科学者のニュースの読み方

発つ鳥は跡を濁そうが濁さなかろうがどちらでもいい『科学者のニュースの読み方』vol.49

2013/10/26 07:00 投稿

  • タグ:
  • 言論
  • 雇用
  • ブラック企業
  • 転職
  • 自動車
『科学者のニュースの読み方』vol.49
■発つ鳥は跡を濁したっていい

 雇用の話が少し盛り上がってきたようで。まさに進行形で転職中な筆者も思うところをいくつか。


 この記事は筆者にはわからなかった辞めない人の心理的な部分が説明されていて、同意はしないけど理解はできました。筆者は2年くらい前まで、ブラック企業というのは隠れて不法な取引をしてぼろ儲けしている反社会的な活動をしている組織のことだと思っていたので、労働環境が苛酷なくらいでそう呼ばれていることに驚いたりした人です。当時から、そういう企業をどうして辞めないのかわからない人で、IT業界の著名な方に多い意見とだいたい一緒でしたが、これで少しわかりました。

 そんな今の筆者は、私立大学の教職員から外資の企業への転職。ひとまず内定をいただいたばかりです。
 現職は有期契約とはいえかなりの低給料ですが仕事がわりと少ないので、労力程度の対価はもらっています。正確にいうと、年齢と役職で決まっているので頑張っても対価が変わらない点ではブラックかもしれませんが、自ら本当の窓際に座っている筆者は気にするほど働いていない。問題は大学業のビジネスモデルが狂っているのでジリ貧が目に見えていたことです。着実に客、すなわち受験者が減るので自然に卒業者の質が落ち、大学ブランドが崩壊していくだろうと。一応新興国からの留学生が増えてきた印象はありますがまだ少なく、なんだかんだ日本企業だなと思うのでした。細かい見解は「大学は教育機関の体を成していない」をご参照ください。根底をたどれば本学に限った問題ではないので、大学を移ることは解決にならない。
 思えば学内外問わずオープンな講義ならぜひ聴講したいと思える大学教授って、諸外国にはいても日本にはいないんですよね。内容はどうであれ林先生のような(筆者はあまり好かないのだけど)「ぜひ一度聴いてみたい」と思える先生ってものが大学教授にいないのは残念ですよ。

 話を戻して、この現状は打破せねばならんだろうと考えまして、転職活動しました。ここでわりと簡単に行動に移せたのは、相応の危機感があったからですね。今まさに指導しながら一緒に研究を進めている学生に申し訳ない気持ちなどないし、家族含め知人の視線など気にもしない。しいて言うなら恋人に心配されましたが、決心を伝えたら応援に変わってくれました。すべてただ自分の考えに従って動いたにすぎません。さきほどの記事を読んで、合理主義ってこういうとき便利だなと筆者自身で思ってみたり。みなさんもっとずうずうしくなったほうがいいですよ。種よりも自らの個体を最優先に守る。そのほうがよっぽど進化した生命であるヒト科らしいではないですか。発つ鳥は跡を濁したっていいではないですか。美学だかなんだか知らないですが、日本人の謙虚さは世界から見たら理解不能な愚行です。転職したエピソードなんてググれば山ほど出てくるわけで、そういうのに勇気づけられようとしないのかな。

 そういうわけでここで、後続のために筆者のエピソードを簡単にまとめておきましょう。
ひとまず応募だけは8社くらいに出しましたが、面接のオファーがきたのは外資企業2社。どちらも即断の2, 3日後くらい。国内企業はすべて書類で落ちました。あまりにはっきりとしすぎて、国内企業への偏見が加速しそうでした。D社なんかからは1ヶ月くらいしてから見送りの返事が来たりしましたが、そんなに待つわけがなくとっくに願い下げどころか、すっかり忘れていましたレベル。照合していないけど、未だに返事をよこさない企業もありそうですね。面接したうち1社は、話をしていて互いに要求がミスマッチしていそうなことを察せて、両者ともに見送りの意思。残った1社の面接は話がはずみ、内定まで進みました。研究室にいただいた休日は全部で2日だけ。

 以上、悩んでいる人への励ましになったらいいなと思います。

Y. Izutsu / みもそ
Twitter: mimoso4

■車が決まらない

 引越しと同時に車を購入するとなると、ただでさえ面倒くさい初期手続きが更に面倒くさい。保管場所証明(車庫)の取得を大家さんに依頼もしくは承諾してもらうとか、登録の時点では住民票か印鑑証明がないといけない。つまり登録の申請の時点で住民票が移っていないといけない。次の会社からは希望年俸よりひとまわり大きい年俸を提示してくださったので、ちょいと見栄を張るのもありだと考えまして普通車が急に選択肢に入ってきましたし、それなら新車も候補だし、そうなると注文を急がないとと慌しくなっております。

 課税対象だったり大事故をおこしやすいものだから登録があるのはわかるのですが、もっと簡便にならないものですかね。やっぱり住所がIDという古臭い習慣が人々の足を引っ張っているようで、何もかも個人に結びつける仕組みができないかと切望しております。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事