yukieijiのメモ代わりブロマガ

GregTech6 ChangeLog日本語訳(ver6.09.00~ver6.09.09 翻訳完了)

2018/10/08 20:39 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • minecraft
  • GregTech
  • Greg6
  • 工業化MOD
  • GregTech6
日本語wikiが機能してないのでメモ代わりに、新しいのから翻訳していくので遅れるかも
※自身の英語力とGoogle先生を使ったガバガバ日本語訳です(意訳込)、変なところ有ったらコメントで
他のサイトに引用する場合はコメントで一言ください
下記サイトのChangeLogを引用
http://gregtech.overminddl1.com/com/gregoriust/gregtech/changelog/#Changelog

2018/10/08:ver6.09.04まで翻訳

6.09.00:
[ノート]GregTech6は今からgit.gregtech.overminddl1.comオープンソース(LGPL v3)になりました。心配しないでください、私はまだ自分自身でGregTech6の開発に取り組みます、これは単なるアップグレードです。:D
[ノート]QwerTechGregTech Weapons WorksのようなGT6アドオンのいくつかは、このバージョンで作業するために再コンパイルする必要があります。
[弊害]IC2のサウンドは現在オープンソースになっていないため利用できず、IC2は明らかにオープンソースではありません 。(私はそれらのサウンドファイルをコピーしなければならなかったので、それら明らかに物事を適切にする気にしなかったからです)
[弊害と後に修正予定]WAILAは何故か私のブロックの名前を表示できなくなりました。 WAILA APIは新しいDev環境の中にあるからです。WAILA互換性をまったく行っていないためです。
[向上]一般的なパフォーマンスを向上、 私は古いコードを1つ保っていてそれはスピードとRAMをたくさん破壊しましたが今はそれを修正しました
[修正]大量のタイピングが必要だった膨大な量のマイナーなバグを修正
[修正]一括伐採は今から全体的に機能します、エーテル(Aether)で木を破壊したときも。注意してください。これはエーテル(Aether)の木を一括伐採できるという別の問題とは関係ありません。
[追加]私が私自身で自作したレンチとドライバーの音を追加

6.09.01:
[ノート]ブランチされたデベロッパー環境の問題が修正されましたが、しかしいくつかの環境はオープンになってます
OvermindDL1は私がベッドに行く前に開発環境を修正したため、私は目が覚めた後に通常働くのでちょっと固まった。(タイムゾーンがずれているため)
そして、私が正しく働くには一定のものを修正する必要があります。そうでなければ、私はちょっと精神的に来てしまいします
[修正]WAILAブロック名を修正、後でより良くする必要があります。
[修正]木の登録(Wood Registry)は多くの方法を台無しにした問題の修正。 そのためにたくさんのレシピが機能しませんでした。
[変更]ウッドドレインは(WoodDrain)は雨が降っている間に水を100倍多く生成するように変更
[変更]Railcraftの木製の枕木(Wooden Ties)はクレオソートですでに処理済みの半ブロック(Immersive EngineeringまたはGregTechのいずれか)を2度にバス(Bath)で処理することで作成できるようになりました。 これはまた今より効率的であり、木の半ブロックを防水半ブロックにすることを可能にする。
[追加]エレバスのウッド(Erebus Wood)は木の登録(Wood Registry)に登録されます
[追加]黄昏の森のマジカルウッドは(Twilight Magical Wood)は木の登録(Wood Registry)に登録されます。しかし、これらの4つの木は本当に珍しいため、余分な梁(Beam)と木材のブロックに値するものではないため、私はそれにバニラの梁(Beam)だけを与えました。
[追加]シムマーウッド(Shimmerwood)、グレートウッド(Greatwood)、シルバーウッド(Silverwood)製のアイテムと流体バレルを追加

6.09.02:
[ノート]新しいビルドシステムはテスト中ですが、このバージョンは新しいビルド方法でリリースされています。
[修正] WAILAブロック名とThaumometerスキャンを修正、正しく機能しなかった愚かな理由を見つけたので、私は以前から私の暫定的な修正を取り除くことができました。
[変更]デバッグコンフィグをクライアントサイドへ変更しました
[変更]サポーターリストは今更新するにはビッチにはなりません。 今ではコードファイルの代わりに通常のテキストファイルだけを変更する必要があります。

