あくまでも、ジャム「おにいさん」

元パン屋が久しぶりに本気出してみた  (フレンチトーストレシピ)

2013/03/14 06:02 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • パン
  • レシピ
  • 元パン屋
紹介した、
「フレンチトースト」が意外と好評いただいてたようなのでレシピ公開






材料
フランスパン 3分の1から半分程度
卵      2個
牛乳     120cc
上白糖    15g
バター    50g
グラニュー糖 50g
注:フランスパンはパン屋で買ってきた場合、
  絶対に当日のものを使ってはダメ

  (パンの中の水分が抜けきってないので)
写真はクリックしたら拡大されるから参考にしてね


工程

手順1
 最初にバターを常温で放置
 くれぐれもレンジでチンなんてやってはダメ

手順2
 フランスパンをカットする
 
 厚さは好みだけど、最低でも2cm厚以上にカット
 カットした時に、中の部分に切れ目を入れておく。





手順3
 卵、牛乳、上白糖をホイッパーでかき混ぜる。
 卵のカラザ部分は必ず取る
 完全に白身のドロっとした感触を残さないようにする。
 (ザルを使って漉すといいです)

手順4
 カットしたフランスパンを、
 3でかき混ぜた液に漬ける。
 ボールの中に入れた時、フランスパンを両脇から挟むように潰し、
 形が元に戻るのを利用して液を吸わせるようにするといい。

手順5
 天板に並べて置いておく
 天板には、油ではなくクッキングシートなどの
 上に乗せてやると焼いた時にくっつかなくて良い。
 残った液があるようなら、上からかけてやる



 10分もあれば、かけた液をパンが吸い取ってくれる




手順6
 常温で置いて柔らかくなったバターをホイッパーで混ぜる。
 バターを混ぜてから少しずつグラニュー糖を混ぜ込んでいく。




手順7
 液を吸わせたフランスパンに、
 6のシュガーバターを上部にだけ塗る
 パンが液を吸って柔らかくなってるので、
 液を絞り出さないように、パンを潰さないように気をつける

手順8
 予め200度に余熱しておいたオーブンで、ひとまず10分ほど焼く。
 家庭用のオーブンでは熱が逃げやすいので、蓋の開け閉めは素早く




手順9
 ひっくり返して更に焼く。
 この時、グラニュー糖が溶け始めているので、
 ヤケドしないように気をつける。
 焼き時間はオーブンの熱次第なので、お好みで。

 グラニュー糖を溶かしてカラメル状にするまで焼くと、
 出来上がって冷ました時にパリっとした食感も楽しめるのでオススメ。


出来上がり!

カラメルでパリっとした食感に、
中まで液が染みこんで、プリンのような感じ





ポイントは

カットした時にこれぐらい液が染み込んでいるのが理想




ポイント
フランスパンの水分がどれくらい残ってるかによって、
液の吸い込み量が変わってくる。
こればかりは何回か自分でやってみて

上部にだけシュガーバターを塗って焼くから、
バターがパン生地の中に染みこんで、
普通のフレンチトーストよりもどっしりとした味になるのが特徴。

フランスパン3分の1程度にバターや砂糖を結構使うから
カロリー気にしてる人には…ね。
でもね、一回だけでいいから砂糖とバターの組み合わせって試してみて
ホントに美味しいから!

んなわけで
実際に作った!
美味しかった!
…って思ったら、絶対コメント拡散してね!!


コメント

iwasi
No.8 (2013/10/28 01:16)
なぜカラザを取るん?
栄養ある部分だし、全体の何十分の一っていうちいさいものなのに・・・
Himuro
No.9 (2013/10/28 13:53)
>>8
お菓子作りに関しては、食感が結構変わるかららしいですよ~
普段でしたら栄養のあるカラザも一緒に頂きたいものですねー
M66
No.10 (2016/08/27 09:42)
焼きたてのそのままで美味しいフランスパンでなく
水分抜けて食いたくねー奴を使うのか
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事