在特会長野支部

門真市の腐れっぷりがス・テ・キ

2014/04/12 08:49 投稿

  • タグ:
  • 在特会
  • 長野

特定の人種への差別を扇動するヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返す排外主義団体への対策として、門真市は既存条例を活用し、公民館や公園など市施設を使わせない方針だ。「規制する法律や条例がない」として、多くの自治体が施設の利用を認めているが、同市人権政策課(今月から人権女性政策課)は「ヘイトスピーチを差別ととらえれば当然の対応」としている。【毎日新聞】
http://cracjpn.tumblr.com/post/82192063915/news

リンク先の文中に登場する“門真市議”とは、戸田ひさよし。
彼はペプシのキャップに付いていた、スターウォーズの フィギュアを集めるのが趣味だった。

彼のホームページはコチラ。 デザインから赤色系と誰もが納得するはず
http://www.hige-toda.com/

とだっちは毎日新聞による「門真市は既存条例を活用し、公民館や公園など市施設を使わせない方針だ。」との報道に喜んでいるが、門真市はホームページで次のように公表している。

毎日新聞4月9日付け朝刊掲載の報道について
みだしのことについて、「ヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返す排外主義団体への対策として、門真市は既存条例を活用し、公民館や公園など市施設を使わせない方針だ。」と報道されました。今般の報道内容について、本市の考え方と異なる表現や誤解を招く紙面構成となっていたことなど、毎日新聞社に対して、平成26年4月11日付けで下記のとおり本市の見解を申し入れました。http://www.city.kadoma.osaka.jp/news/201404_49.html

簡単にいえば毎日新聞の情報操作。こんなことに一喜一憂する議員がいる門真市の腐れっぷりに笑った。しかも市議会議員が版権を無視して紙面をホームページに掲載するというイカレぶりである。とだっちを支援しているというパナソニック労組は考え直したほうがいい。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事