yukieijiのメモ代わりブロマガ

GregTech6 ChangeLog日本語訳(ver 6.03.26~6.03.42) 翻訳完了

2016/10/15 18:32 投稿

  • タグ:
  • minecraft
  • GregTech
  • Greg6
  • 工業化MOD
  • GregTech6
日本語wikiが機能してないのでメモ代わりに、新しいのから翻訳していくので遅れるかも
※自身の英語力とGoogle先生を使ったガバガバ日本語訳です(意訳込)、変なところ有ったらコメントで
他のサイトに引用する場合はコメントで一言ください
下記サイトのChangeLogを引用
http://gregtech.overminddl1.com/com/gregoriust/gregtech/changelog/#Changelog

2016/12/25 ver6.03.41がリリースされたので追加分を翻訳
2017/01/06 ver6.04.00がリリースされたので別ページで翻訳
2017/03/28 一部修正

6.03.26:
[忍者修正] 金庫が爆破されて破壊された時、他のものとは異なり内部のアイテムを保持したようになります
[修正] 電気ツール(Electric Tools)をクラフトに使うときのツールチップの量を修正
[変更] レプリケーター(Replicator)で粉(Dust)代わりにプレート(Plates)と宝石(Gems)を選べれる時のインゴット出力(Output Ingots)を上方修正します, (レッドストーン(Redstone)、グロウストーン(Glowstone)、ニコライト(Nikolite)、テスラタイト(Teslatite)、エレクトロタイン(Electrotine)は除く).また、インゴットより上に結晶化シリコン(Crystalline Silicon)、赤石合金(RedstoneAlloy)、プレート(Plates)も上方修正します
※ココらへん何言ってるかわからなかった
[追加] マッチ(Match)がクラフトできるようになります、マッチボックス(Matchboxes)は64個持て、それぞれにマッチ(Match)16本を入れることができます。
[追加]グリセリン(Glyceryl)のレシピを追加します。ダイナマイト(Dynamite)を作れるようにするためです。
[追加] NEI(NotEnoughItems)のレシピリストにレプリケーター(Replicator)で作れる物を追加します、253個の異なるアイテムが複製可能になってるよ
[追加]リモートアクティベーター(Remote Activator)の追加、16個の座標を記録でき、128m離れてもただ右クリックするだけで起動できます(座標の切り替えはスニーク右クリックで可能)、ダイナマイト(Dynamite)とアドバンスドボタン(Advanced Buttons)だけしか使えない
[
追加] GregTech UUM システム(GT UUM System)を経由して新しい物質を作れるようにするかも
そしてもちろんのこと、私はすべて手作業で素材にタグ(Tag)を追加しました。そこに意図しないようなレシピは無いです. 原木(Wood),プラスチック(Plastic), ゴム(Rubber), 水/雪/氷(Water/Snow/Ice),火薬(Gunpowder),硝石(Saltpeter), リン酸塩(Phosphates),アパタイト(Apatite),塩(Salts),幾つかの化学薬品(Several Chemicals),合金(Alloys)は複製可能です、ほとんどの宝石(Gems)なども可能です
私は決して鉱石(Ore)やロックタイプ(Rock Types)のものは複製可能にしなかった、そしてまた溶岩や黒曜石も、しかし、レッドストーン(RedStone)、ニコライト(Nikolite)、テスラタイト(Teslatite)、エレクトロタイン(Electrotine)、ラピスラズリ(Lapis)を複製可能にする必要はあった、時々四捨五入の関係で混合物(Compound Materials)はそれぞれを処理して得られる量より少なくなるよ。
この方針を変えることはないよ
[追加]ダイナマイト スティック(Dynamite Sticks)
この爆発で破壊したアイテムは100%ドロップ
3x3x3の範囲を爆発させるよ、ドリル(Hand Drill)で掘って発破する場合は1M毎に掘って配置する
爆発させるには火打ち石/ライター(Flint&Tinder/Lighter)で着火させるか、レッドストーン入力が必要
[追加] 電気手ドリル(Electric Hand Drill) (掘るツールじゃない).
ロボットアームドリル(Robot Arm Drill)をクラフトするための素材
ダイナマイト スティック(Dynamite Sticks)を自然の岩や鉱石(Rocks and Ores)に設置できます


