黒薔薇Pの思ったこと書いていくよブロマガ

Mac Pro 2019 リーク情報を受けて

2019/03/14 12:48 投稿

  • タグ:
  • Mac
"奏と愉快な仲間たち"をご視聴いただき、ありがとうございます。ゆきPです。

ゆきPの起床は7:00過ぎ。"zip"と朝番で好きな"スッキリ"を見ながら諸々を済ませ、今デスクの前にいるわけですが、
朝に弱いため、頭がぼーっとして作業に取りかかれない←


そんな時は、主にネットでニュースやmailのチェック、機材探しやプラグインのdiscount情報を漁ったりで覚醒までの時間潰しをしています。
そして思いました。
この時間をブログに割こうかと。まぁネタがあればの話なんですが、ブログ慣れするには触れ続けることが一番。継続は力なりですよ。


てな訳で本日のネタは

"みんな大好きAppleのMac Pro。2019モデルのリーク情報を受けて"


gori.meさんからの引用ですが、先月の末に2019モデルについてリークされました。
https://gori.me/macpro/114589

なんと"レゴのように積み上げて"好きなように構成できるみたいじゃないですか。
しかもThunderbolt 4!

あら素敵。


要は台座となるBRAIN Unit(CPUとMemory)、その上にStorage Unit、GPU Unit、I/O Unitを乗せて一台のPCになるってことですよね。もう一度言いましょうか。

あら素敵。なんて斬新なのかしら。


なんか某イギリス戦艦みたいな言い方になっちゃいましたが、それぐらい衝撃を受けました。
それもそのはず。今までにいくつもの"次期Mac Proはこうなるぜ!へへっ!"みたいな画像付きでの不確かな情報は流れていましたが、いずれも箱型(うまい表現が思いつきませんでした。要は四角だったり丸いボディに全パーツが収まっている通常のPCの形だと思ってください)
共通していたのは、Mac Pro 2013の最大の欠点である"拡張性のなさ"を解決するため、内部パーツへのアクセスを最優先に考えられているものでした。

ところがどうでしょう。まさかの"積み上げ式"。いわばPCのパーツを全て剥き出しにして、箱で覆っただけ。アクセスのしやすさどうこうじゃない。
気に入らないunitを取って、届いたのをまた積み上げればいいんだから。増設もしかり。GPUもユーザー側で中身を交換できたらもう最強。


ですがApple製品で統一しなければならないのが、欠点といえば欠点。
価格は高くなるかもしれませんが、まぁ50万円くらいで理想の構成ができるなら、ゆきPはためらいなく買いますよ。きっとね!
そしたら開封レビューを、奇声とともにここにお届けしたいと思ってます笑

まぁこの辺の説明はリンク先にも書いてあるので、わざわざ書くまでもないんですけどね笑
そして今現在MacWindows一本に絞ろうとしているゆきP的には


これはかなりキテル




そもそも思ったわけですよ、なんでゆきPにWindowsが必要なのか。なぜMacが必要なのか。
Windowsでしていること
1. Adobe Premiere / After Effects / DaVinci Resolveでの動画制作
2. MMD

Macでしていること
1. Pro Tools
2. Adobe Illustratorでのイラストやジャケットデザイン
3. 同 Photoshopでジャケットに使用したりする写真の編集
4. 2nd DAWとしてLogic(まだ買っていませんが選択肢)

追記(4月14日):Logicは当分買わなそうです。世界的に活躍されている作曲家の中にはProToolsしか使わない方もたくさんいます。瀬川さんとか。
ProToolsが持っているポテンシャルを考えると、ゆきPにはこのソフトでできることがまだあるという結論。ソフトの合う合わないもありますけどね。ゆきPはProToolsがマッチしています。何より"初心者お断り"みたいな無骨なUIが好き笑(実際はそんなことないですよ)
だから逆にCubaseとかのカットのアイコンが"ハサミ"だとか、貼り付けるが"のり"だとかそういうのがダメなんですよね笑
実際はショートカット使うんで関係ないですけど

ならルカはどうするの?(piaproはAAXがない)って話なんですが、ViennaのEnsemble Pro 6(プレオーダーで7買ったら6が付いてきました)上でVSTで立ち上げて使っています。MacだからAUでもいいんですが、VSTでのリリースが先なので安定してそうなVSTを使用しています。





