科学者のニュースの読み方

あなたは議論の作法を知っていますか『科学者のニュースの読み方』Vol.53

2015/08/30 22:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 言論

『科学者のニュースの読み方』Vol.53
■あなたは議論の作法を知っていますか

 今時のネットの口論は議論と呼ぶには程遠いケースが非常に多い。見ていて気になるのが、たいした追求もしないくせに相手の主張を結果ありきと決めつけて誤った勝利宣言をし自己満足する人。議論の作法がわかっちゃいない。説得の論法を知らないんだろうなと井の中の蛙を見るかのようにツイッターでそっとブロックした人は数えちゃいないですが、たぶんもう100人近いと思います。

 説得の論法は、学術論文で常用される非常に論理的な話の展開方法で、次のような構成で成り立ちます。

1: 主張を簡潔に述べる
2: 主張が成り立つ範囲を補足する
3: 主張に対する反論を受け付ける
4: 反論を否定する根拠を提示する

 この論法の特徴は、主張を公開したあとも論述が増幅することにあります。それは想定しきれなかった反論を受け付け、新たに否定する根拠を提示するという作業を継続するからです。3と4の部分は常に繰り返されるし、2が修正されていき、どんどん主張の正確さが増していき真理に近づいていくことが特徴です。

 この説得が失敗する、すなわち主張が否定されるのは、4で十分な根拠を提示できなかった場合です。このとき3で提示された反論は反例と呼びます。反例を含む主張は主張として成立しないので、2の成立範囲を狭めることで修正します。根本的な問題が明らかになれば1の主張を取り下げることになります。

 具体例にしてみましょうか。

1: 福島県は最も面積が大きい

ここだけ読んで「北海道だろうが。はい論破」と即断したら、残念ながら哀れなのはあなたのほうです。深入りしないことは議論において最も手抜きな行為です。主張の範囲を聞かなければいけません。

2: 比較の範囲は日本の県である

ここで「なんだよ北海道入れないのかよ」で終了してしまったら、やっぱり哀れなのはあなたのほうです。本当だろうかと能動的に数値を調べに行かないのは手抜きです。
この主張に数例反論してみましょう。

3a: 長野県のほうが福島県より大きい

主張者はこの反論に根拠を提示して否定しなければいけません。それが4に相当します。

4a: 福島県 13,783km2 > 長野県 13,561km2 である

これで1および2の主張が維持されました。ほどなくして別の反論をされたとしましょう。

3b: 岩手県のほうが福島県より大きい

ここで1,2の主張者は反論データを出すべきですが、
岩手県 15,275km2 > 福島県なので自分の主張が成立しないことに気が付きます。

4b: なし = 論述の否定

否定された主張者は、その範囲を修正するか、主張そのものを取り下げることになります。この例では意義がわからないので1主張を取り下げることになるでしょうが、多くの場合は2範囲の修正をします。

 これが説得の論法、議論です。基本的に3反論と4否定根拠提示の繰り返し。重要なのは、聞き出そうとしない限り主張者は根拠を提示する必要がないことで、反例が現れない限りその主張はいつまでも成立するということです。

 では、そもそも議論になっていない以下のケースはいったいどういう状況か。

A 主張したが、誰からも反論が来ない
内容がくだらなかったり、誰の目にも真偽が明らかだったりで、反論以降の作業をする価値を見いだせず、無視されているだけでしょう。そもそも誰の目にもとまっていないかもしれません。

B 反論したが、主張者から反応がない
これは2通り考えられます。ひとつは反論を否定できるデータがなく、逃げている状態。もうひとつは、筋違いなので相手をする必要がなかったり、ちょっと検索すれば見つかるようなありきたりな情報で否定できるので面倒くさいという無視です。多くの場合後者ですが、粋がって前者だと思い込んで調子に乗る人が多数。みっともない。


 この議論の作法は特性上、深入りしない人にとっては結論だけが見えますので、あらゆる主張がすべて結果ありきに映ります。しかしこれはただの聞き手の手抜きによるものです。主張を受ける側は主張者にデータを提示させる的確な反論ができる洞察力が必要な一方で、説明責任がある主張者に知識、話術などが必要です。

 ディベートという実技がまさにこの能力を鍛えるものですが、残念ながら日本の基礎教育ではこれを実習する機会がありません。ひとつのテーマを基に、主張者側、反論者側の役割を決め、主張を少しずつ否定していき、論述の範囲と内容を修正していく作業です。最終的に出来上がるのは、双方に理解が行き届いた真理に近い結論となります。

 議論とは、深入りすること。議論とは、双方理解の終着点を見出すこと。これを追求と呼びます。こここまで読んでいただいた方は、ぜひ覚えておいてください。

Y.Izutsu / みもそ
Twitter: mimoso4

*筆者のニコニコ依存度が著しく低下しているため、本日をもってプレミアム会員を退会します。都合、当ブロマガの更新は当面ございません。Twitterは相変わらず利用しておりますので、筆者の戯言を引き続き追跡したい方はぜひフォローください。


コメント

Dunfermline
No.1 (2015/09/01 19:36)
Y. Izutsuさん、Dunfermlineともうします。これまで、いくつかの記事を拝読させていただき、有益な考え方やそのヒントを得ることができました。ありがとうございます!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事