6.03.27:
[ノート]このアップデートのメイン部分は最適化アップデートです。それが顕著に出るかどうかは私は知りません。まだ何かをするのに十分なやる気があるにもかかわらずいい考えが私にない時、私は常に物事を最適化します
[向上] ロード時間をほんの僅か短縮させます、本当にわずかだけ。少なくともRAMの使用率を下げてくれるでしょう(私が計算した結果だと20~40MBのRAM削減効果があったよ、しかしこのとおりとは限らない)
私はそれに関するいくつかと言うより多くの事を最適化しました。私が想像した結果よりと違った理由はわからないけど、FPSが少し向上します
[追加] 1/72に分割した粉(1/72nd of a Pile of Dust)を追加、もちろん今から作れます。例えばボルトと一緒に旋盤内に入れるとネジを作ることができます。それが私が1/72の粉の柱を選んだ理由です
[追加]ガスバーニングボックス(Gas Burning Box)の追加。液体バーニングボックスのような物だけど、ガスで燃えます

[追加]虫眼鏡(Magnifying Glass)は基本機械(Basic Machines)に対してディスプレイモード(display Modes)として働きます
[追加]スライサー(The Slicer)の追加。それはちょっとGregTech5の古いようなものです。私はそれ用のいくつかのより多くの図形(Shape)を追加しました。

6.03.28:
[忍者修正]ワイヤー(Wires)が一定時間燃えるようにします、追加の炎上防止を逆算するためです、バーンカウンタ(Burn Counter)が限界値に達した、結果すべてのワイヤーが燃える様にするため、私は1バイトまでの正から負になる浮動小数点演算を数えました
[ノート]私が何をやったのか特定できないけど、私はGregのタイルエンティティ(my TileEntities)(コンパレータ(comparator)のインベントリスキャン(inventory scanning)のみに使われていたもの)から何かしらバニラ(ome vanilla function)の機能を取り除きました
幾つかの理由より私のクライアント(my Client)では極めてFPSが向上しました、RAMの使用率もそこまで急激に増えなくなり、2.5~4GB使ってものが1~2GBまでになりました
[修正]流体フィルターメカニック(Fluid Filter Mechanics)がMODを追加もしくは更新時にワールドをリロードすると開始しないように(私が液体を追加した時のGregTech自体も含みます)
私が誤って流体名の代わりに流体IDを保存してしまった
[変更]かまど(Furnace)で原木(Wood)を精錬して木炭(Charcoal)を制作するレシピをデフォルトで消去します
[追加]コークス炉(Coke Oven)を追加
レシピはレールクラフトのコークス炉(Railcraft Coke Oven)とは別です. それは洗浄することをオンにでき、石炭鉱石を直接コークスに精錬することが可能になります
コークス炉(Coke Oven)が処理を開始するには火打ち石(Flint&Tinter),ライター(Lighter) もしくは点火ブロック(Igniter Block)が必要です。そして、原木/石炭(Logs/Coal)が尽きれば止まります。
メインブロック(Main Block)を別として (基本機械(Basic Machine)と同じように正確に動作します)、そのレンガはそれぞれ動作しないようにします、それらがサーバーのラグにならないようにします。(多分メインブロック以外情報を保持しないってことだと思う)
ファイアーレンガ(Fire Bricks)は装飾可能でカバーをつけることができます。ほとんど機能を追加するカバーは動いてない時に取り付けることが可能です、エクステンダー(Extenders)をファイアーレンガに置いたりエクステンダーを使って機能的なカバーを付けないかぎりね、エクステンダーとして動作します、ファイアーレンガとは異なり
ファイアーレンガは(Fire Bricks)4つのクレイダスト(4 Clay Dust)を混合させた(モルタル(mortar)とかを使って) 4つのクレイブリックス(4 Clay Bricks)と水バケツ(木製のバケツでもおk)で作れます。そしてメインブロック(Main Block)は1つのファイアーレンガ(1 Fire Bricks Block)と1つのスチールプレート(1 Steel Plate)と3つのスチールロッド(3 Steel Rods)と2つのスチールスクリュー(2 Steel Screws)とハンマー(Hammer)とスクリュードライバー(Screwdriver)で製作可能です。
もし機械の一部がチャンクロードのエリア外にありそれが前から無傷だった場合、完了するまでの処理が不完全になる、しかし、そのブロックの周囲が自動で正しくロードされていることを確認するのでそんなことにはならない。
このブロックのクレオソートタンク(Creosote)を満杯にするために64個の石炭(64 Coal)もしくは128個の原木(128Logs)が必要になります。


