科学者のニュースの読み方

iPad miniを買いました『科学者のニュースの読み方』vol.27

2013/06/03 07:00 投稿

  • タグ:
  • iPad_mini
  • 生活
『科学者のニュースの読み方』vol.27
■iPad miniを買いました

 最近深い関心のもてるニュースがないので、今週は筆者の日常をだらだら紹介する回にいたします。

 筆者は日常生活すら効率的に生きたい人で、物はその機能を最大限に活用した場合のことを考えて買うかどうか悩みます。故に多機能であるほどどこまで使うかをかなり真剣に考えます。その結果iPhoneを持ち、折りたためるBluetoothキーボードを使ってこの2台で会議や学会でメモをとるというスタイルが定着。筆者は忘れっぽい上に乱雑に物があふれる環境を好まないのですぐに捨てがちで紛失します。電子データに保存しておけば検索機能ですぐに呼び出せる。必要になった時にどんな資料でも引っ張り出せるというのはかなり便利です。しかし、いまいちこの2台ではやりづらいことがあっても辛抱してきまして、それはiPhoneの画面が小さい故の長文の読みづらさと動画やストリーミング配信の見づらさです。
 そういう事情があって、タブレットもしくはラップトップの必要を感じながら一応なんとかなっているために購入を悩み続けていました。当初iPad miniがいいかと考えていましたが、片手で扱える端末として既にiPhoneを持っているのでどうせ街中では使わない。書籍や論文を読むのにも小さすぎると予想していました。一方、Surface RTが日本で発売されてまた悩みました。学会出張ではPowerPointが必要になるのでMSOfficeを備えるこれはコストパフォーマンスに非常に優れる。しかし知り合いはWindows 8, すなわちタブレットというよりはラップトップであるSurface Proを待つのが絶対によいと口をそろえました。確かに何かソフトウェアをインストール必要が生じたときに困るであろう。これが理由でSurface RTを見送るのならば、仮にタブレットを選択したとしても既に使っているiOSであるiPad Retinaにしたほうがよい。そしてつい先日発表になったSurface Proの日本での発売日とお値段。思っていたより高く、円安を考えればやや仕方のないところではある。

 という流れにも関わらず、結局悩みの最初のころに選択肢から切り落としたはずのiPad miniを買った理由は、実物を見て触ってこれで十分だと判断したという百聞は一見にしかずでした。まずこのサイズ、まず当初想像していたより大きかった。書籍や論文を読むには十分だし、動画やストリーミング配信を見るのにも十分。きわめて軽量なKindle Paperwhiteを持っていたので重さには不満でしたが現在これより軽いものを求めるのは欲張りというもの。というかiPad Retinaはどう考えてもあらゆる点で大きすぎ重すぎると思うのですが、使っている方はパソコンを持たずこれでエンターテイメントを楽しむ人でしょうか。
 iPad miniに決めた理由にもうひとつあり、それは価格でした。ちなみに購入したのはWiFiモデル。街中ではiPhoneを使うし、WiFiのない出先ならばiPhoneのテザリングで頑張ればいい。実はいま、Apple Storeでは32,800円です。円安をうけて値上がりしましたね。しかしSoftBankショップを覗くと28,800円でした。これは安い。円高のときの価格を維持しているのです。通信キャリア屋がWiFiモデルを売る理由はどこにあるのかと首をかしげながら、円安によって値上げされるかもしれないと考えると、最寄りのSoftBank屋の閉店時間を確認してその日は仕事を早めに切り上げ向かいました。通信の契約はしないので、混雑していましたが待ち合いソファであっさり購入。

 さて、ひとまず週末2日間エンターテイメントとして使ってみました。書籍よし、論文よし、動画よし、ストリーミング配信よし、ゲームよしということで不満なし。いや、まったくないことはないのですが、iPhoneに対応していたアプリがいくつかiPadに対応していなくて、例えばFacebookメッセンジャーやGoogle MapsがiPhone用アプリの拡大版としてしか使えないのが惜しかったところですね。
 仕事としても一応想定だけして、持っていたBluetoothキーボードを接続して備え付けのスロープに立てかけてみました。十分いい。耐久重量がかなりぎりぎりそうに見えますが、ぎりぎりでも立っているのでこれでよい。これから会議と学会はこのスタイルで確定です。ここで初めて気づいたのですが、ラップトップはあのサイズ以下にはなれないのですね。画面はもうひとまわり小さくてもいいのですが、キーボードは打ちやすさの問題で小さくなれないからです。iPhoneのテザリングを使ってDropboxに入っている研究発表資料を引っ張り出してみましたが、さほどストレスもない。pptやpptxファイルを開くとやはりオブジェクトがずれて表示されるので、ここは妥協点ですがpptファイルとして保存してそれを読むことにします。プレゼンテーションに使うとなるとアプリは持っているのであとはケーブルが必要です。いいかげんBluetoothで接続するプロジェクタが一般普及してほしい。いまだにアナログVGAはさすがに勘弁しておくれという気分です。

 とりあえず28,800円の価値は十分に見出せそうです。ビックカメラを使わなくなって久しいのでポイントを消費しようと新宿にてKindle Paperwhiteを売り払うついでにスリーブを購入。これは裸で使いたいので備え付けるようなカバーはいらず、かばんの中で衝撃から守る程度でいいのです。

 以上、直近の端末レビューにするつもりがあまりなっていないただの筆者の週末でした。

■官僚1年目の友人が言っていた

 官僚1年目の友人と飲んだのですが、原発のデモってまだやっているんですね。
「うるさくて仕事にならない。叫ぶ場所を間違えてただの迷惑行為になっている」
と言っていました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事