暗黒放送Q ニコニコ動画ブロマガ

マイナンバー制度は、奴隷監視制度

2016/06/08 06:20 投稿

  • タグ:
  • 沢村直樹

「マイナンバー」は悪夢の始まりだ!!!

こんなに管理されるマイナンバー!


・住所
・氏名
・年齢
・顔写真
・電話
・クレジット
・購買履歴
・健康保険
・銀行預金
・電気、水道、ガス
・給与
・各種税金
・納税履歴
・年金履歴
・資格取得
・持病
・医療情報
・ワクチン接種
・産休、育休
・図書館履歴



「全国民に、マイクロチップ埋め込みを義務づける」


オバマ大統領の演説に、心が凍った。背筋が寒くなった。
それは悪夢か?
悪い冗談か?
そう頭から振り払いたくなった。しかし、それは現実だったのだ。


国民皆保険をうたい文句に登場し、二〇一〇年、米国議会で成立したオバマケア。

「米国民は、一部の富裕層しか医療サービスを受けられない」
そういわれてきた米国で、オバマ大統領が「すべての国民に健康保険を!」と演説すれば、誰もが貧困層対策の善政だと思う。
「オバマ、よくやった!」

勘違いして拍手を送る人もいるかもしれない。
しかし、それは隠れみのだった。衣の下から鎧が見える。国民皆保険は、あくまでカモフラージュであり、狙いはまったく別にあった。


それが、アメリカ全国民へのマイクロチップ埋め込みである。
まさに“トロイの木馬”だ。平和の象徴のふりをして、中には凶悪残忍な暗殺隊がひそんでいる。その暗殺隊がマイクロチップだ。


オバマケア法案が成立する一年前の二〇〇九年、奇妙な“事件”が起きている。
サウジアラビアの発明家による“ある発明”が、ドイツ特許庁から特許申請を却下されたのだ。却下理由は、「あまりに非人道的なので、認可できない」というものだった。
それが“キラーチップ”だ。長さは約一センチ、太さは二ミリほど。透明なカプセル状だ。中には、何やら機器めいたものが詰まっている。

その発明内容を知って、私は絶句した。


この細いカプセルの中には超猛毒の青酸カリが封入されている。しかも遠隔操作によって、青酸カリを放出できる機能を備えているのだ。つまり、このチップをターゲットの体内に埋め込んでおけば、いつでもどこでも、スイッチひとつで暗殺できる。


トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション・インポッシブル3』(二〇〇六年)にも、そんな殺人チップが出てきた。チップを頭に埋め込まれた女性工作員が、一瞬で白目をむいて絶命。映画とはいえ、思わず気分が悪くなった。

そんな “殺人兵器”が実在し、特許申請までされていたとは驚愕のひと言である。



そして、申請却下から一年……突然、米国でオバマケア法案が成立した。


その膨大な条文の中には、「全国民に、マイクロチップ埋め込みを義務づける」という一文も存在している。もし国民がこの事実を知ったら、全米は大パニックになるだろう。

私が青ざめたのには、まだ理由がある。法案ではマイクロチップとうたっておきながら、オバマケアで使われるチップは“マイクロ”ではない。いうなれば“メガチップ”だ。

最近のマイクロチップは、別名“パウダーチップ”と呼ばれるほど、きわめて小さい。中には、肉眼ではまったく認識できない“ナノチップ”も存在する。そんなきわめて微細なチップに、GPS機能やメモリ機能を搭載できるのだ。

ならば、長さ一センチもある巨大なチップである必要はまったくない。
いや、ただひとつだけある。それは、チップの中に“何か”を封入する場合だ。
つまりオバマケアは、キラーチップを全国民に埋め込むたくらみではないか?


殺人指令は、人工衛星からの電波で送られる。そして、GPSでつねに位置は特定される。地球上どこにも逃げ場はない。

殺人指令の電波は、それぞれに与えられた“コードナンバー”を入力するだけで発信することができる。“処刑”は瞬時に完了する。
――さて、二〇一五年一〇月、日本の安倍晋三政権は、マイナンバーなる制度をスタートさせる。
このマイナンバーこそが、人工衛星から送られる“処刑電波”のコードナンバーになる。

ここまで読んで苦笑いする人もいるかもしれない。


「それはあまりに被害妄想じゃないの?」

「陰謀論にはまりすぎ!」


私の懸念が杞憂に終われば、それは大いにうれしいことだ。しかし、いくら調べても「オバマチップ=キラーチップ」説を否定する情報は見当たらない。

たとえ毒物による“処刑”はまぬがれたとしよう。しかし、あなたの居場所はGPSが捕捉し、日々の行動はすべてメモリに記録される。将来的には、クレジットカードや運転免許証などの機能も持つようになるという。
つまり、あなたの人生は、何から何まで“かれら”に筒抜けになる。



“かれら”は自分たちが理想とする未来社会を、すでに具体的に示している。一九九二年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された、環境と開発に関する国際連合会議(環境サミット)で公表された“アジェンダ21”だ。
その中身は、戦慄のひと言だ。




・大幅な人口削減
・すべての国家を廃絶
・地球統一国家を樹立
・あらゆる宗教を廃止
・私有財産の禁止、職業選択の禁止
・居住の自由を否定
・教育は最低限とする
・子どもを国家が没収
・反対運動は一切認めない
・あらゆる企業・資源は国家が管理する


人類は、こんな暗黒の未来へと導かれている。「マイナンバー」も、「オバマケア」も、その道程にすぎない。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事