らりるれぶろぐ

【MMD+AviUtl覚書】〈乗算〉AviUtlで色調補正っぽいことしてみる

2013/04/23 23:52 投稿

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • MMD銀魂
  • AviUtl
MMEをあえて使わず、映像編集ソフトだけで色調補正とかなんとかしてみる実験。

 こんなん知ってるよバカヤローってなるかもしれないけど…
 自分のオボエガキ程度に書いてみます。



 映像編集のフリーソフトAviUtには〈色調補正〉という拡張編集がついていて、明るさ・コントラスト・色相・輝度・彩度をいじることができるんですが、これだけだとなんか物足りない。
 
 そこで合成モードの〈乗算〉を使ってみます。

 これがエフェクトなしすっぴんの状態。




 この動画ファイルを拡張編集のレイヤー上に同じものを二枚重ね、下側のレイヤーにあるファイルの合成モードを〈標準〉から〈乗算〉に切り替え。

 
 するとこんな感じに。


 わかりずらいですが、動画ファイルが乗算され、色彩と陰影が強くなりました。

 このままでは濃いので乗算にしたファイルの透明度を40~60くらいにあげます。
 さらに上側のレイヤーにあるファイルに〈色調補正〉を追加し、ちょこっと調整。

 こうなりました。


 だいぶ色あざやかになりました(わかりずらいけど)。

 でも、これ、手前の人物と奥の背景が同じような色調で、なんとなくのっぺりして見えませんか?

 そこで、MMDから出力する際に「人物」と「背景」を別撮りしたものを用意。
 
 それぞれを先ほどと同様〈乗算〉をかけて〈色調補正〉も追加。
 
 今度は人物と背景が、別々に調整出来るので、「背景」の方が若干暗くなるように調整。
 さらに「背景」には〈ぼかし〉も追加して遠近感を出します。
 
 こんな感じに仕上がりました。


 うん…MME使った方が早いよね!
 
 あ、でも背景にブラー系のフィルターをかけるとMMEの「TrueCamera」っぽいことが出来ます。重くて使うのをためらってしまうMMEのかわりに、こうした映像編集で頑張ってみるのも手だと思います!


 私の場合、この動画

主にMikuMikuMovingで作ったんですが、まだ使えるエフェクトが少なかった頃なのでほとんどMMEを使わず編集で頑張りました。乗算してみる、という方法もこのとき発見!(だからそんなん知ってるよバカヤロー!って言われそうだけど;;)


 ちなみに人物と背景を別撮りして編集するやり方は、こちらの動画が参考になります!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事