6.03.29:
[修正]ブレイズロッドでるつぼの鋳型が作れる不具合
[変更]コークス炉(Coke Oven)が下3×3のブロックの底から液体を搬出できるようになります、 その結果クレオソート(Creosote)を搬出するのにポンプカバー(Pump Covers)が要らなくなります
[変更]いくつかの鉱石処理ステップ時間を短縮、それによって、その総エネルギー使用量が少なくなりました
[追加]リグナイトコールコーク(Lignite Coal Coke)を追加。コークス炉で作れます。これは通常の石炭より多くのクレオソートオイル(Creosote Oil)を生産することが可能です
[追加]クレオソートオイル(Creosote Oil)を木製バケツ(Wooden Bucket)で汲めるように
[追加]松明(Touch)のレシピを沢山追加
[追加]今は使えないけど将来マルチブロックのためにヒートアクセプタパーツ(Heat Acceptor Part)を追加
[追加]巨大なマルチブロック遠心分離器(Large Centrifuge Multiblock)(3x3x2) を追加
512~4096RUの間で入力を受付ます
効率は通常50%のペナルティがあります
しかし、オーバークロックすることによってペナルティを完全に削除できます

6.03.30:
[忍者修正]私がプリフィックスブロック(Prefix Blocks)で行った変更によるワールドフリーズの修正
[忍者修正] いくつかのレシピのための小さな物質量(Material Amount)の問題修正
[修正] マルチブロックはこのバージョンからすべて天候変化の影響を受けなくなります。コントローラーブロック(Controller Block)が天気の影響を受けたケースがありました。
[修正] 幾つかのエクストルーダー(Extruder)を使ったレシピの生産物を四捨五入するよう修正

[修正]ファイアレンガが別のクライアントを認識した時、きちんと動作を行うように
[変更]巨大遠心分離器(Large Centrifuge)を作るのに使っていた一般的なマシンケース( regular Casings)の代わりに四重マシンケース(Quadruple Casings)を使うように。またヒートアクセプタ(Heat Acceptor)はタングステン(Tungsten)の代わりにインバー(Invar)を使うように
[追加]コンフィグに特定のIC2マシンのレシピやGregTechの追加を無効化する項目を追加
[追加]プラスチックライター(Plastic Lighter)の追加、別名BIC。またこのバージョンより3種類すべてのライターがBCの燃料の代わりにプロパン/ブタンで充填されます
[追加]アスファルトブロック(Asphalt Blocks)の追加、これは古いGregTech5のコンクリートブロックと同じ移動速度上昇が得られます。新しく作られたアスファルトブロックの色のデフォルトはグレー(Glay)です。もちろん、歩道とか何かを作りたい人向けにアスファルト半ブロック(Asphalt Slabs)もあります

[追加]蒸留塔(Distillation Tower)の追加、石油(Oil)から幾つかの種類の燃料(Fuel), プラスチック(Plastic),アスファルト(Asphalt)、固形パラフィン(Parrafin Wax)などを精製できます
3x3のヒートアクセプタ(Heat Acceptors)のベース(以前のバージョンよりコストが安くなってるから、作り置きしないでください!)、そのうち全てにHUを発生させる機械を置く必要はありません、たった1つのヒーター(Heater)もしくはバーニングボックス(BurningBox)で十分です。アクセプターが熱を横方向にも動作しているのを想像してみてください。:P
と3x3x8の蒸留塔のハル(Distillation Tower Hulls)が必要です, ホローじゃないよ. それのコストはあなたが想像するよりも安いですが、ステンレス鋼(Stainless Steel)が必要です。
液体の搬出は出力孔の高さに依存します。すべての8つの出力孔は背面にあります(コントローラーの反対側です)
はじめの6つの孔は(上から数えて)プロパン(Propane)、ブタン(Butane)、ガソリン(Petrol)、灯油(Kerosene)、ディーゼル燃料(Diesel)、BCの燃料などの専用出力孔です(それらはすべてほぼ同じ量です)
底のほとんどの穴は固形物のためのものであり、残りの穴はすべての重い液体のためのものであり、現在では潤滑油(Lubricant)のためだけである
アイテム/流体の搬入は蒸留塔の底層にあります。ヒートアクセプタではないですよ。それは単に蒸留塔の底のことです。
それを作るためのレシピには回路(Circuit)はないです、基盤のためのプラスチック(Plastic)を得るためには、このこの蒸留塔が必要になるからです(一時的な製錬レシピである二酸化シリコン(Silicon Dioxide)を精錬して基盤(Circuit Boards)にするレシピを削除しました).

