気合い避け好きの備忘録

サノバウィッチ聖地巡礼レポ

2018/07/25 04:44 投稿

  • タグ:
  • エロゲ
  • 聖地巡礼
  • サノバウィッチ
ちゃろー、雪丸です。
先日実家に帰省した折になんかふと思い立ったので「サノバウィッチ」の背景の元ネタ舞台探訪、いわゆる聖地巡礼に行ってきました。ゆずソフトの拠点が大阪にあるということで、京阪神が作品の舞台に使われることが多いようです。
サノバウィッチ」って何?(クリックで大百科を開く)
行った順に紹介します。撮影にあたって、以下のサイト様を参考にさせていただきました。非常に分かりやすくて捗りました。この場を借りて感謝いたします。
参考サイト1(クリックでリンクを開く)
参考サイト2(クリックでリンクを開く)
  1. グランフロント大阪南館前


JR大阪駅の2階からグランフロントへ向かうところ。作中では買い物やデートに使われてましたね。人通りが多いところなので、人がいないタイミングで撮影するなら早朝を狙いましょう。この写真は土曜の朝8時ごろに撮影しました。ただし、グランフロント開店は10時で内部にも撮影ポイントがあるので、何箇所かある外観の撮影ポイントを早朝に撮影した後、適当にブラブラしてから中に入ると良いでしょう。この日はまだ本格的に巡礼するつもりはなくて、ここだけしか撮影しませんでした。
  1. 府道104号線修学院離宮道


京都は出町柳から叡山電車に乗り、4駅目の修学院駅で下車。サノバウィッチの主な舞台はこの周辺です。ちなみに叡山電車の900系車両には「きらら」という愛称があり、それにちなんで「まんがタイムきらら」の連載作品とコラボイベントが行われることも多い、オタクの間ではちょっと有名な鉄道です。

作中では通学路として描かれていたこの撮影ポイントは、修学院駅から徒歩10分程度歩いたところにあります。ぼくはgoogle mapを見ながら先述の参考サイト様を頼りに来れましたが、今改めてgoogle mapでこの周辺を拡大してよく見ると、なんとサノバ聖地として登録されていました。誰が登録したのやら…。
  1. 修学院山ノ鼻町


作中では遠回りの通学路として描かれていた場所。さっきの府道104号線修学院離宮道から歩いてすぐのところにあります。ここもgoogle mapに地名登録されています。そんなことよりとにかく暑い。この日(2018/7/16)京都府の最高気温は38.5℃。撮影したのは14時過ぎ。京都半端ないって!くれぐれも熱中症には注意しましょう。

修学院駅から府道104号線修学院離宮道を経由して修学院山ノ鼻町に向かう以下のルートを通りました。山ノ鼻町を撮影した後は府道104号まで戻り、そのまま府道103号(北山通)沿いにひたすら西へ進み、京都コンサートホールを目指します。

…ん?サノバウィチ?
  1. 宝ヶ池通


作中では綾地さん達と合流したり分かれたりする場面の背景になった場所。修学院から京都コンサートホールに向かう道の途中で、宝ヶ池通に入ってすぐ戻ってこれるところにあります。
左の白い看板は、懐石料理店「北山そわか」のもの。これをgoogle mapで探す時のヒントにするとすぐ見つかるでしょう。
  1. 京都コンサートホール


作中ではハロウィンパーティの会場になっていた場所。実際には芝生ではなくタイルの床です。修学院駅から3,40分ほど、途中宝ヶ池通に寄り道しながら歩いてようやく到着しました。

上の地図で「4」の隣に○で囲んだ中の「×」が宝ヶ池通りの撮影ポイントです。府道103号をまっすぐ進んでいるとノートルダム女子大の分かりやすい建物が目に入るので、その角を曲がれば宝ヶ池通りに入れます。撮影したら戻って再び103号沿いに進み、地下鉄北山駅の入口がある角で曲がってすぐのところに、コンサートホールの撮影ポイントがあります。

ここからは北山から烏丸御池まで地下鉄に乗ります。ふー涼しい…
  1. リプトン三条店前

この背景といえば!
そう!