6.09.03:
[互換性向上]Botaniaのペイントスリンガーのマナレンズ(ManaLens:Paintslinger)はGregTech6のタイルエンティティを染色できるようになりました
[互換性向上]Biomes o'Plentyの木と竹MOD(BambooMod)の桜の木は木の登録(Wood Registry)に対応しました。桜の木材はショベル(Shelves)などに使えるようになりました
[修正]Dynamic Trees'sの木を一括伐採したとき木の量が二倍になる不具合の修正、私の最後からの破壊速度が遅くなることは取り除かました
[修正]Better Beginningsのクラフティングレシピが木材の鉱石辞書を使用していない問題の修正、バニラの6種類の木材だけを使用できました
[修正]いくつかのレシピを修正
[変更]レンチ(Wrench)とドライバー(Driver)は、テンポ、ピッチ、エコーに関して少し変更
[変更]バニラのゾンビがマテリアル辞書(Material Dictionaries)を落とすように変更
[変更]液体/ガスのバーニングボックス(Liquid BurningBox/Gass BurningBox)は実際に燃料がなくなったとき(他の方法でオフになっているときは除く)、いつでも25チックのクールダウンを持つように変更。このクールダウン中に新しい燃料が追加されたときはいつでも、たとえ燃料が異なるタイプであっても自動的に着火するように変更
[変更]バール(Crowbar)に加えてスクリュードライバーを使ってGregTech6のクレート(Crate)を開くこともできます(耐久力消費は劣ります)、それだけではなく空のクレート(Crate)にアイテムを戻すこともできます。(私が最初に作ったときに空の箱がなかったので追加しました、なぜそれを忘れていたのか)
[追加]インジェクター(Injector)を使ってグラビタイトの宝石(Gravitite Gems)とダスト(Gravitite Dust)をエンチャンテッドグラビテイト(Enchanted Gravitite)に変える方法を追加、そのため、それはインジェクター(Injector)の代わりにマジックインフューザー(Magic Infuser)になります。
[追加]スカイルートのアイテムバレル(Skyroot ItemBarrel)と流体バレル(Skyroot FluidBarrel)は、それらのステータスの防水ウッドバレル(Treated Wood Barrels)に似ています
[追加]ドラコニウム(Draconium)、魔導金属(Thaumium)、マナスチール(Manasteel)、ガイア(Gaia)、サイラモライト(Syrmorite)のドラム缶(Drum)を追加、また沢山のカプセルセルコンテナのマテリアルの追加されした
[追加]みんなが好きなMekanismのオスミウム(Osmium)の「偽のオスミウム(Fake Osmium)」アイテムパイプなど、アイテムパイプ(Item Pipe)と流体パイプ(Fluid Pipe)のマテリアルを多様化
[追加]Et Futurumのような草の道ですが、Biomes o'PlentyとAetherとよく似ている草の道(Grass Path)を追加
歩くスピードを若干(アスファルト(Asphalt)未満)早くします。そして、不透過ブロックを上においた場合は破壊しなくても大丈夫です
古いEt Futurumの草の道(Grass Paths)は歩行速度計算の直前にGT6の物を歩くとGT6に変わります。そのため移動速度のボーナスも最小限に抑えられます。
また、Mobsはこれらのパスにスポーンすることもできません。

6.09.04:
[追加]ローテーションユニット(Rotational Units)(RU)を伝達できる軸(Axles)の追加
RUの伝達に減衰は存在ません(距離によって減衰を考える必要があります)
軸という名前の通り、真っ直ぐ伝達させることは簡単です。万が一視覚的に軸を曲げることができてしまった場合はバグってしまいます(曲げた場所にRUを伝達することはできません)
ギアボックス(GearBox)はまだ実装されておらず、実装にどれくらい時間がかかるかもわかりません。次の変更履歴をよく確認してください
[追加]ライトプリズマリン(Light Prismarine)とダークプリズムマリン(Dark Prismarine)の岩のタイプ(Rock Type)
これらすべての岩のタイプを含め、花崗岩、コマチライト(Komatiite)などのような通常の岩の種類があります。そして、それに明るく暗いプリズムマテリアルを使って2種類のタイプが追加されます
これよりGregTech6のダンジョンの素材のとして生成されます

6.09.05:
[修正]バニラのクワであれた土(Coarse Dirt)とポドゾル(Podzol)が作れていた不具合の修正
[修正]ベリーブッシュ(Berry Bushes)は、スポーン時の最初のティック中にそれ自身に積もった雪を自動的に除去します
[修正]ブロックのレンチ(Wrench)またはカバー(Cover)のオーバーレイの線の色がより見やすく修正、消えることもなくなりました
[変更]今から軸(Axles)はルーチンティングを開始してからエネルギーの1ポケットを消費するようになります
したがって、動力から機械までの軸が多いほど、機械の起動により多くのエネルギーが必要になります。
軸が受けきれる動力の限界を超えた場合、消滅ではなく床にドロップするようになります
[追加]カスタムギアボックス(CustomGearbox)の追加
インベントリに通常サイズのギアを入れた状態でカスタムギアボックスの側面にレンチを使用することでギアを入れることができます。
ギアが入ったギアボックス同士が隣接すると自動で連動しますが、実世界と同様に間違って連動してしまう場合もあります。
軸はギアボックス自体が詰まっている場合でも、安全ベアリングを介して接続されているため、常に回転します(RUを消費するということだと思われ)
ギアボックス同士が連動するためギアボックスのみを使用して動力を伝達することは可能です。しかし、各ティアの軸よりギアボックスの方がコストが高く、また、伝達するためのギアも必要になります。
ギアボックスが受けきれる動力の限界を超えて壊れた場合、セットされていたギアの1つだけがスクラップ、残りすべてのギアがそのままアイテムとしてドロップし、内部の軸がリセットされます。