6.03.31:
[修正]エクストルーダーシェイプ(Extruder Shape)用途でGUIを開いた時、NEIでエクストルーダーのレシピを読み込んでしまう問題
[修正]ノンティッキングタイルエンティティ(non-ticking TileEntities)が配置された後、他の人のクライアントと同期せず。それらがロードされなくなったり再ロード、再リロードされるまでゴーストブロック(Ghost Blocks)になります。そして私はTE(サーマルエキスパンション)のオートノモスアクティベーター(Autonomous Activators)を使ってシングルプレイでテストする方法を見つけました。だから本当に修正されたと断言します
[変更]プロパンとブタンの蒸留塔における搬出口を順序正しいように変更
[追加]3つの新しいエクストルーダーシェイプ(Extruder Shapes)。それは小さなギア(Small Gears), 通常サイズのロッド(regular sized Rods)そして、カーブドプレート(curved Plates)です。 すべてのエクストルーダーシェイプレシピは(プレート(Plate)/インゴット(Ingot)/カーブドプレート(curved Plates)を除く)は、そのために2ステージシステムに変更されました。

6.03.32:(バグがあるので使用非推奨)
[修正]1ブロックタイプのパイプカバー(Fullblock Pipes Cover)のレンダリング問題
[修正]ゲルマニウム(Germanium)とセリウム(Cerium)が今からカラーが割り当てられ、NEIで表示されるように修正
[修正]電動工具(Electric Tools)がハル(Hulls)に必要な適切なハンドル素材(Handle Material)を使用していない問題、特定のツールを作ることができない人がクレームをだしたのも不思議ではありません...
[修正]木製のパイプ(Wooden Pipes ※Greg製のものを指します)は半防火(密閉された木材(Sealed Wood)やアイアンウッド(Ironwood Stuff)のものと同じです)と安価なGTチェストなどの木製品にも使用できるように修正。 それはあなたが報告するために得るものです。 XD
[変更]蒸留塔の固形物精製が通常の粉(normal Dusts)から小さいな粉(Tiny Dusts)に変更、普通の粉を作るのに9回必要になる弱体化です(あまりにも多くの精製だった)
[追加]粘着ピストン(Sticky Pistons)やリーシュ(Leashes)のCraftに使用できる接着剤のボトルのための何らかの接着剤のサポートを追加
[追加]ドレインカバー(Drain Cover)の追加
パイプ(Pipe)を使う場合、パイプがレンチ(Wrench)によって接続されていなくても機能します(見た目が汚いため)
それの前に堅い壁がある場合、雨を正面から収集することもできます。
ドレインカバーは重力を無視して、液体のブロックを回収できます。
[追加]木製タンク(Wooden Tank)の追加
RailCraftのものとは違って、見た目は石製ではなく木製ですがピッケルで撤去する必要があり、何も無いところから水を生成することもできませんその機能はドレインカバーにあるため
3x3x3の木製壁(Wood Walls)で囲めば作ることができます(これらは部分的にはスチール製です!)
BuildCraft(BC)タンクと同様に432000Lまたは432バケットを保持することができ、1ブロックあたり16バケットを保持できます
それは密閉されたシーリッドウッド(Sealed Wood)とスチール(Steel)で製作可能です
このタンクには温度限界があります。だから溶岩などを入れて焼かないでください。
重力に反しないかぎり、メインブロック(Main Block)から自動搬出することが可能です
虫眼鏡を使用しすると流体が内部にあるかどうかを確認します。私は流体(Fluids)をレンダリングするときに、あまりにも多くのグラフィックス問題を望んでないです
BCのタンクと同様にタンクを積み重ねることができます。
内部にスチームを保管しないでください、それは無効になります! (スチームは保管しないほうがいいです、そして私はGregTechのタンクすべてでその方法を進めます)
これは木製なので延焼します
[追加]金属タンク(Metal Tanks)
3x3x3のステンレス鋼の壁(Stainless Steel Walls)、タングステン鋼(Tungstensteel Walls)またはタングステンの壁(Tungsten Walls) で囲んで作ることができます(はい、ちょうど3x3x3。もし私が大きなものを追加するとき、より丈夫で高価なタンクウォールで作られます)それらのタンクは、木製のものとは異なる温度制限とより大きい容量を持っていますが、そうでなければ同一です。

