おいなりちゃん(著者) のコメント

おいなりちゃん (著者)
No.61 (2016/09/11 03:09)
>>54
 音楽たいして議論を重ねて、時間をかけるのは良いと思います。しかし、その音楽が実際に映像にくっついたとき、バランスとしていいのかどうかの議論を重ねたかは私は疑問に思いました。
 緋猫さんのおっしゃる話では新海誠自身が密接に音楽の製作にかかわったようですね。映画として良い音楽ではなく音楽として良い音楽を追求してしまったのではないでしょうか?
  作家が製作に関わってるんだからバランスを間違えるわけない!と思いますが、作家は意外に間違えると考えます。

 たとえば、「天国の門」という映画があります。世紀の大赤字といわれています。描きたいことが膨らみすぎて5時間の映画に仕上げてしまい、これでは上映できないと云われて2時間くらいに編集したのですが、それでも監督はかけた大資金と時間と作品に思い入れがありすぎて上手く編集できずに仕上げました。

 ラッドウィンプスが悪いというか、歌は抜群に良いです。ただ、劇中でここぞという場面で(後半で)流されるラッドウィンプスの歌は強すぎて作品のバランスを相当欠いていないか?ということです。

このコメントは以下の記事についています