おいなりちゃん(著者) のコメント

おいなりちゃん (著者)
No.51 (2016/09/10 23:57)
>>37
「成長と別れ」は新海誠の作品の核なんですね。教えてくださってありがとうございます。ありがたいです。そのお話を引き受けるなら、「恋愛は成就しない」というのが新海誠の美学なんしょうね。同じ映像作家でいえばアカデミー賞常連のウディ・アレンや絶望展開の監督ラースフォントリアーがそうですね。
 新海誠を追っていない私ですが「最後それでいいのか、新海」と思いました。最後の出会いから「君の名は?」までしっかり描ききってしまったのは一般客に対してサービスなんでしょうね。私はそこは客の想像力を信じて2人がすれ違って振り向いてパッと終わる方がいいと思いました。余韻が残るからです。この後2人は「君の名は?」って言ったんだろうなと想像できるからです。(その場合なら最後にタイトル出しても良いですね)。

このコメントは以下の記事についています