おいなりちゃん(著者) のコメント

おいなりちゃん (著者)
No.10 (2016/09/10 02:18)
 一貫して恋愛映画はわかります。しかし、それなら父親との確執を大きく描きすぎだと感じます。恋愛の物語で親問題を見せるなら解決も見せるべきだと思いました。 
 伏線というなら、ミツハは町長に特別な説得をしなければならないということはありました。たとえば、町長は子供をおいて家を出て行ったり伝統を嫌っていたり選挙で票集めをしてる様がありました。ここまで悪者に描くのは理由があるはずです。私が思うには、町長は「情」で動く人間では決してない、事を示したかったのではないかと思います。説得するにはとんでもなく大きなハードルがあることの暗示です。視聴者は「…説得むりだろ」と思います。ミツハはどんな説得をしてそれを超えていくんだろう? と期待が上がっていきます。しかし劇中では、説得がまるっとスルーされています。
 全てを描写しろと言うわけではありません。それならば執拗に町長の情の無さを描写する必要はなかったのではないかと思いました。

このコメントは以下の記事についています