暗黒放送Q ニコニコ動画ブロマガ

国民1人1人を番号で国民を管理する「マイナンバー制度」

2015/05/08 12:20 投稿

  • タグ:
  • 国民
  • 監視
  • ドワンゴ
  • 横山緑
  • 野田総理
  • 朝鮮
  • マイナンバー


2015年10月から各個人にマイナンバーが通知され、2016年1月から番号の利用がスタートします。
政府・与党が、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)について、2018年から金融機関の預金口座に適用する方針。

平成27年10月から、住民票を有する国民の皆様一人一人に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。また、マイナンバーは中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます。
平成27年10月以降、日本国内に一度も住民票をおいたことがなければ、マイナンバーの指定は行われません。
帰国して国内で住民票を作成したときに初めてマイナンバーの指定が行われます。自分のパソコンで所得や納税の記録、年金や介護保険料の支払い状況などを、個別のサイトにいちいちアクセスすることなく、一度でまとめて閲覧することができる

2015年10月より、マイナンバー制度(番号制度)が導入され、国民一人一人にマイナンバーが通知され、施行されていくことになります。マイナンバー制度の導入により私たちの生活はどう変わるのでしょうか。

マイナンバーは、自治体や企業のシステムにバグが絶対ないと、言い難い。一元化するのにシステム構築にかかる費用ってどのくらいなのかな。1億2千万人の管理って想像を超えている。年金番号を一元化した時に、二種類の番号が持つ人が多数でただけに不安。

選管のアルバイトをした人が、個人情報も何もあったものじゃないと言ってた。アルバイトでも簡単に見れる個人情報。こんなのでいいのかなと思ったと。マイナンバーが導入されるともっと細かい個人情報が集約されて、どう運用されるのかわからないよ。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事