ではWindowsの方から。
まず1これは必然的というか2に紐付けされています。マシンのパワー的に両者が同等ならば、編集とMMD制作は同じ環境の方がいいという考え。素材の修正が簡単だから。
そりゃそうですよね。Windows MMDの書き出しファイルをMacで編集してて、ミスがあったり表情を違うのにしたい、って思ったらWindowsで再制作してMacに送信。

なんて流れはやってられない。あまりに非効率的。




お次にMac側。
1Windows10の対応状況が悪い、というのもありますが一番はMacで立ち上げた時のUIの方が好きということ。それと前回のブログでも書いたように、やはりAAX(Pro Toolsが使用する独自プラグインフォーマット)を用いる制作をするならMacが有利。それにAUやVSTにも対応している点。CubaseやFLならWindows環境でもいいとは思いますけどね。
あとやはり、レコスタとかのプロの現場は大方Macですから。環境を同じにできるというのはものすごいメリット。

23。これは正直Windowsでやってもいいんですが、これらは色の管理が最優先事項。ならQuadro積んでるMacでやろうということでこちらに。10bitカラーや10億色とか諸々の"アレ"で、一番見た目に近い感覚で編集できますから。

4。これが一番困りますよね、悩みのタネ。Macがダメだ、という判断を下した時点で、"さよなら"しないといけない。なんでLogicにしてみたいかというと、安いのもありますよ。ですが一番はライブラリーが充実していること、これに尽きますね。そして

""いいんですよ。
"bass"にしても四つ打ちの"kick"にしても。シンセにしても。


そしてPro Toolsとは違い、アップデートに更新費がかからないのもgood。Storeでupdateを"ポチッ!"で完了。
なのでLogicは作編曲用に導入して、MIXやスタジオ等への納品される形でのデータ作成をPro Toolsで行おうか、と考えています。
Pro Toolsでの制作もいいんですが、やはり予算が限られている中で音源ライブラリを揃えるのは苦しいんですよ笑(Stringsなんか考えたら止まらない)
要は総合音源を買うイメージです。Logicは。




さーて、統括。

まずMacで考えた場合、2. MMDはBoot campで対応しようと思っています。
そして1. Adobeは、Macもサポートはされていますから問題なしだと思う(詳しく調べていないからこれから調査します)
え?Final Cut Proにすれば万事解決ですって?

あれはないわ。
テロップ弄りやエフェクト効果を作るのが好きなゆきPにとって、Adobeソフトの連携術は右腕。変えられるものはありません。FCPXはテロップの表現力に乏しすぎ。みんな同じ見た目になるよ← Youtuberの動画見てみなさいよ
(youtuberの方々を非難しているわけではありません。素晴らしい仕事だと思います。現にゆきPはSEIKINさん / HIKAKINさん / カズさんが大好きです。時間に追われる仕事なので編集に時間を割けないのはわかりますが、クオリティを上げることに専念し他の方との差別化を図るのも一つのやり方ではないでしょうか)
そしてエフェクトは使ってないのでわからないですが、FCPXにできてAdobeにできないなんていうことはまずない。

強く言って申し訳ないですが、個人的にそう思ってます。
そしてAdobeはCUDA処理に最適化されていますから、Boot campで立ち上げてGeForce搭載のeGPU接続の元、使うというのもあり。
高くつくけどね(先日、わざわざboot camp上でEDIUSを立ち上げ、MV・PV編集を行っている方にお会いしまして。それで思いつきました)。

といことはMac一台でWindows分を賄えてしまうわけです。boot campでMMD制作している人も少なからずいるでしょうし、面白そうですよね。
boot camp側で立ち上げると重くなる。なんていう情報もありますが、そんなのただのスペック不足ですよ。Mac BookやAirとかの話なんじゃないですか?知らないですけど。


逆にWindowsで考えてみましょうか。
Mac側の1Windowsでも動きますが、正直UIが好きではないしできればやりたくない。
23は、Windowsでも問題ないですよね。手元にQuadroもあるわけですし。
そして4

不可。さようなら。


ほらね!これですよ笑
でもまぁ、比較的に安価に組めますよね。Windowsだと。"+α的なメリット"です。




なんか自分の思いを書き綴っただけになっちゃいましたけど笑
この辺にしておきましょうか。
長く書きましたが、やはりまだ揺れています。情報待ち・様子見ですね。
そもそもソフト側がMac Proをサポートしてくれないうちは、買うことはできないですし。
今の所、MacWindowsは自分の中で

64 です。

読んでいただきありがとうございました!

では!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事