科学者のニュースの読み方

菅さんの訴えがでっちあげになると安倍さんの発信も同時にでっちあげになる理屈『科学者のニュースの読み方』vol.35

2013/07/18 07:00 投稿

  • タグ:
  • 菅直人
  • 安倍晋三
  • 言論
『科学者のニュースの読み方』vol.35
■菅さんの訴えがでっちあげになると安倍さんの発信も同時にでっちあげになる理屈

 筆者は、元総理の菅さんは政治家としては支持するところなどまったくないのですが、先日の安倍さんへの名誉棄損での訴えは、わからんでもないと思うのです。

訴状の構成を見て、なんだかんだで応用物理学をやっていた人なんだなと少し感心しました。訴状の中で個人的に重要だなと思ったのはここ。

4 本件メールマガジン記事の虚偽性

  本件メールマガジン記事が摘示した事実は、いずれも虚偽である。

第1に、福島第一原発1号機への海水注入が中断された事実そのものが存在しない(甲2)。海水注入中止の指示を出したのは、東京電力の武黒フェローであったが、福島第一原発の吉田所長はこの指示に従わず、海水注入は中断されることなく実施された。

したがって、「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」という本件メールマガジン記事は、「海水注入を止めた」という前提が成立しないのであるから、これが虚偽であることは明らかである。

第2に、原告が海水注入の中断を指示したという事実も存在しない。東京電力は、2011年3月12日午後7時4分に福島第一原発1号機への海水注入を開始したが、その事実はその時点で原告に対して報告されなかった。したがって、原告が海水注入について「激怒」(本件メールマガジン記事、上記③)することはなく、まして、その中止を指示することもありえない。

  すなわち、本件メールマガジン記事は、原告に関する部分がすべて虚偽である。


 さて、海水注入をやめさせる指示があったかどうかという「言った」「言っていない」論争なわけですが、記録があればそれに記載されているかどうかで片付きます。でも記録のことは話題に一切出てこないので、たぶん記録はないのだと思います。となると、その時刻に菅さんの周囲にいた人の証言というかなり信憑性の低いことを根拠にせざるを得ません。

 そこでロジカル脳な筆者は気が付きました。ここで記録がないと仮定したときに、少しおもしろいことがおきます。もしかしたら安倍さんの「でっちあげ」発信は名誉棄損に相当してもいいかもしれないと。

 まず第一に、記録がないと起こったことは一切不明も同然で、菅さんの指示はあったことにはできないし、その場にいなかった安倍さんが知るはずもない菅さんの指示をなかったなどと言う根拠もないのです。記録がないので、あった根拠はもちろん、ない根拠もありません。
 例えば筆者の仕事のひとつである化学実験では、ノートに記録しなかったことは不明として解釈し、あったことには当然なりませんがなかったことにもならないのです。どちらの可能性も考慮して結果から考察しなければいけません。気温を記録し忘れたからといって、気温を0度とみなしはしませんよね。やり直せる実験ならやり直せばいいのですがやり直せない場合は仕方がないので、このくらいの値だっただろうとさまざまな状況証拠から推定することがあります。

 このような方法で証拠をとる場合、状況証拠は多ければ多いほどよく、すべての状況証拠を同時に否定する反例を提示できなくなれば強力な証拠になります。しかしすべてを同時に否定できる現実性のある反例が1つでも提示できると、それは一転して証拠とならなくなります。おそらく菅さんの訴えはこの状況証拠からの推定、すなわち人の証言という状況証拠、例えがあっているかわからないけどアリバイ証明だけで戦うことになるので、かなり苦しい戦です。
 ただしそれは同時に安倍さんの発信の根拠も同程度の信憑性であることを意味します。言った可能性も言わなかった可能性もどちらも残るからです。判決がどうであれ、ロジカルにはこんな解釈も可能だという話でした。

 ちなみにここまで書いておいて台無しなことを最後に述べておくと、指示がどうであっても、先日亡くなった当時発電所所長の吉田さんの独断行動ですべて先手で作業が進んでいたので、まったく決着をつける意義のないことではありますね。
 たとえここで勝ったとして菅さんや民主党を国民が見直すことにはまったくつながらない。勝手に主張を続けるのは結構ですが、個人的な無益なプライドで総理大臣の仕事の邪魔をしてはいけない。数年後に安倍さんが引退してからやってはいかがでしょうか。お2人ともご健康でいればという願いを込めることにはなりますがね。

Y. Izutsu / みもそ
Twitter: mimoso4

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事