6.03.33:
[修正] ランダム搬出を持つマシンの搬出先が間違ったスロットになり、アイテムがそこに一杯入ってマシンが停止する問題、私はいつも搬出先をチェスト(Chest)にしていたので、このことに決して気づかなかった
[修正]キャンバスカバー(Canvas Covers) のブロックIDが2048以上だと動作しない問題。私はビット演算(Bitwise Operators)のデフォルトの処理順序が嫌いです
[修正] ユーティリティ関数(Utility Function)書き換えによる多きな問題、それにより蒸留塔(Distillation Tower)の液体搬出がすべて底面になってしまった
[修正]一般的な木の板(generic Wooden Plates)無しでシーリッドウッド(Sealed Wood)が制作できないにもかかわらず制作できた問題、木製の板が間違いなく要求されていたのにもかかわらず
[変更]マルチブロックタンク(Multiblock Tank)のメインバルブ(Main Valves)は前面が何であるかを簡単に判断できるように、前面を別のテクスチャに変更
[追加] ドレインカバー(Drain Cover)がきちんと設置できていて、GregTechやバニラの半ブロック/階段をそれの前に置いた時、水平モードとして動作するよう追加(一部のMODで追加された階段や半ブロックも使えるかもしれません)
[追加]ハンドソウ(Handsaw)は、いくつかの木製のバニラのものを木製プレートにリサイクルすることができるよう追加



6.03.34:
[修正] ロータリークラフト(RotaryCraft)の焼結したタングステン(Sintered Tungsten)を別の物とし, それを下位の単純なタングステン(Tungsten)に変える方法を加えました(実ゲーム内のNEIで確認した所普通のタングステンに戻す方法は無いみたい)
[修正]センシス/サイズ(The Sense/Scythe)が背の高い草(Tall Grass)に反応しなかった問題
[修正]液体/ガスのバーニングボックス(Liquid/Gas Burning Boxes)が内部のタンクデータを保持しない問題
[修正]クレオソート入りの木製バケツ(Wooden Creosote Buckets)がイマーシブルエンジニアリング(Immersive Engineering)で動作しないのにレールクラフト(RailCraft)で流体ブロック(Fluid Block)を取り付ける事ができる問題
[削除] 蒸留塔で燃料/プラスチック(Fuel/Plastic ※Fuel=BCの金オイル)の精製レシピを再度削除することを決定
[削除]精錬鉄粉(Wrought Iron Dust)、焼き鈍し銅粉(Annealed Copper Dust)、磁気粉(Magnetic Dust)のような特定の粉の存在を削除
[変更] マッチ(Matches)とマッチボックス(Matchboxes)は、BICsのように90%の確率で火が点くようになります
[変更] スクラップ(Scraps)のスタック数を16から18に変更、これはもっと実用的で、正確な量を取るのが簡単です。
[追加]成形プレス(Forming Press)用にバン/パン/バゲット/ケーキボトム(Bun/Bread/Baguette/Cakebottom)の型を追加。もちろんそれらは金型(Molds)と呼ばれます、私がゲーム内にパン金型を追加したという事ができます。パンズ!
[追加]旋盤(The Lathe)は欠けたもしくは傷ついた宝石をボルト(Bolts)に直接変えることができます
[追加]2つの棒(Stick)と乾燥草(Dry Grass)で製作可能な簡易火付け剤(Simple Firestarter)の追加。50%の可能性で火を点けることが可能で、スタックはできません
[追加]何かをワールドの生成物に追加。 重要なものではない。それはただの石油(Oil)です
それは有限資材の液体です、その意味では、実際に流れ落ち、部分的に埋めることができる。
ユニバーサルセル(Universal Cells)(フルブロックでのみ動作)またはドレンカバー(Drain Cover)(パーシャルブロック(partial Blocks)でも動作)を使用して集めるのが最も簡単です
石油の生成が岩盤に十分に近い場合、オイルスプリング(Oil Spring)も生成します。それは何もしなくてもマイクラ1日あたり(MC Day)(20分)あたり1バケットの平均速度で石油を生成しています。これはConfigでオフにすることができます。
[追加] 草と乾燥草のアイテム(Grass and Dry Grass Items)の追加。 (私は単純な草に関することはあまり書いていないだろうと思っていました...)剣/ナイフ/センシス/サイズ(Swords/Knifes/Senses/Scythes)でバニラの草(Grass)とシダ(Ferns)を収穫するとドロップします。 枯れ木(Dead Bushes)はこれらのツールによって棒(Stick)を落とします。 羊(Sheep)、牛(Caw)、馬(Horses)の食料として使うことができるが豚はできません。 かまど(Furnace)の製錬(または乾燥機の使用)によって草(Grass)を乾いた草(Dry Grass)に変えます。乾いた草は棒とクラフトすると1つの松明(Touch)になります。


