風林火残念

100名城のスタンプを押しに九州に行った話の3回目

2019/03/28 19:16 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • 人吉
  • 鹿児島
  • 飫肥
  • 岡城
  • ぽっぽおじさん
熊本で久しぶりの人に会ってから翌日、移動が多い九州到着5日目の早朝からスタートです。

その前に前回貼り忘れた移動した図です。

3日目、唐津~佐世保まで。


4日目、佐世保~熊本まで。


朝4時過ぎ、起床、5時59分発の電車で移動です。

寝てるんだか起きてるんだかよくわからないような感じで車窓を眺めながら朝食をとりつつ2時間程で最初の目的地に到着です。

外はこんな感じでした。




ウッチャンの故郷らしい人吉。

人吉城のスタンプを押しにやってまいりました。
朝早いせいかこの日も寒く、早速ネックウォーマーを付けてスタンプのある人吉城歴史館へ向かいます。
しかしまだ営業時間前なので折角なので城を見に行きます。


歩いてる途中で見かけた気になる店、主に絵が。




見晴も良く川も近くてとても良い城跡、天気だけが悪い。



時間がになったので資料館でスタンプを貰いついでに見学。
思ったよりも見ごたえのある感じでした、主に地下。


唐突な人吉市のマンホール



駅に戻り次に乗る電車を待ちます。



この辺ではこういうのがあるんだなぁと思ってたら真ん中のが次乗る電車だった。

指定席を買った方が良い、と検索をかけたら出たので指定席券を購入し乗ってみたら予期せぬ観光列車でした。


切符

お洒落な椅子とテーブル

電車の前の方


観光列車には多分初めて乗ったので新鮮な感じでした。
列車の中には列車好きの皆様が乗っており、所々の観光ポイントでは皆様一斉に写真を撮る姿が見えました、折角なので混ざりました。




車内の様子


途中の駅にあった汽車



一日3本!



撮影スポット

そんな楽しい時間もあっという間、吉松駅に到着です。
列車好きな皆様は折り返しの同じ列車に乗って行かれました。

ここで時間を潰す事一時間




待合室にあったチェーンソーアートを見て

小一時間程これを思い出して過ごしました。



そんな感じで気がつけば15時過ぎ、ようやく目的地の鹿児島中央駅に到着です。


遠巻きに眺める桜島

折角の鹿児島ですが滞在時間が僅かです。
急いでスタンプを押しに行き駅に戻ります。



途中見かけた自販機、西郷さんの胸元に穴が空いてるのを見てもうちょっとなんとかならんかったのかと思う。

鹿児島の辺りは若者は階段に座り込む文化なのかと思わんばかりに階段に座り込んでいる人々を見て所変われば色々違う事もあるなと思いつつ鹿児島を離れます。
ビルの屋上で明らかにUSAを踊っている若者が印象的でした。




次来ることがあればもっと近くで見たいなと思いました。


同じ電車に乗り続けること3時間、電車は宮崎へと到着。

疲れてたのか写真も撮らずにホテルへ


広めの部屋




チャンネルは4つ!


ここにきてケンタッキー!おいしかったです。



この日の移動はこんな感じでした。



翌朝、この日は久々にゆっくり起きてる日なのでしこたま眠り、そして今回初の朝食バイキングでした、栄養を取りたい。



ぶれてない写真はこれだけでした。

色々食べましたがカレーが物凄く美味しい朝食でした。
そして宮崎の冷や汁、自分の中で久しぶりに食べれない物が誕生した日になりました。


ゆっくり過ごした後は駅へ、荷物をロッカーに預けて向かうは飫肥です。



今更ながら街路樹に南国を感じる

電車に乗る事一時間ちょい

飫肥につきました。

飫肥についたところでついに小雨が降り始めました。
先日セブンイレブンの傘欲しさに行くも売っておらず、買わずじまいでいまだ傘を持っていないのですが小雨なのでフードでしのぐ作戦に、すぐに上がったのでよかったです。



入口、雰囲気がとても良い



多分堀、雰囲気がとても良い


飫肥歴史資料館でスタンプを押して、見学。
大名行列は大変だなと思う。


その後は降ったりやんだりの天気模様。
まだまだ先は長いので無理せず駅へ。


鯉が沢山、小銭も沢山落ちてる。


宮崎駅へ戻った所で最寄りのセブンイレブンへ、ついにほしかったワンタッチ折り畳み傘を手に入れました。

レジで店員さんにすぐ使いますか?と聞かれてドラクエの武器屋みたいだなとふと思う。
傘を手に入れた所で丁度雨が強くなってきました。

傘を手に入れて意気揚々とした私が最初に向かった先は

全国どこにでもある安心感!

