いつか花咲く頃に。【~千紫万紅~】

読みたい衝動、書きたい衝動。

2014/01/04 21:00 投稿

  • タグ:
  • 創作
  • 只今、執筆中!
  • 読みたい
  • 書きたい
  • デンキノベル
  • ひぐらしのなく頃に
こんばんわ、ユーラです。


(素材提供 kotokoto 様


ゆっくりマイペースで書いてきて、ようやく10記事くらいに
なりましたね。
土台としては20記事くらいは一気に書きたいなぁと思います。

それからここが良かったこの作品で、色んな人の物語を
読ませてもらった感想とか、只今、執筆中!で新作の進捗を
綴ったり。
継続して書いていこうと思ってます。

また企画もちょくちょく立てていこうと思いますので、その時は
専用のタグを作りますね。

ちなみにひぐらし企画の次は、デンキノベルさんの企画考えてますよ(ぉ

それとはまた別に、記事も集まってきたのでそろそろ音声収録
していこうと思います。

実は当初の予定では、音声と文章のセットで更新していく予定でした。
でも、今まで使っていた環境も5年が経つので新調したかったんですね。

だから、新しくオーディオI/F買いました!
だがしかし! 全く理解できずにせっかくの休日が1日終わりました!(笑

マイクの音量が大きく出来なくて泣けてきますorz

うーん、手ごわい。もう少し、いじらないとダメですねぇ。
只今、試行錯誤中ですので音声はもう少々お待ちください。


〇 あなたの「書きたい」は、「読みたい」と同じ。

またまた「あやえもん」さんのお話で、なるほど納得!と思ったので
シェアさせて頂きます。

曰く、あなたが書くお話のジャンルや方向性は、自身の本棚を見れば
一目瞭然である。


はい、見てみて下さい。
あなたの本棚「好き」が詰まってますよね。


例えば今まで、いくつか物語を書いてきたならそのジャンルや方向性は
何かしら影響を受けているものだと思います。
それが顕著なのが、「あなたの本棚」ということですね。

かくいう僕も、これまで4作の短編小説を書いてきました。
そのジャンルは様々ですが、文章の書き方や表現の仕方、会話の方向性
などを改めて自己分析してみると、「僕の本棚」なのです。

つまり、言ってしまうと僕の本棚には童話もあれば、心理学の本、
哲学の本、天体、ラノベやファンタジー文庫、伝記などもあります。

もっと細かくジャンル分けすれば本当に様々なカラーの本が並んで
いるんですよね。

そして、そこから生まれた僕が書いた物語というのはそういう
要素がちらほら見え隠れしてたんです。


今回紹介する、自作短編小説2作目デウス・エクス・マキナ
これのジャンルはずばり、伝奇だったりします。

しかしながら、書き出しは「伝奇っぽくない」そんなプロローグ(笑

それはやっぱり、僕の本棚の別の要素が絡んでいるから、なんですよね。

究極を言ってしまえば……。

僕が「書きたいお話」というのは、「僕が読みたいお話」でもあり。
あなたが描きたいと思った絵は、あなたが見たいと思った絵でもある。


聞いたことがある言葉でしょうか。

「あなた自身が、一番の、あなたの読者でありファンある」

そういうことなのかな、と思います。


〇 僕の書斎を埋め尽くすものは……。

今僕は、このブログではこういう書き方をしていますが、ちょっとした
理由があります。
それはまた後日話すときがきたら詳しく話しますね。

もちろん、もの書きであり読者なので活字は好きです。
こうして改行を多用したり、短文でまとめたりせずに小説のように
流れるような言い回しでひとつの文章を書いたりもします。

何事にも良し悪しはありますから、改行を使ったり文字を大きくしたり
見やすさを重視した方が、読みやすいって人もいるでしょうし。

小説をよく読む人は文字がビッシリですから、その方が読みなれてる分
落ちつくって人もいると思います。


ちなみに僕は、サウンドノベルにすごい影響を受けてるのでゆくゆくは
そういう書き方を好んでいくと思いますよ。

尊敬する人であり書き手としての目標は竜騎士07さんですので。

何十年掛かったとしても、竜騎士さんがおじいちゃんになってても
僕は創作家として階段を上がっていって、いつか同じテーブルで
語り合いたいと思ってます。

もちろん、その前にイベントとかにコッソリお邪魔して物陰から
チラ見しますけどね!(熊沢さんみたいに!)


まだ僕は城を持ってないですが、書斎を作るときが来たならやりたい
ことがあって、その本棚すべてを僕が書いた話、もしくはイラストの
本で埋め尽くします。

こう、ここはユーラ文庫!的な(笑)

そんなことを思ってますよー。


〇 こちらでは新章の突入です!

さてさて、自作短編小説のナンバーでいうと二つ目のお話。

「デウス・エクス・マキナ」略してDEM。

そのプロローグのご案内ですー。

前回の「君色」とは全然違うテイストですよ^^



ではでは、色んな要素盛りだくさんのDEM。

所々に「おや? これは…くすくす」というのが見え隠れします。
それが分かったときはどうぞ、ニヤニヤしてください(笑)

最近、たくさんのいいね!やペタ、コメント・メッセージ
ありがとうございます。

作品の感想など長くなる場合は、感想フォームからでもOKです。

お気軽にユーラに絡んでやってくださいー。

それでは!


ユーラ。

(サムネ素材提供 やの 様)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事