6.03.35:
[互換性]GregTechのマシンでMariculture関連のレシピを表示するように
[修正] マスストレージ(Mass Storages)(今後来るアイテムバレルなど)のアイテムレンダリングをバニラのデフォルトレンダリングを使用せず、代わりに私自身によって書き換えられたバニラアイテムレンダリングを使用するように修正
[修正]GregTechのレンチ(GT Wrenches) ピストンの向き、レッドストーンダイオード(Redstone Diodes)、およびレールを回転させることができたバグの修正(後者の2つはスクリュードライバ(Screwdriver)とバール(Crowbar)ですが、最初は確かにバグでした)。
[変更]シグナリウム(Signalum)のるつぼ製錬レシピの材料と量はまだ同じですが、私は数字を見直し、赤石合金(Red Alloy)をシグナリウム(Signalum)に変える方法を追加していることを発見しました。だから今、赤石合金(Red Alloy)をシグナリウム(Signalum)に簡単に変えることができます。 古いレシピはまだ動作し、ちょうど赤石合金(Red Alloy)から変換するレシピまでの中間プロセスまで使います
[変更]センサー(Sensor)とマスストレージ(Mass Storages)は1Tickごとじゃなく、1秒ごとに値を取得するように変更。値が以前の値から大きく変化しない限り、古い値と新しい値の差が一定のしきい値を超えてしまったため(> 64 for マスストレージ(mass storage), >= 50 for センサー(sensors)).
[追加] メジャーイングポット(Measuring Pot)は設置されている液体を拾うことができます。 これは小さなオイルパドル(tiny Oil puddles)に役立つかもしれません。
[追加]ガスバーニングボックス(Gas Burning Box)はガスのみで稼働していますが、コントローラーカバー(Controller Covers)を使用して消火にすることができます(着火はできず、着火するためには点火装置(Igniter)が必要です) これにより、ガスバーナー(Gas burners)は他の2つの方法より使いやすくなります。
[追加]アクティビティディテクター(The Activity Detectors)がどのタイプのバーニングボックスが現在焼付け中であるかを検出できるようになりました
[追加]今までの1000000のマスストレージ(Mass Storage)の変わりに10000アイテム保管用にシールウッド(Sealed Wood)と幾つかのスチール(Steel)で作れるアイテムバレル(Item Barrel)の追加、それは安い選択肢です
[追加]液体を保管できるウッドバレル(Wood Barrels)、プラスチック缶(Plastic Cans)、金属ドラム缶(Metal Drums)を追加
ウッドバレル(Wood Barrels)とプラスチック缶(Plastic Cans)はカバー(Cover)を付けることができません
内部に液体を保持しますが、スタックはできません
容量は木材の場合は16000L、プラスチックの場合は32000L、ステンレス鋼(Stainless Steel)の場合は64000L、タングステン鋼(Tungsten Steel)とタングステン(Tungsten)の場合は256000Lです
流体の密度に応じて流体を上下方向のいずれかに自動的に放出します。しかし、それはモンキーレンチ(MonkeyWrench)または普通のレンチ(Wrench)(もちろん、両方共動きます)から有効にしないと駄目です
缶詰め機(Canning Machines)は空になってるウッドバレル(Wood Barrels)、プラスチック缶(Plastic Cans)、金属ドラム缶(Metal Drums)を満たすことができるので、手動で行う必要はありません
このドラム缶やバレルはソフトハンマー(SoftHammer)を使うことによって密閉できます、時間の経過とともに液体を発酵させることができます。(熱を使う代わりに)
ノート:これらは液体のみを扱うことができます。これは主にポーションとアルコールを対象にしています。持続時間はバレル内の量に依存し、効果時間が経過していきます。虫眼鏡(Magnifying Glass)や進行センサー(Progress Sensor)で測定可能です。
たとえば、それを長時間放置したままにして置くと、多段階で発酵させるので、グレープジュース(Grape Juice)→ワイン(Wine)→酢(Vinegar)などができます。
プラスチック製の缶は押し出し機(Extruder)で簡単に自動製作できる唯一のものです。スタックサイズの制限はアイテムバレル(Items Barrel)とマスストレージ(Mass Storages)には適用され無いことを覚えておいてください

6.03.36:
[修正]鉱石倍加のコンフィグ設定がGregTechの小さな鉱石に適用されない不具合の修正。もちろん、あなたがワールドを作り直さなくても沢山の鉱石を入手したい場合、小さな鉱石を破壊することによってそれらの鉱物に応じた鉱石ブロックを倍にするコンフィグがすでにあります
[修正] コントローラーカバー(ControllerCover)が何も機能しないはずのレッドストーン入力を受けたにもかかわらず、ガスバーニングボックス(Gas Burning Box)を消火にする不具合の修正
[向上]液体名(Fluid Name)で保存される流体表示アイテム(Fluid Display Item)をNBTフォーマット内の文字列として変更。何か問題が生じた場合に備え、更新後に流体フィルタ(Fluid Filters)をチェックしてください


