StarsTail Presents-ゲームからカレーまで、あまねくネタを振りまくブロマガ

Sequence:16.2「憲法9条と刀狩令の限界点~集団的自衛権-海外の反応を見てみた~」

2014/07/04 05:26 投稿

  • タグ:
  • 総合創作サークルぷれぜんっ
  • スターステイル
  • やまりょう
  • 集団的自衛権
  • 軍事
  • 海外の反応
  • BBC
  • アルジャジーラ
  • 政治
だめだ、寝付けないorz

 そんなわけで、最近メディアで専らお気に入りの海外の記事参照シリーズ。
 やれ外国ではこんな記事にされてるぞ-! 
 中国も韓国も批判してるぞー!
 って、あれです。
 どうせニュースは英語で見てるので、ついでに調べてみました。
(換言すれば、捜さないと見つからない大きさの扱い…)


 先ずはイギリスBBC
BBC News - What Japan's military shift means
http://www.bbc.com/news/world-asia-28122791

BBC News - Japan cabinet approves landmark military change
http://www.bbc.com/news/world-asia-28086002


 うーん、細かい英訳は各自でお願いします(苦笑)
 特徴としては、そもそも「集団的自衛権(collective self-defence)」とは何ぞやという説明が丁寧にされております。
 何故なら、そもそも他国は軍隊を有しているので、何でそんな揉めてるのか、皆目見当もつかないのでしょう。
 批判者は「日本の平和主義者」「韓国」「中国」であり、外洋政策強化を図る中国への「現憲法」での、日米での対応策の一環としている。

 現状発表の物はイラクのような戦争地帯への派遣にはならないが、このような「曖昧な」表現をしなければならない状況は改善しないと… といったまとめ方だ。

次に中東、アルジャジーラより
http://www.aljazeera.com/programmes/insidestory/2014/07/japan-defence-policy-overturning-pacifism-201471202023959797.html

こちらでは動画で徹底解説を、日本・香港・米国の専門家を交えて行っております。
記事としては、
 戦後60年の「戦後平和主義」からの大きな転換で、「国際平和貢献」に大きく役立ち、燻りだしてる中国との領土問題に有効であると、安倍首相の判断を評価している… が、何故日本では「平和主義者」が反対デモを開いているのか? この決定の背後にある本当の問題を読み解こう。
 となっています。

 あ、集団的自衛権で海外叩き記事あったら、是非当記事の紹介を…(^^

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事