ただし のコメント

 今朝のモーニングショー、パネルコーナー1時間弱をみっちり見ました。
 今日はパネルが3面ほど使ってあってデカかったのですが、内容は大味でした。3面目の下の方なんか五輪会場のデカい写真貼って埋めるっていう、たまにやるセコい手使ってました。

 それで初っぱなパネルの大見出しを読み上げるのですが、いきなりインチキ西浦の名前が。何かまた知ったかぶって喋ったようです。
 しばらく番組が進むと、西浦インチキ発言が紹介されたのですが、なんとまた予言したみたいですインチキ西浦は。
『インド株の実行再生産数が5.625になる』
と。
 西浦ダムスの大予言です、また。
 たぶん西浦ダムス自身が選んだパネルの写真の顔が非常~に鼻に付きます。
 大予言の計算式乗せろやヒロシ西浦!

 テッパンの、新規感染者(本当はPCR検査陽性者)状況を記した日本地図、昨日の過去最多は、重症者1413人と沖縄の新規感染者(ホントはPCR検査陽性者)302人でした。

 ここのところ毎日言うみたいですが、東京の新規感染者(ホントはPCR検査陽性者)は今日で13日連続前の週の同じ曜日を下回る、とのことです。これを言うのは何の企みがあるのでしょう。

 ついに小池百合子が、東京でも緊急事態宣言延長って言い出したみたいです。『だいたい1か月位かな』とか言ってるらしいです。

プライベートの予定立ててるんじゃね~んだよ!
マジメにやれ!

 今日のゲストは、リモートで松本ガエルこと国際医療福祉大学 主任教授の松本なんとか教授。
 スタジオにスポーツライターの小林信人氏。
 臆病ガエルはスタジオ来れません。

 その臆病ガエル、『今減ってるけど解除すると間違いなくリバウンドする』などと言っていました。堰き止めてんだから当然です。川の水も堰き止めてやろうかって気持ちにさせますカエルは。

 尾身茂が土気色の顔写真と共にパネルに登場。最近しょっちゅう顔出します。勘違いヤロー尾身茂。
『分科会のメンバーの多くがステージ2での解除が望ましいと思っている。』
だそうです勘違いヤローは。

オノレはどう思っとんじゃい!

 分科会メンバーも、モーニングショー出演者と同様、責任を負いません。

 五輪の際に各地でやるPVに懸念を表する尾身の姿も、VTRで流していました。PVを「パブリックビュー」なんて言っていました尾身は。知らないのかも知れません。

 小林信人氏も、尾身の意見に賛同してPV開催を批判していたのは、少しガッカリしました。

 石山アンジュは、今日も笑い出しそうな顔して喋っていました。嘘の付けない人なのかも知れません。

 米国の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という雑誌(?)に、東京五輪の感染対策を科学的に不充分だと批判する論文が載ったという話題に。玉川は得意んなって横文字を所々に使いながら、自分が論文書いた訳でもないのに有頂天に解説を入れます。
『結局みんな、バブルの中は不充分だと思ってる』
なんてイマイチ分かり辛い例えを使って説明する徹。バブルの時代に1人でタイムスリップして欲しいです。

 そして、また1人、訳の分からない人物がパネルに登場。
《大阪健康安全基盤研究所 理事長 朝野和典》

誰だよ

 曰く『感染者の増減⇨酒の出荷量の増減とほぼ一致』
 曰く『冬は忘年会など 春は花見や転勤、入社で飲む機会が多い、だとすれば“次はビールの消費が増える梅雨明けごろに波が来る可能性が高い”』

 ふざけているのでしょうか?
 酒の席に強いトラウマがある人でしょうか。蔵人に恨みがあるとか。
 この人、感染症の専門家ですらありません。感染症の専門家も、それはそれで問題ありますが…。
 いいのでしょうか、こんな人の意見をテレビで紹介して。

 番組は「波のピーク」なんてパネルも出します。
 第1波が去年4月・第2波が去年8月・第3波が今年1月・第4波が今年5月だと書いてあります。ちょうど酒の時期が波のピークだと。
 次は『第5波 五輪直撃?』なんてパネルに書いてあります。

台風を待つサーファーか
五輪にちょうどいいじゃねえか

 次は最近の定番・インド型ウイルス煽りです。
「イギリスの『インド型ウイルスの割合』」なんてグラフをパネルに出しますが、これがまあ分かり辛い。どう見るんだよってレベル。たぶん、わざとだと思います。

 そして、入院患者の多くがワクチンを打っていない人だったと、パネルを見せながら言う羽鳥。
 この後の対策として、移動式のPCR検査会場の設置とか、便所調べるとか、あと1つ、合計3つをパネルと共に説明する羽鳥。
 そしてCMへ。

 CM明けて、パネルに登場したのは、またまたニューキャラクター。
《東京大学大学院経済学研究科 仲田泰祐准教授》
 曰く『インド型がまん延すると(対策を強化しても)感染者の減り方が緩やかになる これまでよりも人流、経済活動を抑えないと感染はなかなか収まらない』

 この人も感染症の専門家ではありません。ただの経済学研究科の、ただの准教授です。
 インド型の感染動向や、人流・経済活動との関連を勉強した研究科の准教授なのでしょうか。

 この准教授率いる東大チームの研究結果をグラフにしたものもパネルに表示していました。
 これから日本でワクチンを一日60万回打った場合と100万回打った場合の感染者(おそらくPCR検査陽性者)数を研究して計算したみたいです。
 こんなの当てになるのか、としか思えませんが。
 アンジュがグラフの線の角度がどうたらこうたらほざいています。こんなの何の当てにもなりません。

 玉川は、さっきのイギリスの3つの対策のパネルを踏まえて、
『今まで我々がずっと言ってきたように、やっぱり検査なんですよ!』
と興奮気味に。

ずっとおんなじこと言うだけの男・玉川徹。

 ドヤ顔の玉川。とりあえず頷いてるアンジュ。羽鳥は、
『玉川さんも言ったように、今までやってきた対策以上の対策、人流を抑えることが必要になってくる』

そんなこと言ってねえよ玉川はよ

 そして、ワクチンを産業医が打てるようにして、一般企業でも接種を普及させようと政府が検討している話に。「健康診断」とは言わなくなりました。

くせい、くせい、疑惑の惑星!

 自らも中小企業を経営しているというアンジュ。松本ガエルに質問をし、カエルが答えるのを聞いてる間、やはり自分のことだから不安なのか目がキョロキョロに動く。

 玉川は『強制になってはいけない』なんて、どの口が言いやがるんだっていう発言を。
 玉川に口から2リットルのペットボトルでmRNAワクチン無理やり飲ませてやりたい。

 パネルコーナー最後の方で、カエルは『ワクチン接種すると感染リスクをかなり下げられる』と言っていたのですが、これが、この後の質問コーナーで仇に。

…つづく

No.88 4ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細