おいなりちゃん(著者) のコメント

おいなりちゃん (著者)
No.65 (2016/09/11 12:39)
>>62
>他人のセンスや個性を批判して、「こっちのほうが良いんじゃないか」と言うのであれば、自ら製作者側になるべきだと・・・

 さすがにここまで言うのだったら、何か代わりのものを提案しないとだめかなと思って「こっちのほうが良いのではないか?」と書きました。なので、私が正しい!と言いたいわけではありません。ささやかな提案として受け取って頂けたらありがたいです。


 「批判するなら製作者に回るべきでは?」という表現について延々くりかえされている話についてさらに言うと、ミュージシャンの小沢健二があることを言っています。ズレた意味にしたくないので引用になります。
《医者に通っていてなかなか治らないとします。患者は文句を言います。「まだ痛いんですよ!それどころか、痛みがひどくなってます!他の治療法はないんでしょうか?」と。それに対して医者が「他の治療法?どんな治療法があるか、案を出してみろ!出せないだろう?なら黙って俺の治療法に従え!」と言ったら、どう思いますか?
 音楽では、楽器も弾けない人に「あのアルバムは駄作だ!」なんて批判されるのは普通です。それに対して僕らが「じゃあ対案は何だ?言ってみろ!お前が良いアルバムを作れないなら、黙ってろ!」とやり返すことがあるでしょうか?
そんなことをするのは、よっぽど才能のない人だけだと思います。》

 あと、莫大な批判を受けることがある人気商売は莫大な支持を得る可能性があります。莫大な支持とは、名誉だけでなくお金の面でもそうです。表現者は批判を折り込み済みでやっているので、何か言うこと自体は悪いことではないと考えます。

このコメントは以下の記事についています