かの有名なこのシーンですね!
ちなみにこの商店街には二郎系のラーメン店はありません。
近くに天下一品がありますので、気分に浸りたい方はどうぞ。スープはこってり以外ありえない。

烏丸御池から三条へはこれまた少し距離がありますが、風情ある京都の町並みを眺めながら歩けばあっという間でしょう。撮影の後は手前の寺町通をまっすぐ下っていけば、京都のシューターにはお馴染みのゲーセン、a-cho(アチョー)が。学生時代には何度か行ったものですが、この日ここにきてぼくの心は完全に聖地巡礼モードでしたので、泣く泣く通り過ぎるのでした。
  1. JR京都駅中央口


作中でも頻繁に出てくる駅前。嫉妬する綾地さんのシーンで悶え転げたのは良い思い出。
撮影時はこの辺で肩が痛くなっていたのをよく覚えています。三条から京都まで歩いたのは完全に愚策でした。改めて地図で見るとものすごい距離です。おとなしく烏丸御池から地下鉄に乗り直していれば良かったものを…
だが、聖地巡礼はまだ終わらない。京都で回れるところはすべて回ったので、ここからJR京都線に乗り込み、舞台は大阪へ。ちなみにこの電車、暑さで線路が膨張したり曲がったりしている危険があるとかで遅延しました
  1. グランフロント大阪 北館4F


ストーリーの最初の方で、デートコースを下見する話などで出てきた背景。
現実のこの場所は家具店や高級そうな料理店がどーんと構えるフロアなので、人通りは少ないです。
  1. グランフロント大阪 南館1F外観


綾地さんが最初のデートで焼肉食べ放題に行きたいと言ったところ。近くに焼肉食べ放題の店は…まあ、あるような気がします。左奥に少し見えているのが北館と南館を結ぶ橋で、南館側から降りてここに来ることができます。意外にも人通りが多く撮影が難しいですので、早朝などに来る方が良いでしょう。これで大阪で取り残したスポットもすべて巡りました。

が、やめときゃいいのに今度は阪急電車に乗って神戸に向かうぼく。
日も暮れそうですがギリギリ行って帰ってこれることは計算済みです。
  1. スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店前


作中では喫茶店シュバルツ・カッツェとして描かれていた店。
神戸三宮駅から北野異人館に続く坂を上っていく途中にあります。そういう理由で実写の地面が斜めになっているのがポイント。ちなみにゲーム画面では奥に赤い屋根の建物がありますが、これもここにあります。実際は隣に並んでおらず、一軒挟んでもう1つ奥にあります。
ここを納めて、ようやく今回のサノバウィッチ聖地巡礼は終わりです。

サノバウィッチで使われている特徴的な背景画面は他にもあります。調べても出てこなかったのですが、はっきり描き込んであるところからすると舞台になった場所があるような気がします。興味のある人は頑張って探してみて下さい。もし見つけた方がいれば、ぜひ教えていただければ、ぼくも自分で行ってみたいと思います。

たとえば、作中で学校の中庭とされていたここや、

紬ちゃんとのデートで行った遊園地、

柊史くんの家の玄関もやけにリアリティを感じるので、どこかがモデルになっていそうです。
個別CGの背景にもいくつか気になるところがあったようななかったような?

そしてこのゲーム、なんといっても

こういう遊び方ができるように出来ているので聖地巡礼の甲斐があるというものですね!

今回のサノバウィッチに関しては昔住んでいた名残で土地勘が利くので、かなり効率的に回るルート選びができたと思います(非効率に長距離歩いた気もしますが気のせいでしょう)。これから行かれる方はぜひ参考にしてみて下さいね。グランフロントや京都・三条周辺に関しては日中人が多いので、早朝がおすすめです。




おまけ
  1. 神戸北野異人館 風見鶏の館

Fate/stay night聖地巡礼も面白そうやなあ

おわり

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事