希蝶 のコメント

 今号も配信、有り難うございます。ライジングの内容とは関係ないですが、ゴー宣100章を読んで、ちょっと気になった話を書きます。
 自分の勤めているところは斎場である、と何度もこのコメント欄に記していますが、昨今、最後の時間の火葬は、コロナウイルスが原因で死亡したと思われる火葬者の会葬者専用の部屋使用となっており、一部屋のみの利用となっております。

 先日、その火葬部屋の清掃があったそうで、椅子などの厳重な消毒が行われたそうです(推量でしか言えないのは、自分がその場にいなかったから)。ここで重要なのは、コロナ死者の安置されていた部屋を消毒したのではなく、その会葬者、すなわち家族と思われる人たちのいた部屋(しかも数人ほどの部屋)を消毒した、ということです。

 これって何だか変だと思いませんか?会葬者はコロナウイルスの感染者なのでしょうか?確かに会葬者は患者と接する機会が多いので、知らず知らずのうちに、ということもあるでしょう。しかし、これこそニューノーマルではなく、アブノーマルではないか、と自分には感じられるのですが。

 あまり込み入った話を記すと差し障りがあるので、ここまでにしますが、ここにも何か癩病患者の隔離やピーチ航空と同じような原則が働いているような気がします。すなわち穢れ思想とでも言うのでしょうか。自分の考え過ぎだったらよろしいのですが。

 仕事場は清掃の作業なので、マスクをするのは自然なことだと自分を納得させていますが、普段はマスクをしないようにしています(電車の中でも)。
 いつまで続くのでしょうか、この日常を装った非日常。先日通った医院(コロナ関係ではないですよ)でも、日常のマスクが窮屈と言ったら、「ほかの人に移したらどうするの、トランプだって感染したじゃないか」と言われました。

 話題を変えますが、九州道場に当選させてくださり、有難うございます。東海の方もなるべくはやくに応募します。
 先日の生放送、仕事疲れか、途中で寝落ちしてしまいましたが、それまでには視聴しておきます。

追記:
 Q&Aの諫議大夫さんの質問回答についてコメントしますが、自分も下らない質問をしばしばしているので、御多忙の先生やみなぼんさんに迷惑をかけているのかもしれないと注意しなければいけないと思いました。

No.37 15ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細