6.09.06:
[修正]事故でスクリュードライバ(Screwdriver)のレシピが軸(Axles)のレシピで上書きされていた問題を修正
[修正]ギアボックス(Gearbox)と軸(Axles)が彩色可能ではなかった不具合の修正、誤って間違ったRGBカラーを取得していたのが原因です
[修正]ギアボックス(Gearbox)をリサイクルする際に、そのギアボックス(Gearbox)に含まれていたギアがリサイクルする材料のカウントに含まれていない不具合の修正
[追加]基本機械内に搬入されている液体の合計値を取得するギブルオーメーター(Gibbl-O-Meter)の追加
[追加]レンチ(Wrench)のオーバーレイ表示でギアボックス(Gearbox)にセットされたギアを見れるように
[追加]変速ギアボックス(Transformer Gearbox)の追加、変圧器のように動作します。5つの入力で1つの出力です、それは遊星歯車機構です

6.09.07:
[変更]Betweenlandsの素材で作成されていないGregTechツールはBetweenlandsでブロックを破壊するときに4倍の耐久力を消費します
[変更]ギアボックス(Gearbox)にギアをセットする際、機械が向いている方向にギアがセットされずレンチのクリックで選択した方向を使用します
[変更]ギアボックス(Gearbox)はすべての方向にエネルギーを均等に分割し、絶対速度が一致している限り複数の方向からエネルギーを入力できるように変更。ノート:複数の機械にエネルギーを均等に分割する場合は複数のギアボックスを使用して木構造にする必要があります
[変更]ふるいテーブル(Sifting Table)は右クリックをせずとも動作するように変更。つまり、アイテムをふるいにかけながらチャットをすることができます。ですが、動作させ続けるには近くに居る必要があり他のブロックを右クリックすることはできません。
[追加]チタン(Titanium)のより耐久性があるゴールドチタン(Titanium-Gold)の追加
[追加]RU(Rotational Units)をKU(Kinetic Units)に変換するエンジン変換器(Converter Engine)の追加、出力面を2つを持つ電磁石(Electromagnet)とほぼ同じように動作しますが入力がRUで出力がKUとなっています

6.09.08:
[変更]木製およびブロンズ製のギアボックス(Gearbox)を作成する際、種油(Seed Oil)などの植物油を使用できるように変更
[追加]チェイン(Chain)を追加、現在はほとんど役に立たないです。 これよりQwertechはこれを追加する必要がなくなりました。
[追加]インゴットをダブルインゴットやプレートなどに加工するための金床(Anvil)を追加
これよりダブルインゴットなどはクラフティングレシピは削除され、代わりに金床に1つか2つのアイテムを設置してハンマーを使用して作成します。
初期ゲーム用の石製と花崗岩製、更に様々な金属製の金床が存在します。
金床に使用される素材によって耐久力は決定され、耐久力の高い素材を使用して金床を使用することによって、壊れてスクラップになるまでに多数の素材を加工できます
この金床はバニラの金床のように重力の影響を受けず落下しません。他人をぺしゃんこにしたいならバニラの金床を使用してください
また、バニラの金床のように名前変更機能やエンチャントの機能などは存在しません

6.09.09
[ノート]デフォルトコンフィグパックを更新し、Enhanced Biomesの地下関連のワールド生成を再び無効化しました
[互換性追加]などのVoltzベースとのModとの互換性を追加、おそらくMekanism(テストはしていません)との互換性も。それらは適切なエネルギー比(1EU = 10J)でGT6のEUを受け取ることが可能になりました。1024EU/t以下のEUパケットのみ受け取れることを忘れないでください。また、Galacticraftの機械の様に、常に動作するものに対して超低電圧(ULV)を使用しないことは無駄な事です :)
[互換性追加]Enhanced Biomesは岩のタイプ(Rock Type)、木、バイオームなど、互換性のあるすべての項目についてチェックされるように変更
[弊害と後に修正予定]木が空に浮いて生成されたので、次のバージョンで修正しました。
[変更]マナバーストでGT6機械を着色するためにスリンガーレンズ(Slinger Lens)を着色する必要がなくなりました
[追加]レッドストーン(Redstone)やラピスラズリ(Lapis)などの鉱石倍化は、マテリアルコンフィグ(Material Config)で変更できるようになりました。
[追加]半ブロック(Slab)と階段(Stair)を作成するために、斧(Axe)をのこぎり(Saw)のように使用できるようになりました。
[追加]金床(Anvil)の上面ではなく側面を叩くことで曲げシリンダー(Bending Cylinder)として使用できるようになりました


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事