宮崎のチェーン店でうどん
多分240円、凄く美味しかった。


そんな感じで乗車、まずは延岡駅まで向かいます。

延岡駅では1時間程待ちます。
一番上と一番下が普通列車

最終が19時33分なのでこちらに乗ります。



駅の上がこんな感じで図書館と本屋が混ざったおしゃれ空間でした、これならもうちょい早く来ても時間潰せたなと思う。


次の電車に乗ろうとしたところ、やってきたのはどうみても普通じゃない列車、聞けば4両編成で1両目だけ乗れるそうです。

本当に乗っても良いのかという不安もありつつも乗らないと次は翌日、という事で乗車。
乗ってみたら3人しか乗っておらず、どことなく車内も暗く、外は真っ暗で余計に不安になる。

途中で車内検札がきたので切符を渡し、特に何事もなかったのでこの外の暗闇の中にぶん投げられることはないととりあえず安心。

乗っていたほかのひともどことなく不安げに見えました。



でも饅頭は食べるし日向夏も飲む。


その後乗り換えを一度挟み23時頃、大分へ到着。

この日は大浴場が苦手な自分にとっては珍しく大浴場のみのカプセルホテルへ、温泉です。

一度位は温泉に入った方が良いかな、というのと苦手意識を持つものが本当に苦手なのかを検証してみようという変な試みです。


本当のカプセルはこういうのだろう思うカプセルでした。

実際大浴場に行ってみた所。
サウナ室入口辺りで延々とシャドウボクシングをする人の人影が見えたり、水風呂の前で延々と腹筋をすごい勢いでする人が居たり、物凄い勢いで腕立て伏せをする人が居たりでやっぱ苦手だな!という結論に至りました。



この日の移動はこんな感じでした。


翌朝、誰か寝てる間にアイアンクローしてただろ、と言わんばかりに頭が痛く、予定より早く宿を出ました。
出たらなんとなくよくなったので合わなかったな、と思いながら駅へ。

電車待ちの間にロッテリアに行きました、家の辺りじゃロッテリアも中々無くて物珍しい感じで入りました。


普通のハンバーガーにすればよかった。


その後豊後竹田駅へと向かいます。


豊後竹田駅のロッカーに荷物を預ける。

行く前に家で検索をかけても出なかったコインロッカーがこちら!




渋いトンネルを抜けて駅から歩く事25分位で岡城跡に到着




受付の方が優し気に雨で滑るからお気をつけてと言ってくれたのが印象的です、いや、受付の方の髭がとても良い感じだったのが一番印象的でした。

パンフレットが巻物になっているのがにくい演出です、帰ってから部屋に飾ってます。

城跡も雨で霧っぽいせいか余計に雰囲気が良かったですが帰り道の雰囲気がまた格別でした。



ちょっと怖かった坂道


やっぱり怖かった坂道



そろそろ敵とエンカウントしそうな帰り道

帰り際、竹田名物頭料理という看板を見つけ暫く想像しながら駅へ

荷物を回収し豊後竹田から一時間位で大分駅へ

気が付けば九州も終盤、土産物を少し買い足してから本日の宿、小倉駅へと向かいます。

思い起こせば九州の100名城スタンプは岡城で終了していました。
(福岡城は4年前、大分府内城は2年前にスタンプを押しています。)

城をゆっくり見て回るというよりも明らかに城のスタンプを押しに行ってるという感じですがこれで四国、東北に続いて九州も終わりました。

そんなことを考えている内に小倉到着、ホテルへ



宮崎のホテル以上に広い部屋でした。
ベッドのほかにもソファーもあり、明らかに持て余してしまいました。
今回の両行中では最初で最後の風呂トイレ別!

多分そういうマンションをリフォームしたんじゃないかなと思いながら鉄腕ダッシュを見つつ九州で過ごす最後の日が終了しました。




景色が綺麗でしたが日の出前に出てしまい明るい時間の景色は見れず。



ぽっぽおじさんのからあげ
安くて量が多くて自分の胃が小さくなったのかと暫し悩む。


九州で買ったご当地キャラメルとそんな感じの物


この日の移動はこんな感じでした。


九州は終わりですがもうちょっと続きます。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事