主義も主張もないですぬ♪ww

今からフォートナイトを始める方へ⑤(初歩建築編)

2020/06/21 16:44 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

 シーズン3が始まりましたね。今回は半分以上が水没したような地形となりました。水際戦闘では新たな常識が生まれそうですが、陸上での戦術は従来通りでしょう。そこで、今回は初歩的な建築について考えてみましょう。
 フォートナイトでまことしやかに実践されている常識を見ていると、筆者自身も初心者よりなプレイヤーですが、疑問を投げかけざるをえない謎常識がたくさんあります。今回もそれらを理知的な立場で分析してみましょう。
 また、書いて間もない「今からフォートナイトを始める方へ④」がシーズン変更に伴って、事実に合わない部分が出ましたので、修正しました。そちらも合わせてご確認ください。

初心者に縦積みはいらない!
 今回、最も強く主張したいポイントはこれです。初心者を見つけると「まず基本は縦積みだよ」と練習させる迷惑な先輩プレイヤーが異常な数いる気がします。たしかに、安定してビクロイを取るプレイヤーには必須技能です。1位を目指す心がけや良し!ですが、1人倒すことに必死な初心者に縦積みなんて、かえって順位を下げることにしかならないウソ常識。だって、この世界には落下ダメージがあるのですから。
 フォートナイトの世界の住人は意外と丈夫です。2階建ての屋根から飛び降りてもへっちゃら。筆者はリアルで2階建ての屋根から転落した経験が数回あるのですが、それなりに痛かったですよwwとは言え、そんな丈夫なフォートナイト住人も限界は3階建ての屋根、つまり4階の高さまでです。図の建物が限界の高さとなります。

 この屋根の上からなら問題なく飛び降りることができますが、これより1階分上だと30ダメージ、2階上だと50ダメージ、3階上だと100ダメージで即死となります。なお、シールドを張っていても、落下ダメージには無効ですので、落下=HPが減るという感覚を持っていなければなりません
 一般に言われる「縦積みが重要」は、縦積みができることを指すのではなく、縦積みをしても、高所で自由に動き回れることができる建築技術を指しているわけで、初心者が縦積みをして上がっていく行為は、一方通行の落下死への道を突き進むだけなので絶対にやってはならないのです。

資材の出し惜しみをするな
 基本はできるだけ低い建築で、安全を確保すること。相手がBOTならエイムが悪いので対峙したまま、しゃがんで撃ち合いでも勝てますが、対人となるとそうもいきません。建築で遮蔽物を置くことになります。理想は「壁+坂」。その時に鉄材で張ってしまいましょう



 フォートナイトの建築素材には木材、石材、鉄材の3種類があり、耐久値はそれぞれ150、300、500なので、鉄材は木材より3倍以上の強度があります。一般的には鉄材は終盤の決戦に備え温存する素材です。しかし、初心者の場合、終盤まで生き残る可能性は低いうえ、偶然生き残っても相手がよほどのミスをして自滅してくれなければビクロイは取れません。そんなマグレのビクロイを狙うより、出し惜しみをしないで、命を守ることが大切なのです。

 木材は、すぐに壊されてしまいますが、鉄材は時間がかかります。その間に、銃の持ち替えや、ポーションを飲むなどの余裕が持てるからです。そうやって落ち着く時間を確保して、坂の上から狙撃してあげましょう。筆者も最近まで鉄材や石材を優先使用していました。木、石、鉄の順に戻した理由は、何気なく建築ができるようになり、終盤で木材しか残っていない状態が続いたからです。生き延びるよう鉄で安全を確保してきた結果、少し上達して安定して終盤まで生き残るようになったわけで、序盤の鉄材優先使用は効果的だったのではないかと思っています。

無理はしない
 フォートナイトは高所が有利なゲームです。上の例では「壁+坂」で高所を取りました。しかし、相手も人間で同じことをやってきた場合、2~3回それを続けて近づきつつ、高所を取っていくわけですが、3階建て以上の無理な高層建築はしないようにしましょう。落下は命を削ります。相手の建築の様子を見て自分より建築が上手いと感じるなら、避難することを考えてください。壁を置いて、下に降りる。壁を作り後ろを気にしながら逃げる、建物に入り別の場所から出るなど適切な方法を探る必要があります。

普段の移動で練習を
 建築は「坂」より「坂+壁」、それより「坂+壁+床」が良いなんて話題や作り方は、検索すればいくらでもでるので割愛しますが、そんな場面頻繁に起きるわけでもないし、急に建築できるようになるものでもありません。そこで、そこらの建物に上る度に練習をするという方法をご提案します。高所が強いゲームなら高所に居たいのです。街中へ入ったら、建物の屋根に坂道を作って上ってしまいましょう。戦闘中ではなく余裕のある時に「坂+壁」や「坂+壁+床」を頻繁に作れば、緊急時に対応しやすくなります。屋根から周りを見て、敵でも発見できれば、格好の狙撃対象です。ちなみに、屋根の上の自分も格好の狙撃対象にされますのでご注意をwもし、どこかから撃たれてる様子なら、屋根の上で「壁+坂」です。相手が同じ高度にくるまで時間がかかるので、有利に展開できます。また、後ろからの狙撃の備え、壁は四方に張ってBOX型にしておいたほうが良いでしょう。



 そんなわけで、今回は、初心者が最初に手を付けるべき建築について記事にしました。一番のポイントは4階以上の位置に自分を置かないことです。しょっぱなから否定した縦積みですが、あくまで2~3階までの範囲で行うならとても守りの固い手法であることは理解しています。でも、この記事の「坂+壁」の方が簡単でしょう?余裕がでたら「坂+壁」の左右にも壁を張りましょう。それすら余裕なら、坂の上に床置いてもう再び同じことを繰り返せば、それはもう縦積みです。ただし、調子に乗って4階以上に行かないように。



いずれは勝手に縦積みも身に付きます。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事