科学者のニュースの読み方

男女不平等に関する考察『科学者のニュースの読み方』vol.19

2013/05/01 09:00 投稿

  • タグ:
  • 社会
  • 言論
『科学者のニュースの読み方』vol.19
[!]超会議と仕事で週末に投稿し損ねました。すみません。

■男女不平等に関する考察

 今回の内容もやはり最初に断っておかねば誤解されそうなので述べておくと、筆者は決して思想的に男尊女卑でもなんでもなく、ロジックからしてどうしても男女平等は無理だろうという話です。
 会社は結婚、出産、育児によって仕事に支障がでやすい若い女性を雇用しにくいのは当然です。育児休暇の3年への延長がどうこうという話題をよく見かけるようになって、そのこととは直接関係はないのですが連想が飛んでこんな記事をつらつらと書くに至りました。しかしここから述べるのは、女性が働きやすい環境を立法によって整備することが果たして本当に男女平等につながるのか筆者が首を傾げたい部分です。

 まず、人間は約1:1の割合で不平等に生まれます。男性か女性かということです。この時点で15歳くらいになればあらゆる分野への能力の適合、不適合が生じることが確定しています。小中学校の保険の教科書で学んだとおり身体の特徴はわかりやすく、男性は狩猟に適するように筋肉質になり、女性は出産に適するよう脂肪をたくわえます。さらに脳にも、分布こそあれどもおおむね思考の傾向というものが生じ、例えば集中したときの計算能力や方向と距離の感覚は男性、平行作業能力やコミュニケーションにおける連想力などは女性が優れることが多い。話が逸れないようにこのあたりの具体的なことには深入りしませんが、男女は個体として様々な点で異なり、程度こそあれ何をするにも向きと不向きが生じます。

 生まれながらに持ち合わせ変化させられない個人の特徴というものは、選択できないという性質故に仕方がないとされ、これを理由にあらゆる優劣をつけてはいけない風潮が一般化しています。筆者は、何もこの風潮に反対するわけではないのですが、社会的にこの優劣を軽減できるものとできないものがある事実に注目しています。問題提起したいのは、女性が男性と同じ労働が可能な環境をもし立法によって作り上げて社会的男女平等が達成してしまうと、確実に女性が男性より生命個体として有利になってしまうことです。それは言うまでもなく出産可能という有利です。
 本当に男女平等を成立させたいならば、半数の女性が生殖活動を放棄し、半数の男性が出産能力を得ないといけないという、非現実的なことになります。労働環境を強引に男女同じにするのはいいことなのに、そういう生殖機能に手を加えることは許されないという倫理観に疑問を投じることもできそうで、視点を変えた新しい話が沸いてもいいような。

 すべての労働において平等を叫ぶ前に、女性の思考傾向に適した労働は何か、あるいは生み出せないかを考えるほうがよほど簡単だし社会的にも効率的だと思うのですけど、いかがでしょうか。こういう考え方があまり見られないのには、おそらく出産可能であることがそれほど喜ばしい特徴ではないからなのかもしれません。労働に適した特徴を犠牲に出産能力を得ても大した有利はなく、総合能力でみた評価がで男は女より優れると一般認識化しているのでしょうね。
 出産を放棄して労働したい女性は労働環境平等に向けた活動を頑張っていただいて結構ですが、出産も労働もしたくて労働環境平等の活動を頑張る人を見ると違和感を覚える男性の筆者でした。

■Eメールのあり方

 Twitter, Facebook, Skype, LINEなどSNS類の通信手段が豊富で入手しやすくしかも扱いやすくなった現代において、Eメールの存在意義がひと昔前と変わっている実感があります。いづつはもうプライベートな通信のほとんどをTwitterとLINEに依存し、たまにFacebookやSkypeを使う程度になっていおり、Eメールはそれしか手段がない人のために仕方なくという具合です。Eメールアドレスは英語の"adress"の意味そのままインターネット上の住所にあたり、その受信ボックスは玄関先のポストにあたる。もともとそういう機能を想定しているのでネーミングもマッチしているのですが、プライベートな文字情報の通信、すなわち手紙に相当するものがSNSの普及によって自然淘汰され始めています。
 SNSはポストに手紙を投函するのではなく、基本的に知っている相手からしか受け取らないということができるので、直接相手に手渡しする感覚に近いので利用しやすい。Eメールの受信ボックスには誰でも送れる、言い換えれば玄関先のポストには誰でも手紙を入れられるという性質上、実際の自分の玄関のポストを見てのとおり主にビラが投げ入れられる場所になっています。たまに重要な取引の証明書類が入っていたりするのも似ています。
 ところでFacebookのインターフェースが劣悪すぎてもうタイムラインを見なくなりました。あちこちのサイトでいいね!やシェアボタンを押しはしますが、反響はほとんど知らない状態。iOS用のアプリケーションも、汎用のものは重くて使い物にならにのでメッセンジャーを常用することにしました。

Y. Izutsu / みもそ, Twitter

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事