黒薔薇Pの思ったこと書いていくよブロマガ

【雑談】MacBook Proを購入しました。

2020/07/27 17:00 投稿

  • タグ:
  • Mac
我が家にまた一人【Pro】が増えました。
【MacBook Pro Mid 2017, 13inch】です。

[正面]

[USキー]

この通りですんごい美品です。

 そして肝心のスペックはこんな感じです。

[このMacについて]


加えて 内臓のPCIe SSDの測定結果は以下でした。やはりPro製品は全て速い。

[Disk Speed Test]



 主なスペックを書き起こすと以下になります。

【MacBook Pro Mid 2017 13inch, Thunderbolt3(USB-C兼) x 4Ports】
・2Core 4Thread Core i5 3.1GHz
・8GB 2133MHz DDR3
・512GB PCIe SSD
・初期OS(工場出荷時):High Sierra 10.13.6
・Touch Barあり


 昨日秋葉原に行きましてMac専門店のショーケースとにらめっこをする事だいたい20分。Core i5の4Thread品ですがクロックが『3.1GHz』と高かったことと『USキー』だったことが決め手となり、我が家にやって来ました。末長くどーぞよろしくね←
 こちらはクリエイティブソフトを多用しないことからある意味どうなってもいい(動作しない等のトラブルとか)モノなので、最新のCatalinaを試してみたいですが、運用してからまだ日が浅いので取り敢えずは『安定性を重視』と言うことで初期のHigh Sierra 10.13.6で運用中です。

 正直言うとiMac Proを常用している身からすればこのスペックはカスも同然ですが(苦笑)、データを持ち歩く機会が今後増えるのでどうしてもノートかタブレットを買う必要がありました。
 どちらにするかを決める際に私が判断材料としたのは以下の4つです。

1. 手軽さ。
2. タイピングのしやすさ。
3. 映像作品を持ち歩ける。
4. 制作のデータ(主に印刷物)を出先でも必要に応じてUSB等に移せる。

よって結果、ノートPCという選択になりました。言わば事務用途ですね。
iPadも非常に魅力的ではあったんですがキーボード入力において「F1, F2等のファンクションキーが使えない」んですよね、知らない人が意外と多いように感じますが。それなのにも関わらず『タイピングもできるので、ノートの代わりになる』とも取れるような広告をして。
 辛口で言わせてもらうと「使い道を含め結局その程度の代物」と言わざるを得ない。あんなものがノートの代わりになれる筈がないんですよ。これをMac miniユーザーの友人に話したら「現にツイッターで『ファンクションキーが使えないのは致命的。買うに値しない』と言った意見もちらほらあるよ」と教えてくれ、私もその通りだと思っています。
 

 さて、話を戻しまして。こちら登場時に賛否両論だった【Touch Bar】ですが(ガジェット系YouTuberの瀬戸弘司さんは当時ディスってましたね笑)


私はいいと思いますけどね、スマートに設計したいAppleらしい作品だと思います。

 私なりの使い方としては、上のように常時ファンクションキーを表示し有効化しています。
そしてキーボードのfnを押せば


このように切り替えられMacのコントローラーが有効になるように設定しました。


 とりあえずの動作確認で【After Effects】や【Premiere Pro】を動かしてみましたが、CPUとGPU共に貧弱なので無理ですね。映像制作はダメです(わかってはいましたが)
ですが【PhotoShop】でのスキンレタッチや合成及び【Illustrator】でのA4の簡単な印刷物、【Lightroom】での補正だったら頑張ってくれまして、こちらは高クロックの恩恵でしょうか(尚爆熱。
 いい買い物ができたと思っています。


 最初はMacのノートPCは価格と性能が釣り合っていなかったので「絶対に買うもんか」と思っていたんですが、『中古だとそこそこの値で買える』ことに加えブランドであるが故の『落ちないリセール価格』。そして一番は私の環境(iPhone X, iMac Pro)と【AirDrop】で連携できる事を考えるとやはりこれしかありませんでした。
 【AirDrop】はクラウドを経由せずに直接ファイルを送受信できるAppleの強力な武器であり、尚且つ『一度掴んだ顧客を離さない戦略』において一番貢献できている機能だと個人的に思います。


ではまた。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事