この頃には不通区間も一か所だけになっていたと思います。

郡山駅手前の安積永盛駅で電車は止まってしまいました。
止まったとはいえ手前ですからたどり着くのは時間の問題と特に気にもしていませんでした。
むしろ車内アナウンスで「おさかなの森駅」と聞こえていたのでなんと面白い駅の名前だろうと暫くほがらかな気持ちになっていました。


向かいに座っていた初老の男女二人組、女性の方が電話をすると言って外にでてから戻ってきてません、いよいよ発車するアナウンスが流れた頃、戻ってこない女性を心配した男性が外を見て車掌さんに「ちょ、ちょっとまってくださーい」と悲痛な声を上げてます。

ここで離ればなれになってしまうとたしかにまずい、というのがわかるだけに車内も心配そうな雰囲気でした。

当たり前と言えば当たり前なのですが女性は発車アナウンスの時点で近くの入り口から車内に入っていたようで、普通に隣の車内から現れた為車内全体から安堵の声が聞こえるようでした、やさしい世界。

電車は少し遅れて郡山駅へ、そのまま向かいに泊まっていた福島行に乗り換えていつとも言えぬ発車を待ちます。


30分程してから最後の不通区間が徐行運転可能になったらしく、福島に向けて発車した為とりあえず最悪たどり着ければよいと思っていた範疇に行けたことで安心しました。


ちなみに一本後ろの電車の情報を暇つぶしに追いかけてたのですが黒磯駅で接続する電車が既に行ってしまい(行ってしまった電車に乗ってました)次の電車まで1時間半待っていたとのことで、既にこの日仙台までは行けない事がほぼ確定してしまっている事を嘆いている方が多数居りました。

一方の自分は福島駅に到着、時刻は既に21時を過ぎ22時頃の最後の仙台行に乗れそうです。

しかしここで仙台行きが来ません、厳密には半分来てるのですが8両のうち4両がまだ来ていません、到着を待っての発車とのことでした。


暫く待ってましたが22時半を過ぎた頃にふと思い出しました、18切符って日付変わった最初の駅までじゃなかったっけ?

福島から仙台まで、大体1時間20分位かなーと思っていたので残された時間はあと10分でした。
もしかして一本後ろの電車を待ってから出るのかしら、優しい世界!とか思ってましたが一本後ろの電車は近くまではきていたものの接続はされず、それでも仙台までこの日行く方は新幹線に乗り換えればなんとかたどり着けたそうです、普通の世界!

結局発車したのは23時頃、とはいえ行けるだけありがたいことですし日付変わった時間からは通常の運賃を支払えばよいだけです、予想では600円位かなーと思います。

普段この路線に乗ってるわけではないのでわかりませんがやけに飛ばします、体感なのであてにはならないかもですがやけに早い気がします。

なお車内に一人
一両につき一人か二人しかいなかった模様


結局320円で済みそうと思い再び安堵、仙台駅には深夜0時20分位に到着しました。

案外到着できてうれしくて写真を撮る
ずっと座れたしね!

駅に着くと自動改札はもう終わってるので友人改札へ、の案内が。
見てる感じ乗ってたのは10人位、そのうち8人位は18切符利用に見えました。

こういう時は前の人に続いて様子を見るに限る、と思い最後尾へつくと、清算は良いです、と言われ通過、忝い。

嬉しくて駅の写真を撮る


その後、時間も時間なのでネットカフェに入ろうと思ったものの最早空いてるホテルとネットカフェの料金がそこまで変わらないという事を理由に気になってたチェーンのホテルへ。

深夜に歩く事なんてめったにない商店街を歩いてホテルへ



枕元にコンセントのあるホテルは良いホテル


移動ばかりなのに案外歩いていた

本日のざっくり地図


明くる朝、パンを食べる(前日ぶり)
添えてあるのはオレンジジュースと枝豆スープ

どれをとっても良いパンでした。


惜しむらくは空調が工事中の為会場が暑かったことでしょうか、これもまた思い出。


時間が短いにも関わらずホテルを取った理由の一つにホテルに荷物を預けるとロッカー代400円が浮く、という事でした。(とはいえ理由の8割はパンが美味しそうだったから)

この日一日は船の時間まで仙台観光です、夏の仙台は初めて。


とりあえず駅でざっくり土産物を物色、後で買いに来ます。

ベガッ太


クラッチ


むすび丸


全員の名前を初めて知りました。

ユーチューブに写り込みに行く

ユーチューブの仙台駅辺りのライブカメラにて

超上級:さて私は何処にいるでしょうか?






答え合わせ

だからわかるわけないだろ!いい加減にしろ!





