さらうどん のコメント

ライジング「ゴー宣」読みました。

今回のコロナ禍で、口ばかり勇ましい自称保守も、結局はコロナに怯えていて、化けの皮が剥がれた感じでしたが、
自称リベラルの化けの皮も剥がれましたね。
玉川徹のこの主張は確信的に言ってるのか、はたまた無自覚なのか、どっちにしても恐ろしいです。

命が守られるのならば自由などなくてもいい、チベットやウイグルでのジェノサイドがあろうが中国は良い国と妄信する、
もう何というか、病理の域に入っているような気がします。
玉川は顕著な例だけど他の自称リベラルにもこういう傾向が大なり小なりあるという指摘がちょっと怖いですね。

後、今日のゴー宣道場(ニコニコ生放送で見ました)で、鹿児島の介護職の方が現場の声を発しておられましたが、
目が衰えて書物を読むのが大変になってきたようなお年寄りがTVを見て、そこで偏向したワイドショーなどに洗脳されているというのを聞いて、
やっぱりTVの威力ってとてつもないなと改めて感じます。
そんな威力があるTVで、偏った考えが垂れ流しにされて、それが世間の空気を作り上げ、全体主義の形成になっているという現実にくらくらします。


「トンデモ見聞録」読みました。

極端な陰謀論と、きちんとしたデータに基づいた検証をごっちゃにされて、一緒に削除するというのは本当に乱暴過ぎると改めて思います。
一方でアビガンごり押しのトンデモ動画の方は削除もされずに再生数を上げているということですから、
一見もっともらしい理屈で基準を設けているようでいて、すごく手前勝手な理屈で決めているというのが分かります。
ただの女性差別でしかない中傷投稿と、芸術作品をごっちゃにしているというところも凄く杜撰ですし、
以前ライジングでもありましたから、これはyoutubeだけのことじゃなくて、IT企業とかネット全体の問題であるかもしれません。
巨大企業とは言え、一企業のポリシーが世界大に威力を発揮してしまうというのは、グローバリズムの恐ろしさでもあるなと思いました。


追伸:Q&Aありがとうございました。
池江選手は、先生の漫画で読んでから、その前にもニュースで気になっていたのですが、より応援するようになりました。
普段、あまりスポーツに関心がない自分ですが、池江選手が活躍するのならオリンピックも見てみたいです。
後、つっちーさんの質問と先生の感想、確かにそうだなと思います。個別に見ていくしかないなと。

ニコニコ生放送でゴー宣道場を見ました。

施光恒先生の話の中で、よしりん先生もゴー宣で言っていた「死者の民主主義」に繋がるようなお話が出てきて、凄く頷いて聞きました。
後、日本人は個が弱いと言うけど、日本人が歴史で育んできた特性を考えて、より良くしていこうという話も、
なるほどそういう視点があったのかと考えさせられました。
そして火の鳥で「死生観」を学んだというよしりん先生の話もよかったです。
自分は1980年と1986年の映画で「火の鳥」を見ました。その後原作の漫画を読みました。(原作の漫画は知ってはいたのですが、映画きっかけでちゃんと読んだという感じです)

No.157 15ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細