6.03.37:
[ノート]ゲーム開始初期のゲームバランス調整のため今週はいくつかマイナーリリースを行います。だから私は正しいようにテストプレイを行います
[修正]MaricultureのレシピがExtraBiomesXLで追加されたバイオーム(Extrabiomes)のみロードされる不具合の修正。私は誤ってMod IDが間違っているかどうかを確認しました, lol.
[変更]シフター(Sifter)による砕いた鉱石処理をわずかながら変更、用いる物は同じシフター(Sifter)のみです
[追加]粘着性樹脂(Sticky Resin)もしくはプロポリス(Propolis)と水を混ぜることによって制作できる接着剤(Glue)の簡易レシピの追加。また、接着剤のボトル(Glue Bottles)はダンジョンの報酬で手に入れることができます
[追加]木製の湯たんぽ(Wooden Bathing Pot)(そのテーブル版を含む)の追加。しかし、ステンレスよりもいくつか制限があります


6.03.38:
[修正]石と流体のワールド生成が必要以上に時間がかかる問題の修正、問題の修正前はバニラのラグのせいだった
[修正]強化作業台(Advanced Crafting Table)を使用すると、複数のクラフトのサウンドが再生されなかった不具合の修正、しかし、他の作業台では修正されていません。
[修正]二重クラフト時の音がクライアントでなるように修正、見たところその音がシングルプレイ時にマルチサーバー上で動いてました
[追加] スライムボールと水を混合して作れる接着剤のレシピの追加
[追加]MFRのピンクスライムの液体ボトルの追加。もちろん、実質食用です。接着剤としても使用できます。
[追加]強化作業台が液体を補充するために、隣接するバレル(Barrels)、ドラム(Dram)、プラスチック製の缶(Plastic Cans)、ミキシングボウル(Mixing Bowls)、入浴ポット(Bathing Pots)から液体を直接引き出す事ができるように


6.03.39:
[修正]不適切にコード化されてマインクラフトのランチャーが起動時にクラッシュする原因となったバグの修正
[修正]湿ったCFスプレー(Wet C-Foam)を接続されてないワイヤーやパイプに使うとレンダリングされない問題の修正
[修正]Thaumcraftのタローキャンドルバス(Tallow Candle Bath)のレシピを修正、ここで私は "2ユニット"の代わりに "2"と書いた
[変更]アイテムパイプと液体パイプがサーバー時間(Serverwide Time)とさらに同期するよう変更
[追加]4種類の液体を同時に扱えるパイプと9種類の液体体を同時に扱えるパイプを追加、これっらは中程度の幅のパイプと小さいパイプしかありません。圧力バルブはそれらでは機能しません! とにかくそれを使うのはばかげているだろう。


6.03.40:
[変更]粉砕(Clash)/洗浄した(purified)/洗練(refined)された鉱石をシュレッダー(Shredder)で加工するレシピの変更。 これは、あなたがそれらを加工して生産される量の数を少し変えました。 加工により洗浄した鉱石の1/36以上が得られます。
[追加]マスストレージ(MassStorage)とアイテムバレル(ItemsBarrel)にダスト(Dust)やダストブロック(Dust Block)がある場合、ダストを選択したサイズに圧縮する設定を追加。 インゴット(Ingot)、ナゲット(Nuggets)、チャンク(Chunk)、インゴットブロック(IngotBlock)についても同じです。 注:これがダストファンネル(DustFunnel)を完全に置き換えることができると思われるかもしれませんが、上記以外の場合は動作しません。 しかし、それはストレージの上にあるダストファネルの必要性を置き換えるでしょう。

