自粛ルール守り営業も…いやがらせ相次ぐ

家族や従業員の生活を守るため自粛のルールを守りながら営業を続けている飲食店などがあります。そのような店に対し、さらに、店をやめろなど自粛を迫る、いやがらせ行為が相次いでいます。

神奈川県横浜市にある大盛りグルメが自慢の飲食店。こちらでは、夜営業は午後8時までのテイクアウトのみに変更。激減した売り上げを補うため、やむなく昼営業を続けているといいます。店主の飛田さんが先月29日に見つけたというのが…。

居酒屋バンバン番長・飛田和晃さん「お店をやっているので、こういう中傷の書き込みをされてしまって」

張り紙に黒のペンで書き込まれた「バカ、死ね、潰れろ!」の文字。この店への誹謗中傷はこれだけではありません。先ほどの書き込みを見つけた同じ日に飛田さんが撮影した写真。当日は営業を自粛していましたが、それを知らせる張り紙には「そのまま辞めろ!」と書き込まれていました。

飛田さん「正直、うちも休めればいいが、家族や店の家賃・人件費・経費がかかる。一応、決められたルール内で営業していこうかなと思っていた。そういうのもなしと言われるとつらいですね」

店はゴールデンウイーク中もランチ営業を続ける予定でしたが、2日から休業するということです。

同様の被害は、営業を続ける東京都内の飲食店でも。

煮込蔦八・土屋一史さん「迷惑電話ですね。暴言…何を言っているかわからないような会話の内容」

一日中かかってくる日もあるという迷惑電話。さらに先週、「このような事態でまだ営業しますか」と書かれた紙がシャッターに張られていたといいます。

土屋さん「今、自粛警察と言われるけど、たぶんそういうことだと思う」

緊急事態宣言をかさに店に休業などを強要する、こうした行為をSNSなどでは“自粛警察”とも呼ばれています。“自粛警察”の被害はほかでも。東京都杉並区でバーを経営する村田さん。

高円寺いちよん・村田裕昭さん「僕は自粛警察を自粛したほうがいいと思う」

先月26日、村田さんが店で開催したオンラインライブの配信に携わったのは、歌手と村田さん夫婦のみ。無観客で行われました。当時、配信を知らせる看板を立てていて、そこに…。

村田さん「張り紙がこういう感じで張られていまして」

“ライブを自粛しなければ警察を呼ぶ”という近所の人と名乗る人物からの張り紙。ライブを配信していた約2時間半の間に張られたといいます。

村田さんは事前に都が定めているライブを配信する際のガイドラインを確認。無観客であることや、同時に複数の演奏者を出演させないなどの条件をクリアした上で配信に臨んでいました。

村田さん「とてもむなしいというか…都のガイドラインで認められていても、そういう行為があがるのは世知辛い」

すでに休業している店も被害にあっています。千葉県八千代市にある駄菓子店。子どもとのふれあいが生きがいという店主の村山さん。その子どもたちを守るため、3月末から休業を続けています。しかし、先月末…。

まぼろし堂・村山保子さん「こういうチラシが張られていたんですよ」

何者かが入り口に張ったという赤字、そしてカタカナで書かれた「コドモ アツメルナ オミセ シメロ」などと書かれた紙。

村山さん「怖かったです。普通に書いたあれじゃないような気がする。定規なんかを使って…」

その後、事情を知った警察に、わかりやすい場所に休業中の張り紙をしたほうがいいとアドバイスを受けたといいます。

村山さん「欲求不満みたいなの、みんなありますよね。今の時代ね。乗り越えているのになんでこういうことしなきゃいけないんだろう」