おいなりちゃん(著者) のコメント

おいなりちゃん (著者)
No.60 (2016/09/11 03:05)
>>54
>RADWIMPSはこの作品のために1年かけてアルバムを収録しました。新海監督が選んで、RADと綿密なやり取りをして完成させたものです。なぜRADWIMPSが悪いということになるのでしょうか。
これは私なりに回答させて下さい。少々長くなって申し訳ありません。
作品は結果です。おっしゃっている事はとても分かります。しかし、それは製作「過程」ではないでしょうか。製作に苦労したしよく検討も重ねているから、作品に合わないわけがないというのは私は少々ちがう意見をもっています。

結論をいうと、作家は思い入れがあると作品のバランスを失うことがある、と私は考えます。

確かに楽曲の製作のやり取りを1年もやっていたことはしりませんでしたし、確かに時間をかければ良いものが作れる事もあると思います。
 ただ、映画は総合てきな芸術です。何かを前出すなら何かを引っ込める必要があります。たとえば2時間の映画に最初から最後までアッパーな音楽が鳴り続けてもいいはずです。それをしないのは、ここぞというときに音楽を鳴らす方が気持ちが高ぶる事をわかっているからです。
映画は画面構成があり、役者がいて、セリフがあって、服装があって、音楽があります。情報量がとんでもなく多いです。それを場面ごとに出し入れして上手くバランスを作ることで一本の作品の良質な作品ができると思います。 (続く↓)

このコメントは以下の記事についています