涼しい所を求めてうろうろし、何故か仙台のジャンプショップに行きました。

ワンピース押し
なお読んでいない



展望デッキに来ました。
(無料)



バスの一日券を購入
(620円)

城まで行くのは多分これが一番べんりだと思います。

仙台限定ボトル缶のコーラを購入
(コークオンアプリチケットで無料で頂く)

おみくじ


多分一番仙台っぽい写真



再びバスに乗ろうと思うも混んでて乗れそうにないので一つ前の停留所まで歩いて先回りすることに。
道中のカーブ


道中の道


道中の伊達政宗
ご無沙汰!

バスに乗り次の目的地へ

このバス、多分1人すごく喋る運転手さんが居て、自分はその人に当たる事が多いのですがこの喋りがうまくて目的地で降りずにそのまま乗ってようかと思いましたがなんとか降りました。

電気記念館
興味は特に無い
裏手

バスの運転手さんが言ってた神社、裏の滝が涼しいらしい

涼しい、人も居ない、日陰、しかし蚊が凄い
でも雰囲気が良い

バス停まで戻るも隣のバス停まで歩く事に。
次のバス停が神社だったので折角なのでバスの時間まで見ることにしました。


都会ではこういう屋台が流行りなのかと思う





バスで仙台駅まで戻る。

ここでちょっと疲れてしまった感が出たので小一時間程ネットカフェに充電も兼ねていくことに。

ネットカフェで飲み比べてみようと思ったペプシとペプシネックス。
持ってくる途中にどちらがどちらかわからなくなる。
最近多いネットカフェのソフトクリーム
涼しげで良い

ネットカフェから出て駅でお土産を買いあさり仙台を後に、船の出る出来最寄りと言われている中野栄駅へ

駅の近くにブックオフがある駅はいい駅だと思った。


バスに乗るなら中野栄、歩くなら隣の多賀城の方が近いと思いました。

涼しいかと思いアウトレットの中を通過
普通に暑かった。


歩道に草生える



乗る船
きそと言います。


このきそという船、実は暫く台風の影響で欠航になってましたが欠航になった場所が仙台だったからこそ今回運よく乗ることができました。

何せ今回、この日の2か月前の朝9時にPCの前で正座して早割の予約争奪戦に勝利、(2分で売り切れた)今回太平洋フェリー5回目にして初めての個室を取りました。

個室ならシャワーもあるしトイレもついてる、最高の環境です。(窓は曇りガラス)

なので欠航になるかも!と岡山辺りで思ってたのですが姿を見て安心しました。

前日の別の船による仙台~苫小牧間は運航していたのでそんなに混雑していないだろうと思ってましたが老人の団体が二組居たみたいで、今までの中では一番混雑していました。

しかし今回は個室、混んでようが混んでまいが関係なく一人部屋です。

本来は二人部屋



テレビに冷蔵庫までついている!


早速シャワーを浴びて、すっきりしたところで船内をうろうろ、この船は初めて乗ります。

ゲームコーナー、セガのテトリス、まさかこの数日後に実際にプレイする機会があるとは思ってなかった。



売店で自分に土産
これで太平洋フェリーのすべてのマグネットが集まった!


待ちに待った夕食バイキング。

当然緑の液体を添えて

今回のバイキング、初めて食べて豚バラのオーブン焼きが脳から何か出るような感じがするほどおいしく感じました。
普段乗っていた船と航路が若干違うからか少しメニューも違う気がしました。

最終的にお腹が壊れても食べ続け時間いっぱい食べてました。


暫くトイレにこもった後再び船内をうろうろ
ここ暫く乗ってた船が大荒れで船の外に出られなかったのですが今回は特にそういう訳でもないので外に出れました。

割と怖い

その後はぼんやりと過ごし、部屋に戻ってテレビを見ながら就寝

歩数




翌朝、昨晩のが残りそこまでお腹がすいていないものの後悔しそうなので朝食バイキングへ。
やはり混んでいた為、自分が入った所で満席のアナウンスが流れました。
夜と別のカレーを用意するなんて!

多少無理してでも食べる
やはり緑の液体を添える
太平洋フェリーのワッフルは一際おいしい


その後限界を悟った自分は部屋で2度寝を開始、最後の最後で太って帰る事間違いなしです。

小一時間程寝た所で起き、下船準備をします。

荷物は概ね昨日増えました
最初はリュックだけでした。

今回のご当地キャラメル
岡山で買った率66%


最後に船の後ろ側


個室の場合、もう10時間位乗ってても良いかもしれないと思いながら下船、帰宅。

帰宅後色々大変でしたがなんとか書くまでに至りました。

今回のざっくり行程地図


長々となりましたがここまで読んだ方が居たら有難く思います。

今回行くのを断念した2か所、果たして行く日は来るのか!?
それとも唯一足を踏み入れたことのない県となった富山へ行くのか、そもそもまた行く機会があるのか!?

ご期待ください


書き終わって思ったけどタイトルに若干詐欺感を感じる今日この頃、いや、直撃はしたけども。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事