科学者のニュースの読み方

客に要求を尋ねておいて無視する自動車保険会社『科学者のニュースの読み方』vol.47

2013/10/02 07:00 投稿

  • タグ:
  • 言論
  • 社会
  • 自動車
  • 保険
『科学者のニュースの読み方』vol.47
■客に要求を尋ねておいて一切無視する自動車保険会社

 異様に時間がかかりましたが、一次面接と試験を通過して二次面接に招かれた筆者です。憧れの田舎暮らしの実現に大きく近づいたので、ますます新生活の妄想に伴い自動車を持つことを見据えて事前調査が進むものです。ええ、内定いただけないとただの勉強に終わりますが楽しいからいいのです。

 十万円の桁の急な出費はそれほど生活を脅かしませんが、もう1桁増えて百万円の桁になるとさすがに無理になってきます。なので入院や火災や地震といったスケールの小さい保険は余裕のスルーですが、自動車を使うとなると事故で他人を死なせる確率が生じるので自動車保険はさすがに必要です。

 とりあえずだいたいどれくらい保険料がかかるのかざくっと知りたかっただけですが、数社に一括見積もりを依頼できるシステムを拝借してやってみました。要求条件を細かに入力して送信です。余談ながら引っ越しの見積もりも同じようなシステムがあり、あれはその後の営業の電話がひどかったのですが、電話は来ないと書いてあったので信じて送信。確かに電話営業はかかってこなかったのですが、全社ばっちりと郵便で資料を送ってきたので電話ほどではないけどやっぱり迷惑。捨てさせる手間まで考えてほしいです。

 ともあれ、郵便より先に届いていたEメールで最安値42,690円/年を提示してきたアクサダイレクト社だけ詳細を見てみようと開封してみました。他は未開封のまま捨てました。すると、やはり要求した内容と異なる。なんなんでしょうねこのずうずうしさは。車両保険は不要で送ったはずなのですが、ばっちり適用した内容でした。私は他人への賠償をばっちりしておきたいだけで、自分のことはどうでもいいんです。
 当初予想していたよりずいぶん安かったのですが不満だらけだったので、仕方なくレスポンスが劣悪なウェブサイトでカチカチと内容を変更。なんなんでしょうね、この二度手間は。完了して額を見てみると37,510円/年。5000円/年くらい安くなりました。
 セゾン社からのEメールに書いてあった80,640円とかどうせ全部乗せなんだろうと思うと同時に、消費者の立場を考えるとか競争するつもりとかないのかと。相応の付加価値があるのなら全力でアピールしていただけないと、見向きもされませんよと。

 今後人口が減っていき、そのまま需要の減少につながるわけで、あらゆる国内産業は今と比べて過供給になります。ライバルが1社でもいればシビアな戦いになんとしても勝たなければいけないし、いかにライバルのいない新規フィールドに抜け出すかを考える必要も出てくるでしょう。すべて消費者が何を望んでいるかを把握しないことには戦略もたてられません。
 そういう視点がいま二次面接を控えている会社の経営陣にあるのかどうか。先日よりは上の方とお話ができると思うので伺ってこようと思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事