やまごや

【デレステMAD】 私だけのステージ 【工藤忍】

2016/12/30 06:14 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • 工藤忍


今年最後の動画。

今回は人力ボカロではなく、デレステMVを使ったごくごく普通のMADです。
タイトルの「私だけのステージ」は工藤忍の同名のSRカードから。
まだデレステには登場していないカードですが、個人的にかなり好きなカードで、今回はこれをテーマに動画を作りました。

使用楽曲は福原美穂さんの「優しい赤」。
この曲の歌詞は、福原さんが北海道から単身上京したときのことを綴ったものらしく、同じく北国から独りで飛び出してきた忍にとてもよくマッチしていると思いました。
(いつか忍がカバー曲を歌うことになったらこの曲をリクエストしたいです。)

忍は分かりやすくて力強いストーリーを持っているので、飾り立てるよりもシンプルに見せた方がいいと思い、派手なエフェクトは控え、構成もすごく単純にしてあります。
その方が忍自身にも合っている気がしますしね。
MVももっと綺麗に撮れたら良かったんですが、そこは次回(あるのか?)の課題ということで。

もともと好きなアイドルの一人ではあったのですが、作るとさらに好きになる法則。
来年のアニメで声はつくと思っているので、今後の活躍がさらに楽しみです。
2018年が飛躍の年になるといいと思っています。

あと同じくキュートで青森出身である水本ゆかりと対比させるとアツいって346346回は言ってるので早く公式は絡ませていこう。

工藤忍⇔水本ゆかり
ショートボブ⇔ロング
倹約生活⇔不自由なく暮らしている
オーディション組⇔スカウト組

最初は同じ青森出身だから親近感あって話しかけるんだけど、仲良くなるうちに自分とは反対の部分――たとえば、忍が親の反対を振り切って上京しオーディションを経てようやくアイドルになったのに対して、ゆかりはPからスカウトされて受動的にアイドルになったこと、忍が倹約生活してるのに対して、ゆかりは特に不自由なく暮らしていること――に小さな嫉妬と羨望が芽生え、それがやがて軋轢を生み……というのを忍視点で見たい。あ、でも最後はちゃんとハッピーエンドで締めて欲しい。

要するに、工藤忍はそういう人間くさいところが魅力になるアイドルだし好きってこと!
私からは以上だ!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事