yasaiのWoWsブロマガ

【WoWs初心者向けブログ第6回】弾道と装甲貫通

2015/08/25 23:52 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • WoWs
さて、引き続き弾の種類と装甲貫通の話です。
特に巡洋艦乗りの方向けの話かもしれません。長いです。



またも適当な絵ですが、船を前方及び横から見た図です。

ピンクの箇所には艦橋や砲塔が存在します。前回の記事に書いた通り、HE弾は相手を
燃やすのが得意な弾となります。よって、HE弾を使用する場合にはこれらの
ピンクの箇所や甲板を狙うのが基本となってくるかと思います。
また、装甲が薄い艦に対しては船体側面を狙っても装甲を貫通して
(且つ過貫通が起こりにくいので)大ダメージが期待できます。

一方のAP弾に関しては、基本的に船体側面の前部砲塔~艦橋~後部砲塔の間を
狙うこととなります。(ざっくりというと緑の箇所)
これは砲塔の下には弾薬庫が、また船体中央部には機関部が存在し、そこに弾が当たると
大ダメージが入るからです。

※なお、緑の箇所は私の下手な絵だと非常に広く見えますが、実際には前部・後部の
 砲塔から艦首・艦尾にかけての距離はもっと長いので、相対的に緑部分の面積は
 小さくなります。

特に弾薬庫に誘爆が起こると、HP満タンの戦艦ですら1撃で轟沈してしまうことも
あります。(これが起こって沈められると「爆沈」という嬉しくない実績がもらえます)



「前の記事では巡洋艦は弾の切替えが大事とか書いてたけど、そんなに大ダメージが
入るんなら、常にAP弾で狙ってればいいじゃん」と思われる方もいらっしゃるかも
しれません。
しかし、大ダメージが期待できるような箇所を守らない船があるわけがないのです。
(無いとは言っていない)
緑箇所は多くの船で最も厚い装甲に守られた箇所であり、狙う距離や角度によっては
効果的なダメージが与えられない結果となります。
それを以下に説明したいと思います。


まずは敵船との距離(というか弾道?)の話です。



至近距離からの砲撃の場合、弾は緑の矢印のように飛んでいきます。
至近距離からの砲撃は弾速が速く、且つ装甲を最短距離で貫くことが出来るため
相手装甲に対してこちらの砲の貫通力がよほど劣っていない限りは装甲を貫き
一定の確率で大ダメージを与えることが出来るでしょう。

一方で遠すぎる場所から船体側面を狙った場合はどうなるでしょうか?
相手に着弾するまでに弾速は低下し、しかも装甲に対して角度がついた状態で
着弾した結果、装甲を抜くことが困難になります。(ピンク矢印の弾道)

最後に、遠距離から山なりの弾道で甲板を狙った場合です。(赤矢印)
船体側面の装甲に対して、甲板面の装甲は比較的薄いため、弾速こそ遅いものの
遠距離からの甲板を狙ったAP弾の場合、甲板を貫いて重要区画に弾が到達する
場合があります。
因みに比較的低めの弾道で甲板を狙っても角度がつきすぎていて
装甲は抜きにくいです。


さて、続いて下の図を見てください。


こちらは船を真上から見た図になります。
相手の側面装甲を狙う場合、赤い矢印のように装甲に対して直角になる場所からの
砲撃は装甲を抜きやすいです。
一方、緑の矢印のような角度では装甲に跳ね返されやすくなってしまうのが
イメージできるでしょうか?
側面装甲を貫く場合には、相手装甲に対する角度が60~90度であれば貫通しやすい
模様です。一方、45度以下の角度での砲撃では貫通が起こりにくくなります。

APで狙うならだいたいオレンジ~赤の矢印くらいの角度をイメージするとよいでしょう。
逆に自分が狙われる事を考えると、相手の砲弾がオレンジ~緑の角度になるように
船を傾けていれば大ダメージは食らいにくくなるはずです。
(緑の角度からでも船体側面は狙わず相手主砲を狙って破壊する等は可能です)




ここまで説明してきてなんですが、最後に、装甲を貫通できるかどうかは
弾道だけで決まるわけでは無いということはお伝えしておきます。

大口径の主砲を持つ戦艦であれば多少の角度や距離を物ともせず大ダメージを
叩き出せる場面もあります。(特に戦艦以外に対しては)
また、通常は頭やお尻の方向から被弾したAP弾は重要区画までの距離が遠いため
ダメージが入りにくいと思われるのですが、一部の装甲が貧弱な艦だと
大ダメージをもらうこともあります。
(装甲貧弱な甲板をAP弾が抜けて重要区画まで到達している?)

これらは、実際には弾の角度だけでなく、敵艦の各部の装甲厚や砲塔口径、
弾速等にも影響されて装甲の貫通判定が行われるためだそうです。

したがって、○○kmの距離で真横から撃てば絶対OK等といった事は言えず、
結局は自分の乗る船で「相手の船の種類が○○だからこの距離・角度ならAP」といった
あたりは詳細に計算しない限りは経験で覚えるしかないと思います。

もしこのあたりのダメージ計算について興味があるのであれば、
是非一度公式フォーラムの記事を探してみてください。
非常に詳細なデータを挙げてくださっている方がいらっしゃいます。



次回は簡単にですが砲撃についての記事にしたいと思います。



コメント

TO
No.1 (2016/11/16 22:58)
参考になりました
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事