6.03.41
[修正]カセテライト(Cassiterite)の融点がスズ(Tin)の融点未満である問題
[変更]メカニズム(Mekanism)が追加するオスミウム(Osmium)は、もはや実際のオスミウムと同じものではありません。しかし、GregTechのエレメンタルオスミウム(Elemental Osmium)はジェネリファイア(Generifier)を使ってメカニズムの偽オスミウムに変えることができます。これは本質的に全く異なる素材なので、他のModにあるGT用のオスミウムに変更するソースを無効にします。古いオスミウムインゴットとGregTechツールからのものは自動的にエレメンタル種に変わります。 また、偽のオスミウムで作られたGregTechツールもそれほど良いものではありません。
[追加]魚粉(Fishmeal)(細断された魚肉(Fish Meat)と関連するもの(レシピや食品など)の追加、 もちろん、それはマリンカルチャのスタッフ(Mariculture Stuff)のようなものです。バランスの理由から、私はマリンカルチャの魚肉(Mariculture Fishmeal)の粉(小さく分割した粉)のちょうど1/4にすることにしました。
[追加された]モルタル(Mortar)の肉と魚と食料関連のレシピを追加、ミンチ肉(Mince Meat)と魚粉(Fishmeal)は今ではゲーム開始時で手に入り、もはやシュレッダー(Shredder)を作ったあとではありません。
[追加]ミルクミート(Mince Meat)や魚粉(Fishmeal)に小麦粉を加えることで、生肉(Raw Meat)とフィッシュインゴット(Fish Ingots)をミキシングボウル(Mixing Bowl)で作ることが可能に
[追加]ジューサー(Juicer)の追加、それはスクイーザー(Squeezer)が本来行う事を行えますが効率が悪く手動で動作させる必要があります。それは硬化粘土(Hardened Clay)で製作可能です

6.03.42:
私は、今のホリデーシーズン中、家族、物事のために、複数のことをやらなければならない。 私がこのアップデートをどれくらいうまくやるかわからない、このアップデートは2016年の最後... 2017年も続けるつもりだ。^^
[ノート]ゲーム開始初期のバランス問題を修正するための幾つかのマイナーリリースです、w私はそのためにテストを行っています。 私はIC2クラシックをver1.10.2でテストしています。GregTechとは全く関係ありません。 そして、いいえ、私がGregTechをそのバージョンに更新しません、それをしていしまうと私は壊れてしまうだろう。
[修正]特定の還元レシピが生成されないバグ これは例えば石るつぼの精錬(Stone Crucibles)に影響を与えましたが、いくつかの木(Wood)関連にも影響を与えました。
[修正]右クリックに対してセンサー(Sensor)、ボタン(Button)、タップ(Tap)、ファンネル(Funnel)、および隣接GregTechのブロックを妨害するものの修正
[変更]木製の流体バレル(Wooden Fluid Barrels)と木製のマルチブロックタンク(Wooden Multiblock Tanks)の中にガスや特定の液体を入れれないように変更、私は導入することができる液体を手動で選択しました。あなた達が導入できる液体を知るために液体を表示する為のアイテムに新しいツールチップを1行追加しました。 ただの液体なのに燃える温度以上の物もあるのですべての液体が入るわけではない。
[追加]409600Lという非常に大きな容量を持つアダマンチウムのドラム缶(Adamantium Drums)を追加、知っての通りアダマンチウム(Adamantium)はまだ手に入りません、いつでもすぐに手に入れれるわけではありません
[追加]特定の酸性液体に"機能"を追加。これはパイプ(Pipe)やタンク(Tank)でこれら酸性の液体を使うときに特別な注意が必要なことを意味します。
[追加]ワイヤーカッターをマスストレージ(MassStorage)とアイテムバレル(ItemsBarrel)に使用することで設定できる「オーバーフローモード」を追加。それを適用すると通常容量(アイテムバレルだと256個)以上を搬入することができますが、通常用量を超えたアイテムは底面部から搬出されます。そうすればコストが厄介であなたの苦労して得たすべての資源を破壊するヴォイドアップグレード(VoidUpgrade)はもう必要ありません。そして、他のModと同様にアイテムの削除を強制するのではなく、あふれたアイテムがどこに向かうのかを決めることができます。真剣に私が知っているバレルやドロワーズを追加するようなMODは、愚かなヴォイドアップグレードと同じような物持っていて、今のようあふれるアイテムの向きを変えることがすることはできません...。本当に、私は心から敬遠しています。
[追加]GregTechのバレル(Barrels)、ボイラー(Boilers)、タンク(Tanks)、ベーシックマシン(Basic Machines)に手動で流体を挿入するために使うことができる小さなファンネル(Tiny Funnel)の追加
[追加]ファンネル(Funnel)みたいで追加液体をタンクなどから右クリックで搬出することができるタップ(Taps)の追加、しかし、それはタンクなどを空にするためではなく別のタンクに移し替えるものです。またそれらは下のバスポッド(Bathing Pots)とミキシングボウル(ミキシングボウル)と特別な互換性を持っているので、あなたは基本的に今からそれらをキッチンシンクとして使用することができます。また、ドラムはタップの後ろに隠しておきたい場合に備えて、カバーをつけることができます。

//==私は6.03を6.03.42で終了したいのと、APIの一部が少し変更されるため、バージョン番号は新年のためジャンプします==//

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事