気合い避け好きの備忘録

今までやったエロゲまとめ

2018/11/07 05:25 投稿

  • タグ:
  • エロゲ
タイトルとメーカーと軽い感想くらいまとめとく気分になったので。
日付はプレイした日時じゃなくて発売日です。★印はニコ生で配信したことがあるもの。
毎月買うほどエロゲーマーじゃないので全部書き出しても大した数にはならないと思います。
…と思ったんだけど。

1. 車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ) (2005-11-25)
初エロゲ。何かエロゲやってみたいんだけど、と言うと友達が貸してくれたやつ。絵に若干癖を感じたがシナリオは結構面白かった。有名な作品で、何度も移植されている。

2. ToHeart2 XRATED (Leaf) (2005-12-09)
車輪と一緒に友達が貸してくれたやつ。こっちはアニメ見て知ってたのでプレイ前から楽しみだった。どのキャラも可愛い。やっぱりぼくは王道を往く小牧愛佳ちゃんですかね。本編に関係無いSTGと落ちモノパズルのミニゲームがついてる。

3. 夜明け前より瑠璃色な (AUGUST) (2005-09-22)★
略して「けよりな」。ぼくがオーガスト信者になるきっかけとなった作品。フィーナと竹刀で決闘するところは泣いた。TVアニメなんてなかった。麻衣エロ可愛すぎ。

4. 夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle- (AUGUST) (2009-02-27)
↑のファンディスク。ヒロインが追加されたコンシューマ版のPC逆移植版がセットになった限定版ではコンシューマ版をやっていなくても追加ヒロインとのなれそめが読めるのはとても良かったけど、肝心のファンディスクに入るまでが長くて大変だった。

5. はぴねす! (ういんどみる) (2005-10-21)
アニメで知ったやつ。今はE-mote(表情とかがグニグニ動くやつ。「まいてつ」とかで有名)版があるらしい。「男の娘」という業を世に広く知らしめてしまった作品。でも準にゃんよりすももちゃんや杏璃ちゃんの方が好きだったな。今思えばサノバウィッチよりずっとウィッチしてる話。

6. はぴねす! りらっくす (ういんどみるOasis) (2006-07-28)
↑のファンディスク。これすごいよ。前作で敵役だったロリっ子、義理のお母さん、義理じゃない方のお母さん、さらにあの女装男子ともえっちできちゃいます(おいなりさんは魔法で除去もできるし、そのままにもできる)。麻雀のミニゲームが付いていたらしいけど、あんまりやらないから忘れてた。

7. SHUFFLE! (Navel) (2004-01-30)
TVアニメの「空鍋」で有名なやつ。あれは見てて辛かった…。
ゲームの方は何か印象が薄くて、やったという事以外本当に何も覚えてない。

8. D.C.P.C. ~ダ・カーポ プラスコミュニケーション~ (CIRCUS) (2004-05-28)
これもTVアニメで知った。このシリーズめちゃくちゃたくさん出てて(メーカーの名前をとって「曲芸商法」と呼ばれている)、今度それのコンプリート版みたいのが出るとか。さくらちゃんも可愛いけど大正義ことりちゃんですよ。

9. 家族計画 (D.O.(ディーオー)) (2001-11-02)
名作と言われるものは教養としてやっておこうと思ってやった作品。間違ってもエロに期待する作品ではないけど、シナリオも期待したほどではなかったような…?歪んでいても家族は家族、しんみりほっこりみたいな感じなので、今やると逆に泣けるかも。

10. サナララ ~SA・NA・RA・RA~ (ねこねこソフト) (2005-04-29)
ひ○まりスケッチにそっくりの絵柄で、噂ではうめてんてーの生き別れの姉だか妹だかが描いたとのこと(というお約束)。ちょっぴりファンタジーほっこりハートフルみたいな感じで良かった。ちょっとウルッときたかな。リメイク版はやってないけどサントラは持ってる。

11. FORTUNE ARTERIAL (AUGUST) (2008-01-25)★
ぼくのユーザーネーム「雪丸」の元ネタになったゲーム。最後の方はポロポロ泣いたって感じ。ホラーと葛藤で二重にドキドキして、プレイ中は先の展開が気になってしょうがない作品。TVアニメはまあまあ。PS3版の話を白紙にした角川は絶対に許さない、絶対にだ。

12. 月は東に日は西に ~Operation Sanctuary~ (AUGUST) (2003-09-26)★
略して「はにはに」。ぼくはこれ以降のAUGUST作品は全部やってます。茉理ちゃんがツンデレ可愛い。

13. 夏めろ (AcaciaSoft) (2007-01-26)★
ひと夏のおバカゲー。大きな事件はないし大きな感動もないけど、とにかく笑えて夏を感じられるゲーム。今はヤマノススメで有名な、しろ先生のイラストもたまらん。橘花たんはぁはぁ。拙者、青山ゆかりさんのツンデレ役大好き侍。

14. Fate/stay night (TYPE-MOON) (2004-01-30)
言わずと知れた作品。本当にこの時代のゲームだったのかと疑うほど演出がすごい。今やっても全然色褪せた感じがなく楽しめる。あ、FGOはやってません。

15. Fate/hollow ataraxia (TYPE-MOON) (2005-10-28)
stay nightの後日談と設定資料集がゲームになったみたいな話。話は面白いけど完全クリアのために微妙に難しいミニゲームや花札で運ゲーしないといけないのが面倒。

16. リトルバスターズ!エクスタシー (Key) (2008-07-25)
これも有名な。日常パートは大爆笑、後半はバスタオル必須の大号泣。ミニゲームも楽しく、何度やっても面白い良いゲーム。(主にBGMが)抜かせる気のないえっちシーンも逆に必見。アニメは見てないですが評判は良いみたいです。

17. 穢翼のユースティア (AUGUST) (2011-04-28)★
AUGUSTらしからぬハードな世界観で、発売前から話題を集めた。「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の異世界編とよく似た話だけど、それがメインでボリュームはぎっしり。評価を見ると、結果的にこの路線は大成功だったみたい。大図書館よりこっちをアニメ化してくれよと個人的には思う。

18. 屋上の百合霊さん (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2012-03-30)★
百合ゲーがやってみたくて買った。百合入門の教科書と言ってもいい作品。結奈ちゃんは今までやったエロゲの中では一番好きな主人公かもしれない。最後はちょっと泣ける。

19. 大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd (AUGUST) (2013-01-25)★
爆発的ではないけれど、移植も多くじわじわと根強く人気を集めている。「幼なじみ」がおらず、ヒロインは(ほぼ)全員初対面からだったり、シナリオ面で優遇されたメインヒロインが存在しなかったりと、一見いつもの作風のようで実はユースティアから続くAUGUSTの意欲作という気がします。佳奈ルート(通常end)でドキドキしすぎてガチ恋してしまいました。

20. 大図書館の羊飼い -Dreaming Sheep- (AUGUST) (2014-03-28)★?
↑のファンディスク。パッケージが似てるので間違えてこっちを先に買ってしまった人を知っています。前作でえっちできなかったあの子やこの子、さらにスピンオフ作品から逆輸入した子まで、えっち三昧。オカズに使えますが話はあんまり重要じゃないので忘れました。

21. この青空に約束を― (戯画) (2006-03-31)★
泣けると評判の作品。ギャグ要素もまあまあ、個別ルートに入るとバカップルみたいになるのもまあ楽しかったけど、泣くほどという感じはなかったな。夏めろに並んでこれもいい感じの夏のゲーム。

22. AQUA (SORAHANE) (2011-01-28)★?
タイトルロゴがARIAっぽいと思ったらシナリオにもARIAリスペクトっぽいセリフがあったりして、少なからず影響を受けていると思われる。ただしこちらはSFサスペンス的な面も。イラストは可愛いしシナリオもホロっと泣ける程度には良かった記憶。でも後続作「さくら、咲きました。」は少し進めただけで現在まで積んでしまってる。いつか消化したい。

23. サノバウィッチ (ゆずソフト) (2015-02-27)
昔からゆずはいいぞといろんな人に言われてきて、今年ようやく初ゆずソフト作品。キャラ萌え特化がすごくて、これはハマるなあと。シナリオもちょっと泣けたかな。背景の元ネタ聖地巡礼に行ったのはドハマりした訳ではなく、たまたま実家に近かったのでという感じ。綾地さんと和奏ちゃんがお気に入り。

24. お家に帰るまでがましまろです (ま~まれぇど) (2017-07-28)★
レポ済みですので詳細はar1651489をご覧ください。シナリオはともかく、エロ可愛いのは良かった。

25. この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(PS4)(非18禁) (5pb.) (2017-03-16)★
つい最近終わった作品。アドベンチャー・謎解き要素が強く、ゲームを攻略してる感があって良かった。来春放送予定のアニメも期待してるけど、監督の評判がどうとか、不穏な噂が…。

26. ななついろ★ドロップス (UNiSONSHIFT:Blossom) (2006-04-21)★?
実家の近くの市が舞台になっているらしい。TVアニメはかなり良かったけど、残念ながら原作はヒロイン3人のうち2人クリアして放置してしまっている。消化する時は来るんだろうか。

27. 千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST) (2016-09-23)★
ユースティアに学園要素を少し入れたみたいな作品。Fateばりにシナリオの深さとバトル演出が良いけど、何より奏海ちゃんルートの後味の悪すぎるエンディングは良い意味で衝撃的。これもまたAUGUSTの挑戦という気がする。

28. 金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS) (2017-12-22)★
ヒロインは金髪ばっかりと、攻めたゲーム。シナリオも(ネタバレになるので伏せますが)まあまあ攻めてる。淫夢厨向けというか、シナリオ担当が明らかに淫夢厨。えっちはやたら3Pとアナルがあるのが気になるけど、普通にえっち。良い。


もう少しあった気がしてますが出てこないのでとりあえずここまで。
思いだしたら追加します。それでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事